スポンサーリンク

超軽量で人気の焚き火台おすすめランキング!コンパクト収納でソロやツーリングに!

焚き火 軽量 焚火台 ツール
スポンサーリンク

焚き火台も色々ありますが、 BBQグリル兼用のものなどを使って、あまりの重装備なのと、焼き肉による油汚れがべったりついたりして、なんとなく萎えてしまった経験ありませんか?

サッとだしてサッとしまえたり、ソロでもバイクツーリングでも苦にならないくらい軽量でコンパクト、純粋に焚き火だけおしゃれにを楽しみたいなどのニーズには、フル装備のBBQコンロ兼用の焚き火台は似合いません。

ファミリーやグループでも、焚き火はこだわりの焚き火台、BBQは安価なBBQコンロに使い分け、BBQグリルは汚れたら買い替えるというのが一番のおすすめです。

ここでは、超軽量で人気の焚き火台おすすめや、その選び方などを紹介していきます。

ランキングに飛ぶ

 

こちらの記事も!

キャンプに人気の火消し壺のおすすめランキング!火起こし兼用で消し炭の再利用も!
キャンプではBBQはもちろん、ダッチオーブン料理や暖をとるにも活躍する炭火ですが、後始末はどうしてますか?火消し壺があればいつでも簡単に炭をかたづける事ができますし、次回のキャンプのときに消し炭を再利用する事もできます。ここでは、キャンプに人気のおすすめ火消し壺を紹介していきます。

チャコスタ・火起こし器のおすすめランキング!選び方や使い方・必要性も紹介!
BBQなどで炭を熾すときに便利なツールが、チャコスタ・火起こし器です。特に、備長炭やオガ炭などの熾きにくい炭をつかうときには、長時間しっかりと送風してあげる必要があるため、「送風」をほったらかしで実現できるチャコスタ・火起こし器があると非常に便利です。ここでは、おすすめのチャコスタ・火起こし器や、その選び方や使い方を紹介していきます。

調理に便利な焚き火台のおすすめランキング!比較方法やBBQグリル兼用のデメリットも!
キャンプをやるなら焚火は欠かせないと思っているなら、長く思い出を刻める焚き火台が欲しと思いますよね。しかし、いざ買おうと思うと使い勝手が良さそうなものや、見た目がカッコよくスマートなものなど目移りしてしまいますよね。ここでは、、調理に便利なおすすめの焚き火台や、その比較のポイント、焚火台でBBQや調理をする場合のデメリットなどを紹介いたします。

焚き火陣幕のおすすめランキング!風防とリフレクター効果で暖かいキャンプを!
寒い日に焚き火をタープやシェルター内で囲いたいと思った事はありませんか?しかし、換気の問題や天井への熱ダメージなどで、閉鎖された空間で焚き火をするのは困難です。そこで、注目されているのが焚き火陣幕です。焚き火陣幕は、外からの風の吹きこみを防いで、より暖かい空間を作り出すのに活躍してくれます。ここでは、焚き火陣幕のおすすめランキングや選び方のポイントなどを紹介していきます

焚き火・スパッタシートのおすすめランキング!地面やタープの耐火養生に便利!
焚き火台をつかって焚き火を楽しんだ後、地面へのダメージが気になった事がありませんか?焚き火シート・スパッタシートを持っていれば、普通のマットのように焚き火台の下に敷くだけで、熱や灰を遮断する事ができます。ここでは、おすすめの焚き火・スパッタシートや、その選び方・使い方などを紹介していきます。
スポンサーリンク

軽量の焚き火台を選ぶポイントは?

