スポンサーリンク

ソロ~二人向きクーラーボックスおすすめランキング2021!比較方法やキャンプ初心者の選び方と口コミ評価・アウトドアレビューも!キャンツーに小型でおしゃれが人気!

キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプで食材を持ち込むなら、やはりクーラーボックスは便利なアイテム。

短期間だったり、涼しい時期なら不要な場合もありますが、食中毒の心配などだけではなく、美味しく冷えた飲料をのんだり、フルーツや野菜などを冷たくいただいたりしたいのなら必須です。

大きすぎるクーラーボックスは、荷物になりますし冷やすのも大変なので、ソロやデュオ(二人)でのキャンプでは、小型のものが大人気。

でも、いざソロ~二人向きクーラーボックスを購入しようとすると

「ソロ~二人向きクーラーボックスが色々あって選べない」
「初めてでも失敗しないソロ~二人向きクーラーボックスが欲しい」
「ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめアイテムを知りたい」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは、

・ソロ~二人向きクーラーボックスの比較方法と選び方
・初心者向きのソロ~二人向きクーラーボックスの特徴
・ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめランキング

について紹介していきます。

 

ランキングに飛ぶ

スポンサーリンク
  1. ソロ~二人向きクーラーボックスセットの比較方法と選び方
    1. ソフトとハード
    2. サイズ
    3. 保冷力
    4. 重量
    5. 蓋の構造・造り
  2. 初心者向きのソロ~二人向きクーラーボックスの特徴
  3. ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめランキング
    1. ソロ~二人向きのソフトクーラーボックスおすすめランキング
      1. 1位:コールマンアルティメイトアイスクーラー2(25L/35L)
      2. 2位:ベアボーンズ(Barebones) ソフトクーラー (10L/17L/27L)
      3. 3位:シアトルスポーツフロストパック(11.3L/21L/23.6L)
      4. 4位:コールマン デイリークーラー(10L/20L/30L)
      5. 5位:ROCKBROS(ロックブロス)クーラーボックス 18L
      6. 6位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 保冷バッグ(15L/24L)
      7. 7位:ロゴス(LOGOS) LOGOS デザインクーラー(15L/25L)
    2. ソロ~二人向きのハードクーラーボックスおすすめランキング
      1. 1位:イグルー マリーンブリーズウルトラ (28/30/36)
      2. 2位:コールマン(Coleman) エクストリームクーラー28QT(26L)
      3. 3位:キャプテンスタッグ モンテ ハンディクーラー (13L)
      4. 4位:YETI(イエティ) ローディ24 (22.7L)/タンドラ35(25.4L)
      5. 5位:ロゴス(LOGOS) サーモテクト 氷点下クーラー30
      6. 6位:キャプテンスタッグ スチールフォームクーラー (25L)
      7. 7位:FIELDOOR ノーザンクーラーボックス(18.9L/33.1L)
      8. 8位:リブウェル(Livewell) ハミングバード (7L/15L/27L)
      9. 9位:チャムス(CHUMS) スチールクーラーボックス
  4. ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめのまとめ

ソロ~二人向きクーラーボックスセットの比較方法と選び方

ここからは、ソロ~二人向きクーラーボックスの比較のポイントや選ぶときの基準などについて紹介していきます。

ソフトとハード

ソフトクーラーは一般的にハードよりも断熱性が劣るといいますが、クーラーボックスや食材や飲料を凍らせたり、保冷剤の数を増やしたりすることで大きく保冷状況がかわりますから、あまりとらわれすぎる必要はありません。

それよりも運用面で、使わないときは小さくたためて軽量コンパクトのソフトにするか、荷物を積み重ねたり簡易椅子としてつかったり、柔らかくつぶれやすい食材を入れたりと「箱」としてもつかえるハードを選ぶかといった視点でみると良いかと思います。

●ソフト
・保冷力弱め
・軽量コンパクトでたためる
・価格がお手頃
・運動会やスポーツ観戦でも使いやすい
●ハード
・保冷力強め
・積み重ねられる、簡易椅子としても
・柔らかい食材も安心
・丈夫

サイズ

ソロ・デュオなどの人数のほか、宿泊日数によっても適した大きさは変わります。

BBQしたり、冷えたビールを飲んだりしたいのであれば、それなりの大きさのクーラーボックスが必要になってきます。

でも、大きければ庫内を冷やすための保冷剤もたくさん必要になりますし、大きく重たい荷物になってしまい、出番が限定されてしまう事も。

もし、自分のスタイルがソロやグループなど多岐に及ぶなら、小型のものを複数持つという選択肢もあります。

ソロ~デュオでは、9L~30Lくらいまでが、ターゲットとなってくるでしょう。


出典:Amazon

保冷力

保冷力は、断熱材の性能によって大きく変わってきますが、蓋の開け閉めのしやすさやジッパー裏にも断熱材があるものなど、構造による影響も大きいです。

また、複数メーカーの商品をしっかりベンチマークしたデータも乏しく、結局は体感による口コミをあてにしかないのが実情です。

もちろん、保冷能力はクーラーボックスにとって最重要といえるスペックです。

でも、実用面では食材や飲料を凍らせたり、日陰にクーラーボックスを置いたり、開け閉めの際に気を使ったりと運用で大きな差がでますから、あまり神経質にスペックを追い求めるのもおすすめしません。

