スポンサーリンク

2020キャンプで人気の厚手エアマット・ベッドのおすすめランキング!初心者の選び方も!

キャンプツール
スポンサーリンク

マット類で最もコンパクトに収納できて、厚みで寝心地の良いエアマットを検討されている方も多いと思います。特に、地面の影響をほとんど感じなくできる高さ20cmほどの厚手のエアーマット・エアーベッドはとても快適です。

しかし、

「いろんなエアベッドが売っているけど比較方法がわからない!」
「エアーベッドを選ぶときの注意すべきポイントは?」
「初めて購入するならどのエアーマットがいいのだろう?」

と感じる方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?

ここでは、そんな方のために

・厚手のエアーベッド・マットの選び方や比較ポイント
・初心者でも失敗しにくい厚手のエアーマットの特徴
・厚手のエアーベッド・マットのおすすめランキング

について紹介していきます。

スポンサーリンク

厚手のエアマットの選び方!

ここでは、厚手のエアーマット・エアベッドを選ぶ際に注意すべき3つのポイントを紹介いたします。

エアーポンプの種類や構造

一番差が出るのがポンプです。

手動や電動がありますが、電動はさらにAC電源、カーシガー電源、USB、電池式など電源供給方法が分かれます。電池式も単1~単3使用までありますが、単1はかなりコスパが悪いです。

大量の空気が必要な厚手のエアマットは、手動のエアポンプだけでは厳しい場合があるので、別売りでも電動のエアーポンプを検討しておいた方が良いでしょう。

また、内臓ポンプや専用品しか使えないものもありますが、エアーポンプだけ故障したり、たまたま電源が使用できなくなったりするとアウトになるエアーマットですから、非常時に別売りのポンプを使えるもののほうが安心です。

マット・ベッドの素材

エアーベッドの素材としては、PVCなどの樹脂・ビニルが多く、商品ごとに大きな差はありません。

しかし、肌に触れる部分だけは、各社「起毛」や「ベルベット状」のものをウリにしていたりしますので、こういった製品であれば、ビニル特有の冷たさやべたづきを感じず快適です。

サイズ

厚みについては20cm程度のものがほとんどで、各アイテムの差は少ないでしょう。

また、長さも190cm程度が多く、幅がシングル70㎝程度~ダブル190cm程度とバリエーションがあります。

他のエアーマット・エアーベッドも同様ですが、一つのマットを数人で使うと、一人が願えりを打ったり、トイレに立ったりするたびに、他の人もボヨンボヨンします。

寝心地を考えると、人数分のシングルサイズをそろえるのがおすすめです。

スポンサーリンク

初心者へのおすすめは?

実は、厚手のエアーマット・エアーベッドは浮遊感が大きく酔うなど、どうしても馴染めないという方も一定数いらっしゃいます。

実は、私もその一人で厚手のエアーマットを購入したものの、2シーズン目で手放してしまいました。

キャンプでの寝床では、コットやインフレータブルマットなども選択肢にあがりますから、厚手のエアーマットを試したいのであれば、最初はコスパの高い安価なものを試してみるのがオススメです。

シングルサイズを選べば、ポンプは手動でもなんとかなりますので、込み入った電源ポンプを探す必要もありません。

スポンサーリンク

厚手のエアマットおすすめランキング

ここからは、厚手のエアマットのおすすめアイテムを紹介していきます。

1位:コールマン(Coleman) コンフォートエアーマットレス

ベタといえばベタですが、ロングセラーのベーシックなエアーベッドです。

特筆すべき点は少ないですが、やはりコールマンブランドで安心感もありますし、選んで失敗という事はないでしょう。

PVCむき出しなので、肌触りには期待しないほうが良いです。

使用時サイズ:約187x97x19(h)cm
重量:約2.5kg
材質:PVC
仕様:ダブルロックバルブ、ロール式収納
軽量、コンパクトで使いやすいエアーマットレス。

2位:キャプテンスタッグ エアーベッド

大型フットポンプ付きのコスパの良いエアーベッドです。

素材も表地に起毛処理されているので、冷たさを感じるような事がなく肌ざわりも良いです。

大型マットのエアーを入れるのにはやはり電動のほうが便利ですから、足ふみポンプはゆくゆく無駄になる可能性があるのがひっかりますが、電池切れの時のためなどに取っておくほうが良いでしょう。