軽量の焚き火台選びは至ってシンプルです。

まず、当然ですが軽量である事、そしてコンパクトに収納できること、サッと取り出してサッとしまえることが重要です。

また、純粋に焚き火を楽しめるように、炎が見やすいのもポイントですね。

調理やBBQは、別にBBQグリルを用いるか、焚き火ハンガーなど焚き火台本体以外で対応しましょう。

軽量性・重量

ほとんどの軽量焚き火台が600g以下ですが、400gほどのものもリリースされています。

車やバイクではそれほどの差は出なさそうですが、バックパックや自転車使用時には少しで軽いほうが良いですよね。

重量は軽量焚き火台を検討するうえで、ひとつの指針となります。

コンパクト性

重量よりもむしろコンパクトに収納できるかが、重要になるかと思います。

タイプにより、細く棒状になるものや、ぺったんこのノート状になるものなど、自分の持ち運びスタイルで最適なアイテムは変わってきます。

取り扱い

広げるだけで展開でき、つぶすだけで収納できるようなものは、ソロ時の取り扱いでアドバンテージが大きいです。

特に撤収時はスマートに片づけられるものが良いですね。

たき火を楽しめる構造

地味に重要なポイントです。

火が見にくかったり、地面が近すぎて気を使ったり、灰がばらばら落ちるような構造は避けたほうがよいでしょう。

また、大きめの薪でもOKなものもありますから、自分の焚き火スタイルに合わせた選択をする必要があります。


スポンサーリンク

超軽量で人気の焚き火台おすすめランキング!

ここからは、超軽量で人気のおすすめ焚き火台を紹介していきます。

ちなみに、ネイチャーストーブ・ロケットストーブ系のものは、趣旨が異なるため除いてあります。

1位:ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2

クロスアームにメッシュ火床のこのタイプは、今でこそ様々なメーカーからリリースされていますが、ブームをつくったのはユニフレームのファイアスタンドです。

わかりやすいシンプルなつくりで、軽量性・コンパクト性・取り扱いで非の打ち所がありません。

純粋に焚き火をたのしむ台として、今でも最高レベルといえるでしょう。

使用時サイズ:400×400×300mm
収納時サイズ:径60×570mm
重量:490g
材質:メッシュシート:特殊耐熱鋼FCHW2/スタンド:18-8ステンレス

2位:Bush Craft ブッシュクラフト ウルトラライト ファイヤースタンド

世界最軽量といわれる352gの本体重量と、シンプルなつくりが特徴です。

焚き火台としては、高さが不足がちで地面への影響が心配なのがマイナスポイントですが、そこに目をつぶれば他を圧倒する性能です。

内容物:・ステンレスメッシュ × 1 ・ステーブルスキッド × 2 ・サイドバー × 2
詳細スペック: フレーム:チタン 火床:ステンレスメッシュ
展開時サイズ: 35cm × 44cm × 8cm
収納時サイズ:約7cm × 45cm × 7cm
本体重量: 352g

3位:ベルモント(Belmont) 焚き火台 TABI(収納ケース付). BM-263

網もついて、重量が423gの軽量ぶりで、火床はメッシュではなくチタンのプレート製です。

メッシュのほうが空気ぬけが良いのですが、灰が落ちますし、焚き火としては燃えすぎてちょっとという評価もありますから、プレート火床で軽量タイプの焚き火台は、一つの方向性として検討しておくべきです。

見た目もスマートで、展開時の横長スタイルは長めの薪でも苦にしません。

材質/本体:チタニウム、18-8ステンレス、収納袋:ナイロン
使用時サイズ: 237×360×170㎜
収納時サイズ: 178×360×15㎜
重量:約423g(本体:約299g、側板:約29g、網:約96g)
耐荷重:火床15㎏、網3㎏

4位:ロゴス(LOGOS) ROSY メッシュファイヤーピット

焚き火台を点ではなく、面で支えるため安定度があります。

700gと若干重い事と、パイプをつなぐ手間がかかりますが、展開時の使用具合は上々です。

総重量:(約)700g
サイズ:(約)43×43×25.5cm
収納サイズ:(約)63×10×10cm
主素材:スチール、ステンレス、アルミニウム

5位:ピコグリル 398 Picogrill 超軽量焚き火台

スイスSTC社の焚き火台で、V字に重なるスリット入りのステンレス火床が特徴。

大きめの薪でもOKで、熾きや灰が中心に集まる逆三角形状で、焚き火台としての構造が最高レベルです。

最大の欠点は、他の焚き火台が3台も買えるほどの、コスパの悪さです。

スイス STC社 ピコグリル398
ストーブ本体、スピット(串) 2本、収納ケース
サイズ:収納時 33.5cm×23.5cm×1cm 組立時 38.5cm×26cm×24.5cm
本体重量:約450g