一応断熱効果としては、発砲スチロール→発砲ウレタン→真空断熱と保冷力が高まっていきます。


出典:Amazon

重量

車で行くキャンプであれば、重量は気にする必要がありませんが、バイクや自転車などでの運搬を検討するのであれば、軽いに越したことはありません。

この場合、多くはソフトクーラーに軍配があがるのですが、固定しにくかったり、傷つきやすかったりとデメリットもあるので、必要サイズ感を含め検討する必要があります。

蓋の構造・造り

特に蓋の構造は使い勝手に大きく影響します。

開け閉めがしにくいとストレスになるだけではなく、もたもたしている間にどんどん庫内の温度があがったりしてしまいます。

また、蓋部分に断熱材が入っていなかったり、取っ手の位置が悪かったり、ショルダーベルトがなかったりするだけで、使い勝手は変わってきますので、事前にチェックしておきましょう。


出典:Amazon
スポンサーリンク

初心者向きのソロ~二人向きクーラーボックスの特徴

初めてクーラーボックスを購入するなら、ソフトクーラーの保冷力が高めのモデルがおすすめです。

ゆくゆく、グループキャンプや長期滞在キャンプなどを楽しむようになって、大きめのハードクーラーを購入したとしても、飲料をストックしたり、野菜やソーセージなど冷たい必要はないけど常温は避けたいといった用途に使う事ができて、お蔵入りする可能性が低いです。

また、スポーツ観戦や運動会などキャンプ以外でも活躍できるのが魅力ですから、ソフトタイプのクーラーボックスを一台持っていても無駄になる事は少ないでしょう。

 

スポンサーリンク

ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめランキング

ここからは、ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめアイテムについて、ソフトとハードに分けて紹介していきます。

ソロ~二人向きのソフトクーラーボックスおすすめランキング

ソフトクーラーボックスは、おしゃれなデザインのものも増えてきており、お手頃な商品も多いので、性能はもちろん見た目重視で選ぶのも良いですね。

1位:コールマンアルティメイトアイスクーラー2(25L/35L)

言わずと知れたColemanの最強ソフトクーラーです。ポリエチレンフォームをたっぷり使用し、抜群の保冷力を発揮します。

ジッパー式の蓋に窓がついているので、庫内の温度変化を最小限にものを取り出すことができるのもポイント。見た目もかわいくカラーバリエーションもあります。

断熱がしっかりしているので、畳んだ時の収納サイズは大きめです。

誰にでもおすすめですが、保冷力で選びたいという方なら迷わずコレです。


●25L

サイズ:約幅42×奥行32×高さ33cm、収納時/約幅42×奥行16×高さ33cm
重量:約1.3kg
材質:TPE加工ポリエステル、ポリエチレン(フォーム)、PETアルミニウム(取り外しライナー部分)、PEVA(ライナー)
仕様:クイックサーブオープニング、着脱可能アルミライナー
保冷力:42時間
容量:25L

■口コミ・レビュー
収納目安:500mlペットボトルだと20本
現在市販しているソフトクーラーでは、これがコ・ス・パNo,1です。
AOクーラーに10000円以上出す余裕があるのなら、これの24リッターに4000円払う方が最善。
折り畳み出来る点も便利で、私はバイクツーリングに愛用しています。
保冷力は文句なしのレベルです。
ロゴスのソフトクーラーはかさばるのでおすすめしません。
出典:Amazon

●35L

サイズ:使用時/約幅42×奥行32×高さ38cm、収納時/約幅42×奥行16×高さ38cm
重量:約1.4kg
材質:TPE加工ポリエステル、ポリエチレン(フォーム)、PETアルミニウム(取り外しライナー部分)、PEVA(ライナー)
仕様:クイックサーブオープニング、着脱可能アルミライナー
保冷力:47時間
容量:35L
収納目安2Lペットボトルだと12本

■口コミ・レビュー
軽いBOXタイプは持っていましたが、14Lと小さかった。それに保冷力に頼りなさがあり、コンパクトに仕舞える大容量のバッグタイプを探しました。色々調べるうちに、この商品ががソフトバッグでは保冷力が良いことを知って35Lを購入しました。
夫婦と小学生幼稚園2人の食材と氷らせたペットボトルや保冷材を詰め込むと、かなりの重量になります。持ち上げるのもひと苦労・笑
保冷力には大満足で、翌日の朝でも氷ったペットボトルは半分ほど氷ったままでした。これにはビックリ。置いておいた環境もあると思いますが(最低外気温が12度で車の中です)、思っていた以上の結果でした。
大してコンパクトならないとありますが、気になる程ではありませんでした。これからも活躍してもらいます!

