スポンサーリンク

2020キャンプで人気の厚手インフレータブルマットのおすすめランキング!選び方と比較方法も!

キャンプツール
スポンサーリンク

片づけるのに手間がかかったり、収納サイズがおおきかったりとデメリットがあるものの、最高の寝心地を得られる厚手のインフレータブルマット(インフレーターマット)に興味を持たれている方も多いと思います。

しかし、

「いろんな厚手のインフレータブルマットが売っているけど選び方がわからない!」
「どんなサイズや厚みのインフレターブルマットが良いのだろう?」
「初めて購入するならどの厚手のインフレータブルマットがいいのだろう?」

と感じる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

ここでは、そんな方のために

・厚手インフレータブルマットの選び方や比較ポイント
・初心者でも失敗しにくい厚手インフレータブルマットの特徴
・厚手インフレーターマットのおすすめランキング

について紹介していきます。

ランキングに飛ぶ

 

スポンサーリンク

厚手インフレータブルマットの選び方・比較ポイント

ここでは、厚手のインフレータブルマットを選ぶための3つのポイントを紹介いたします。

インフレータブルマットは、シンプルな構造のツールで、意外と差が見えにくいのですが、下記の点をもとに比較すると違いがでてきます。

厚さ

厚手のインフレータブルマットは、ここでは5cm~10cmのものとします。

厚さが増すほど、地面からの冷気を遮断でき、凸凹も感じなくなりますから、寝心地は良くなります。

エアーだけのマットと違い、ウレタンが入ったインフレーターマットは、厚さが10cmくらいではぶよぶよしたり、弾みすぎたりといった心配はありません。

しかし、厚みが増せば収納サイズや重量も増えますし空気を抜くのも大変です。

8cmあれば地面を背中に感じる事はほとんどありませんから、車中泊などの特殊な環境でなければ10cmは必要ないかもしれません。

材質

内部のウレタンの厚みや形状も多少の影響はありますが、何より表面の材質が重要です。

肌ざわりの良いスウェード地や起毛などもありお好みで選ぶところですが、逆に撥水力のあるものもあり、飲み物をこぼした場合や収納時にカビ防止などにはこういった素材のものが有利です。

サイズ

家庭用のベッドと同様に、ほとんどのインフレータブルマットにはシングルサイズがあります。

インフレータブルマットのシングル幅は65cmが標準で、ダブルサイズのものは115cmから130cmくらいです。

デュオや子連れファミキャンなどで、ダブルを検討される方もいらっしゃると思いますが、私のおすすめはシングルサイズで、必要に応じて連結させる事です。

インフレータブルマットといえども、エアーマットなので、一人に体重がシーソーのようにもう一人にも影響をあたえますから、同じ気室のダブルマットは寝心地が不安定になりがちです。

 

スポンサーリンク

初心者向けの厚手インフレータブルマットの特徴

初めてインフレータブルマットの購入を検討されている方は、シングルサイズの8cm厚が扱いやすくおすすめです。

また、スタッフバッグが空気入れになっているタイプが、硬さ調整もしやすく便利でしょう。

寝袋を使う事を考えると、保管や手入れの簡単なポリエステル地のものを選ぶと失敗が少ないです。

スポンサーリンク

厚手インフレータブルマットのおすすめランキング!

ここからは、おすすめのインフレータブルマットを紹介していきます。

1位:Bears Rock ベアーズロック キャンプ マット

コスパの良いシュラフやマットをリリースする大手ブランド「ベアーズロック」のインフレータブルマットです。

厚さは3cm、5cm、8cm、10cmとバリエーションがありますが、厚手のオススメはバランスの良い8cmです。

車中泊で、デコボコを埋める必要があるなら10cmも良いかもしれません。

展開時:(約)190cm×65cm×8cm
収納時:(約)65cm×22cm
重量:(約)2.4kg
付属品:収納用バンド、補修キット

サイズ(展開時):(約)185cm×54cm×10cm(収納時):(約)65cm×24cm
重量:(約)2.9kg
付属品:収納用バンド、補修キット

2位:DOD(ディーオーディー) ソトネノキワミ

DODのインフレーターマット「ソトネノキワミ」は、ネーミングどおり最高級の仕様となっています。

シーツやポンプ兼用スタッフバッグが付いてきて、角のとれた丸みのある見た目は映えもばっちり。10cmの厚みで最高の寝心地を提供してくれます。

バルブが、開閉だけではなくINのみ、OUTのみもできるようになっているので、つぶすときに空気が戻らず、収納時も楽ちんです。

コスパが非常に悪いのがネックです。幅80cmのSサイズと115cmのMサイズがあります。

カラー タン
サイズ 約W80×D208×H10cm
収納サイズ 約W91×D23×H23cm
重量(付属品含む) 約4.6kg
材質 マット&枕本体:ポリエステル(TPUコーティング)
中材:ポリウレタンフォーム
シーツ部分:ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
付属品 枕、補修パッチ、タイダウンベルト、キャリーバッグ、バルブキャップ

カラー:タン
サイズ:(約)W115×D208×H10cm
収納サイズ:(約)W60×D30×H30cm
重量:(約)6.3kg
材質:マット&枕本体:ポリエステル(TPUコーティング)、中材:ポリウレタンフォーム、シーツ部分:ポリコットン(ポリエステル80%、綿20%)
付属品:枕、リペアシート、タイダウンベルト、キャリーバッグ、バルブキャップ