6位:DOD(ディーオーディー) 秘密のグリルちゃん

非常にユニークな構造で、網が付属するのですが、その一本一本を取り外す事ができて、焚き火メイン時でも邪魔になりません。

メッシュタイプで、火床が低いので地面へのダメージには注意が必要です。

焚火網サイズ:(約)W240×D240mm
収納サイズ:(約)W300×D70×H50mm
重量(付属品含む):(約)590g
材質:ステンレス
静止耐荷重:焼網5kg 焚き火網2kg

7位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) イージーファイアベース

こちらも、地面へのダメージが心配ですが、あっという間の設置で200gという軽量っぷりです。

コスパも非常に高く、1000円ちょっとで手に入る焚き火台です。

難点は収納サイズですが、うまくパッキングできれば非常に強力なアイテムです。

●素材:本体・脚部/ステンレス鋼
●製品サイズ(約):外径26×7.5cm(最大時)
●収納サイズ(約):外径17×高さ5cm
●重量(約):200g
スポンサーリンク

超軽量で人気の焚き火台のまとめ!

超軽量で人気の焚き火台おすすめや、その選び方などを紹介してきました。

軽量・コンパクトはもちろん、火床の高さやメッシュかプレートか?、そして焚き火を楽しむ目的に構造が合致しているか?などを考慮して選ぶのが良いかと思います。

調理やBBQが可能な焚き火台や、ネイチャーストーブやロケットストーブのような火力・燃焼効率重視のものと違い、純粋に焚き火を楽しむ事を目的として購入すると失敗がないかと思います。

こちらの記事も!

キャンプに人気の火消し壺のおすすめランキング!火起こし兼用で消し炭の再利用も!
キャンプではBBQはもちろん、ダッチオーブン料理や暖をとるにも活躍する炭火ですが、後始末はどうしてますか?火消し壺があればいつでも簡単に炭をかたづける事ができますし、次回のキャンプのときに消し炭を再利用する事もできます。ここでは、キャンプに人気のおすすめ火消し壺を紹介していきます。

チャコスタ・火起こし器のおすすめランキング!選び方や使い方・必要性も紹介!
BBQなどで炭を熾すときに便利なツールが、チャコスタ・火起こし器です。特に、備長炭やオガ炭などの熾きにくい炭をつかうときには、長時間しっかりと送風してあげる必要があるため、「送風」をほったらかしで実現できるチャコスタ・火起こし器があると非常に便利です。ここでは、おすすめのチャコスタ・火起こし器や、その選び方や使い方を紹介していきます。

調理に便利な焚き火台のおすすめランキング!比較方法やBBQグリル兼用のデメリットも!
キャンプをやるなら焚火は欠かせないと思っているなら、長く思い出を刻める焚き火台が欲しと思いますよね。しかし、いざ買おうと思うと使い勝手が良さそうなものや、見た目がカッコよくスマートなものなど目移りしてしまいますよね。ここでは、、調理に便利なおすすめの焚き火台や、その比較のポイント、焚火台でBBQや調理をする場合のデメリットなどを紹介いたします。

焚き火陣幕のおすすめランキング!風防とリフレクター効果で暖かいキャンプを!
寒い日に焚き火をタープやシェルター内で囲いたいと思った事はありませんか?しかし、換気の問題や天井への熱ダメージなどで、閉鎖された空間で焚き火をするのは困難です。そこで、注目されているのが焚き火陣幕です。焚き火陣幕は、外からの風の吹きこみを防いで、より暖かい空間を作り出すのに活躍してくれます。ここでは、焚き火陣幕のおすすめランキングや選び方のポイントなどを紹介していきます

焚き火・スパッタシートのおすすめランキング!地面やタープの耐火養生に便利!
焚き火台をつかって焚き火を楽しんだ後、地面へのダメージが気になった事がありませんか?焚き火シート・スパッタシートを持っていれば、普通のマットのように焚き火台の下に敷くだけで、熱や灰を遮断する事ができます。ここでは、おすすめの焚き火・スパッタシートや、その選び方・使い方などを紹介していきます。