サイズ(約):幅74×長さ183×厚さ20cm
材質:ベッド:ポリ塩化ビニル
ポンプ:プレート=スチロール樹脂 ジャバラ=ポリ塩化ビニル ノズル=ポリエチレン
重量(約):ベッド:2kg ポンプ:0.4kg
耐荷重(約):80kg
付属品:リペアキット(補修用生地、接着剤)、エアーポンプ付き

3位:FIELDOOR エアベッド クイーンサイズ

リーズナブルなエアベッドで3種類のカラーと4種類のサイズ展開で、選択肢が豊富です。

電動の空気入れはUSB式とAC式のどちらかをセットで選べます。

コスパで選ぶなら選択肢として上位にあがってきます。

エアベッド: サイズ (約)幅147cm×奥行198cm×厚さ23cm
材質: PVC(表面 : フロック仕上げ) 重量 (約)3.2kg 耐荷重 (約)150kg

4位:アイリスオーヤマ エアベッド

アウトドアでは、出番の少ないアイリスオーヤマのアイテムですが、すでに日本屈指の家電・家庭用品メーカーとなっています。

このエアベッドはベーシックなつくりで、表起毛で肌ざわりが良いのがうれしいアイテムです。付属のポンプもベタですが、押引き両方でエアを送れる仕組みで、送風機としても使いやすく邪魔になりません。

商品サイズ(cm):幅約191×奥行約73×高さ約22 厚さ22cm
なめらかな肌触り コンパクトで保管しやすい 専用ポンプ付

5位:ロゴス(LOGOS) どこでもオートベッド

内臓ポンプと付属のフットポンプが目を惹くエアベッドです。

しかし、電動ポンプは従来どおりの単1×4本タイプでコスト高、付属フットポンプもおもちゃの域で、優位性は低いです。充電式やUSB給電式の別売りポンプを検討したときに内蔵ポンプはマイナスにしかなりません。

収納バッグや表面のベルベット仕上げは好ポイントです。

主素材:PVC、ABS
サイズ:(約)184×98×20cm、収納(約)38×22×18cm
総重量:(約)2.9kg
構成:エアベッド、電動ポンプ、フットポンプ、収納バッグ

6位:山善 キャンパーズコレクション クイックエアベッド

1分ほどで注入完了するポンプが、内臓されており余計なものが不要に見えますが、実はAC電源利用なので注意が必要です。

オートキャンプでインバーターなどを持っていれば使い勝手が良いのですが、普通にポンプ別売りの方が実は使いやすいです。

レーヨンベロア調仕上げの肌触りは好ポイント。

本体サイズ:幅190×奥行97×高さ25cm
本体重量:3.3kg
材質:合成樹脂(塩化ビニル)、レーヨンベロア調仕上げ、ABS樹脂

7位:Naturehike エアーソファー

なんとも斬新なエアベッドで、ポリ袋をふくらますかの如く、口を開けてカバっと空気を取り込み縛りこんで、弾力を得る仕組みです。

浮遊感が大きく、ダメな人はまったく向かないでしょうが、マットに埋まるような寝心地がたまらない方には、代替えの少ないユニークなマットでしょう。

価格が手ごろなので、遊び道具として使ってみるのも面白そうです。

使用サイズ:195×83×52㎝
収納サイズ:30×20×12㎝
重さ:約870g

8位:IREGRO エアーベッド 枕付き

なんともゴージャスなエアーベッドです。

空気を入れるのがやや手間ですが、ソファーとしても快適で、寝具としてだけでなく、くつろぎのスペースとしても活躍してくれるでしょう。

使用サイズ:ベッド140+枕60cm×幅90cm×厚さ20cm
PVC表面フロック仕上げ
スポンサーリンク

厚手エアーマットのまとめ!

人気の厚手エアマット・ベッドのおすすめアイテムや、初心者の選び方、比較方法などを紹介してきました。

キャンプの寝床は、色々選択肢がありますが、寝心地とコンパクト性を両立できるのが厚手のエアーマット・エアーベッドです。

荷物に余裕があるなら、コットやインフレータブルマットも検討したいところですが、車載量に限界があるときに寝心地も捨てられないというなら、厚手のエアマットをチョイスするのも良いと思います。

エアーポンプやベッド表面の質感などで、商品ごとの差が出ますのでしっかり選んで購入するようにしましょう。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風