3位:WAQ 車中泊マット 厚手 8cm キャンピングマット

WAQの厚手インフレーターマットは非常に人気で、すぐ売り切れてしまい予約注文となるイメージです。

車中泊を想定した、192×65cmサイズでほとんどのミニバンにピッタリ2枚並べる事ができます。

マット同士の連結や、ずれ防止のすべり止め加工など、使用者のニーズを良くとらえているマットです。

サイズ 展開時 : (約)展開時 : 縦190cm 幅 65cm 厚み8cm
2枚連結時:縦190cm 幅130cm / 収納時 : (約) 縦66cm 幅20cm
素材 表地:75Dポリエステル
裏地:75Dポリエステル 滑り止め加工
クッション材: ウレタンフォーム 特殊加工
バルブ : ABS樹脂 重量 (約)2.5kg
付属品 収納ケース × 1個 補修テープ × 2個 ゴムバンド × 2個

4位:テントファクトリー インフレートマット

テントファクトリーのインフレートマットは、厚さは5cmとやや控えめですが、ジッパーでしっかり連結できるのが特徴です。

他にもボタンやマジックテープで連結できるものがありますが、やはりジッパー式の安定感は抜群です。

また、コスパも高く家族やデュオで利用するのにも手ごろで、枚数をそろえたい方におすすめ。

寸法/1900×600×50(h)mm
素材/上面:ポリエステル、下面:ポリエステル(滑り止め加工)
中綿/ポリウレタンフォーム5mm
連結ジッパー/YKK

5位:山善 YAMAZEN キャンパーズコレクション インフレータブルマット

ダブルサイズで驚異的なコスパをほこるインフレータブルマットです。

こちらは、エアー式のピローが一体型となっており、さらにダブルサイズなので小回りはききませんが、どーんと開いてしまえばすべて完成の簡単さが魅力です。

[本体サイズ]幅132×奥行192×高さ5cm 重量2kg
[材質]スエード、ポリウレタンフォーム、ポリエステル

6位:FIELDOOR 枕付き 車中泊マット 10cm厚 5㎝厚

オレンジ・カーキ・ブラウン・ブラックとカラーバリエーションが豊富で、数人で使っても楽しいマットです。

コスパのわりに、何気にバルブが2重構造だったり、連結ボタンがついていたりと高機能。

カラーだけでなく、厚さも5cmも選べます。

サイズ 本体サイズ : (約)60cm×188cm×10cm ※収納時 : (約)φ28cm×68cm ウレタンサイズ : (約)54cm×182cm×10cm 重量 (約)2.7kg 材質 ポリエステル / 高密度ウレタンフォーム

サイズ 本体サイズ : (約)60cm×190cm×5cm ※収納時 : (約)φ20cm×62cm ウレタンサイズ : (約)56cm×158cm×5cm 重量 (約)1.6kg 材質 ポリエステル / 高密度ウレタンフォーム

7位:コールマン(Coleman) インフレーターマットハイピーク

極厚インフレータブルマットの台頭を静観していた、アウトドアメーカー御三家ですが、いよいよ10㎝クラスのマットがコールマンから2020年にリリース。

やはり、メーカーの信頼度が違いますし、収納ケース式ポンプ、大型2重バルブと機能面でも手落ちは全くありません。

●使用時サイズ:(シングル)約198× 68×10(h)cm
●収納時サイズ:(シングル)約φ21×72cm
●重量:(シングル)約2.7kg
●材質:ポリエステル、ポリウレタンフォーム
●仕様:収納ケース式ポンプ
●付属品:収納ケース

8位:ロゴス(LOGOS) (高密弾力)70セルフインフレートマット

御三家の一角、ロゴスもここで、70mm厚のインフレートマットを出してきました。

まさに令和2年は厚手インフレーターマットの最盛期といえるかもしれません。

ロゴスのマットは、他社製品と比較して特筆すべき点は正直少ないのですが、やはり流通力もあるブランドで品質には特に気を配っているはずですから、安心感があります。

総重量:(約)2.1kg
サイズ:(約)幅65×奥行188×高さ7cm
収納サイズ:(約)直径18×高さ59cm
主素材:ポリエステル、ポリウレタンフォーム

9位:サーマレスト モンドキング3D

あのサーマレストの極厚インフレータブルマットです。

マット界トップブランドの10cm厚マットで断熱性も高く、コのマットに憧れる方もいると思いますが、非常に高価でなかなか手が出ません。

どうしても「サーマレスト」に惹かれる方向けです。

重量:3065g
サイズ:76×203cm
収納サイズ:79×18cm
R値:11.4 厚さ:10cm

10位:NORDISK(ノルディスク) キャンプ マット ガンダルフ

何を考えているかわからないような販売価格でコスパ最悪です。

しかし、ノルディスクのロゴとガンダルフというネーミングだけで、なんか気になってくる不思議。

ケースも非常におしゃれで、ピロー付き、表面起毛コットン、背面滑り止めシリコンプリントなどなど、贅を尽くしているのも事実で、とにかく最高品をという方におすすめです。

素材:トップ/綿100%、ボトム/100%オックスフォードポリエステル
サイズ:195×65×10cm (Pack Size 27×70cm)、重量:3.1kg
特長:高級感のあるスリーピングマット、厚さ10cmの睡眠エリア、スクエア型で広々、高品質でしっかりしたフォーム、100%起毛コットン、頑丈な背面、背面に滑り止め用シリコンプリント、サイドに接続ボタンつき、一体型枕、スマートキャリー/コンプレッションストラップ付属
スポンサーリンク

インフレータブルマットのまとめ

キャンプで人気の厚手インフレータブルマットのおすすめランキング、選び方と比較方法などを紹介してきました。

私は、ウレタンマットやエアーマットなどを何度も買いなおし、最終的にインフレータブルマットにたどり着き、やっとキャンプで快眠する事ができるようになりました。

キャンプの寝床でインフレータブルマットに勝る寝心地のものは無いとさえ思います。

是非、一度試してみてください。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風
タイトルとURLをコピーしました