スポンサーリンク

キャンプで人気!高さ調整可の2wayコットのおすすめランキング!選び方と比較も!

キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプ用のコットを検討するにあたり、ハイコットとローコットでどちらを購入するか悩まれることがあります。

また、キャンプスタイルによってハイローを使い分けたいと考える人もいて、そんなニーズに高さを変えられる2WAYのコットが気になる方も多いのではないでしょうか?

しかし、

「2Wayコットにはどんな種類があるのか知りたい!」
「2Wayコットの選び方、比較のポイントが知りたい!」
「2Wayコットのおすすめアイテムが知りたい?」

と感じる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

ここでは、そんな方のために

・2Wayコットの選び方や比較ポイント
・2Wayコットのおすすめランキング

について紹介していきます。

ランキングに飛ぶ 

スポンサーリンク

2Wayコットの選び方・比較ポイント

2Wayコットは、ローやハイに特化したコットに比べると重くなりがちですし、パーツ点数が多く構造も複雑になりがちです。

また、2wayで使用するという事は、シーンを変えながら楽しむという事ですから、外に出したりテント内に入れたりと動的な使い勝手をチェックするべきです。

ローコットやハイコットの選び方・比較方法ももちろん参考になります

ここでは、チェックしておきたい3つのポイントを紹介します。

組み立てやすさ

コット自体の組み立て方は、ローコットに近いものが多いのですが、ローとハイを切り替える高さ変更の際に、できるだけ操作が簡単なものが良いです。

あまり、高さ調整をしないと考える方もいるかもしれませんが、日中はベンチ兼用でハイ仕様→夜はインナーテント内でロー仕様と使い分けられるのが2wayコットの魅力でもありますから、その時に多少の暗がりでもスムーズに変更できる方がありがたいです。


出典:Amazon.co.jp

フレーム材質・生地

フレームの材質は強度や重量に直結します。

また、ベッド面の布地も繊維の太さにバリエーションがあり、600デニーロの厚手でハリのある生地から、300デニールの伸びのある柔らかい生地など、好みが分かれますから検討の際にはチェックしておいた方がよいでしょう。

撥水加工があるものは、タープ下での雨にも安心ですし、テント内で万が一飲み物をこぼしたりしたときでも被害が少なく、片付けも楽です。


出典:Amazon.co.jp

重量・サイズ

重量はコットにとって重要な要素ですが、2wayを選ぶのであればある程度重たいのは仕方ないのかもしれません。

製品ごとの重量差は当然特性として比較するべきですが、背負ったりツーリングに持っていったりと、どうしても軽量のものが良いのであれば、ローコットやマットを検討し直しましょう。

サイズ感としては、ローやハイコットと同様に、自分の体形にマッチしたものを選ぶ必要がありますが、2wayコットならではの、高さ変更時の使い勝手もチェックする必要があります。

ハイ仕様は38cm、ロー仕様は18cmくらいが基本ですが、製品ごとに差がありますから、必ずチェックしておきましょう。


出典:Amazon.co.jp

 

スポンサーリンク

2Wayコットのおすすめランキング!

ここからは、おすすめの2Wayコットを紹介していきます。

1位:Moon Lence キャンプ コット

非常にコスパの良い2wayコットで、まず買ってみたいという方にもおすすめです。

フレームは3か所ですが、X字にベッド面を支えているので、実質6か所(両側で12か所)となり体重を分散させます。

特筆すべきが、足先のバスケットで、広く力を分散できる構造のため、グランドシートやインナーテントのフロア部分への傷や負担を軽減する事ができます。


出典:Amazon

パーツ点数が多く、重量面で不利なところがありますが、容認できる範囲でしょう。

重量:(約)3.84kg
使用時のサイズ:(約)192cm(長さ)*65cm(幅)*19/34/35cm(高さ)
収納時のサイズ:(約)53*15*15cm
座面生地:900Dオックスフォード
フレーム:A7075超々ジュラルミン
静止耐荷重:180kg

2位:Helinox(ヘリノックス) コットワン コンバーチブル

かなり高価なアイテムですが、信頼のヘリノックスの2wayコットです。

ハイコットとして使う場合には、別売りのレッグが必要でこれがまた高価です。

コスパの悪さが引き立ちますが、性能では間違いなくトップクラスですから、物としての失敗は少なく、安心できるコットです。

重量:2190g(スタッフバック込重量:2320g)
サイズ:68×190×16cm
収納サイズ:16×16×54cm
耐荷重(静荷重):145kg
スタッフバッグ付き。
収納サイズ:54×16×16cm

重量:480g(510g) ※()内はスタッフバッグ込みの重量です。
サイズ:22×22×29mm
収納サイズ:130×5×370mm

3位:GIMMICK アウトドア コット

重量2.79kgという軽量さが魅力の2wayコットで、コスパも良いのがうれしいアイテムです。

別途生地も600デニールの撥水加工で対候性も抜群。

ロゴの入った収納バッグもおしゃれなオススメコットです。

■展開サイズ:横65×長さ190×高さ38cm(ハイタイプ時)・18cm(ロータイプ時)
■収納サイズ:横16×高さ52×奥行13cm
■重量:2.79kg
■シート生地素材:ファブリック600D(ポリエステル)
■脚材質:アルミ合金(A7075)

 

4位:Naturehike 2WAYコット コンパクト ハイ/ロー

コスパの良い製品を提供してくれるネイチャーハイクの2wayコットです。ハイ/ローの切り替えも、レッグポールを刺すだけとカンタン。

撥水加工600デニールのベッド生地が、雨はもちろん飲み物をこぼした時などでも安心です。

【使用サイズ】190*65*38cm(L*W*H) ロー仕様時高さ17cm
【収納サイズ】直径 15cm 長さ 55cm
【ローコット重量】約2.1kg
【ハイコット重量】約2.6kg
【収納袋を含む総重量】約3kg
【耐荷重】150kg
【材質】撥水加工600Dナイロン生地

5位:WAQ 2WAY フォールディング コット

こちらもユニークなアウトドアギアを提供してくれているメーカーさんで、アウトドアワゴンやマットなどにも力を注いでます。

このコットは300デニールというベッド生地を採用しており、上記のコットに比べると「薄い」と一瞬思うのですが、逆に伸びがあり良く沈み込むハンモックのような寝心地を狙っているそうです。

柔らかいベッドが好みなら、こちらがおすすめです。

ハイver:長さ約190cm x 横幅約65cm x 高さ約37cm
ローver:長さ約190cm x 横幅約65cm x 高さ約17cm
収納時:横約60cm x 高さ約18cm x 幅約18cm
□重量□:約3.2g
□耐荷重□:分散耐荷重【150kg】

6位: ATEPA 2WAY折りたたみ式コット

この2wayコットの特徴は、ハイ仕様時の高さが41cmとかなり高めのところです。

サイドポケットも短辺についており、ベンチとして使うときに非常に使いやすいのがうれしいところ。

逆にロースタイルでは、高さ17chと低めになっているので、ハイ・ローの落差が大きい2wayコットです。

耐荷重150kg 材質:7075航空アルミ合金、300Dオックスフォード
使用時/長さ(約)190cm x 幅(約)65cm x 高さ[ハイ](約)41cm[ロー](約)17cm
収納サイズ/φ19*55cm
重量は3.1kg

7位:Qualz(クオルツ) 2WAYライトビームコット

こちらは、ATEPAと逆にハイ仕様時36.5cm、ロー仕様時22.5cmと、落差が少ないモデルです。

特に、他の2wayコットに比べてロースタイル時が5cm程度高いので、ロースタイル時に高めのコットが欲しい人にオススメです。

使用時(約):幅191cm×61.5cm×高さ36.5/22.5cm
収納時(約):長さ55cm×高さ19cm×厚み17cm
重量:(約)3.3kg
耐荷重:100kg
材質:本体フレーム/アルミニウム(アルマイト加工)
樹脂パーツ/ナイロン80%、グラファイト20%
シート/ポリエステル(裏面PU加工)
スポンサーリンク

2wayコットのまとめ

キャンプで人気の高さ調整可の2wayコットのおすすめランキングや選び方、比較などを紹介してきました。

ローコットもハイコットも興味あるし、実際どっちを使うかわからないと言った方にも2wayコットはメリットがありますから、最初のコット選びで迷った方はこちらを参考にしていただけると良いかと思います。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風