2位:ベアボーンズ(Barebones) ソフトクーラー (10L/17L/27L)

おしゃれなLEDランタンで名をはせたベアボーンズのこれまたおしゃれなクーラーボックスです。

一見クーラーボックスに見えないデザインで、いかにも保冷バッグというのがイヤな方なら、こちらのアイテムがはまります。

カラーもグレーとブラックがあるので、大小で複数揃えるのも良いでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

風街道具店(@kazemachi_tools)がシェアした投稿


●10L

サイズ:W30.4cm×L20.3cm×H22.8cm
容量:10L(350ml缶×16本)
素材:ポリナイロン、レザー
付属品:ショルダーストラップ

●17L

サイズ:W29.8cm×L36.1cm×H19.6cm
容量:17.5L(350ml缶×20本)
素材:ポリナイロン、レザー

●27L

サイズ:W43.1cm×L25.4cm×H30.4cm
容量:27L(350ml缶×36本)
素材:ポリナイロン、レザー
付属品:ショルダーストラップ

■口コミ・レビュー
大きさもちょうどよく、スタイルも抜群。使い勝手もなかなかのもの。保冷力はBOXと比較すると劣るものの、一日の外出程度なら必要十分です。価格はもう少し下がるといいのになぁ・・・
出典:Amazon

3位:シアトルスポーツフロストパック(11.3L/21L/23.6L)

シアトルスポーツは1983年に設立されたアウトドア用品メーカーで、ソフトクーラーやドライバッグの生みの親でもあります。

由緒正しいブランドですが、日本ではあまり見かけないのもうれしいポイント。

このソフトクーラーボックスもドライバックを思わせる雰囲気で、見た目もバッチリ。カラバリも 豊富です。

保冷力もしっかりしていて、価格もお手頃と見た目が気に入ったなら買いです。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

ちゅる(@chu_ru14)がシェアした投稿


●11.3L

【カラー】レッド、イエロー、タン、ホワイト、ブルー
【サイズ】H29.2×W20.3×D20.3cm
【容量】約11.3リットル
【重量】680g
【素材】本体:19オンスビニール素材/ウェビング:ポリエステル

■口コミ・レビュー
バイクキャンプツーリング用にこのくらいのサイズでそこそこ保冷力あるソフトクーラーバッグを探していたらモデルチェンジしたので購入。ハーフサイズスパークリングワインボトル、350缶ビール2〜3本、肉、カット野菜、魚介類のパックなど丁度収まる。スタンレーのハードクーラーボックスより保冷力劣るも、キャプテンスタッグの激安ソフトクーラーバッグよりずっと高い保冷力あり。
出典:Amazon

●21L

【カラー】レッド、ブルー、イエロー、タン、ホワイト
【サイズ】H29.2×W33×D22.8cm
【容量】約21リットル
【重量】800g
【素材】本体:19オンスビニール素材/ウェビング:ポリエステル

■口コミ・レビュー
キャンプ用と普段使いに購入しました。
キャンプ時はハードクーラーがメインですが、車内に置いて子供のお菓子や食べ物用としてと、サブクーラーとして
使っています。
こちらを買うまでは、よくある簡易的なソフトクーラーを使っていましたが、ボロボロになってしまった為、いろいろ
探した結果、シアトルスポーツに決めました。
まだ数回しか使っていませんが、保冷剤を入れて夏キャンプで約1日は冷たさが持ちました。
子供の飲み物、おつまみ等を入れていて頻繁に開ける事が多かったので、まずまずの保冷力だと思います。
中身が無ければ潰し小さくなりますし、車に積んでおけば役に立つと思います。
良い買い物でした!
出典:Amazon

●23.6L

【カラー】ブルー、イエロー、タン、ホワイト、レッド
【サイズ】H20.3×W48.2×D27.9cm
【容量】約23.6リットル
【重量】1496g
【素材】本体:19オンスビニール素材/ウェビング:ポリエステル

■口コミ・レビュー
色と形がとても可愛いです。
息子の野球の試合の応援の時に使いました。
深くないので物も取り出しやすく良かったです。
しっかりしているので、しまう時にあまり小さくなりませんが、私はとても気に入っています。
出典:Amazon

4位:コールマン デイリークーラー(10L/20L/30L)

コールマンのライト感覚のソフトクーラーです。保冷力はアイスクーラー2よりも劣りますが、ポップな見た目と抜群のコスパが魅力です。

毎度一泊のキャップをする方や、デイキャン、お買い物ユースにもおすすめです。

ハードクーラーを持っている方で、サブ用にというのも良いでしょう。


●10L

サイズ:約幅27×奥行20×高さ23cm、収納時/約幅30×奥行8×高さ23cm
重量:約410g
材質:ポリエステル、PEVA(ライナー)
容量:10L
収納目安:500mlペットボトルだと11本、350mlペットボトルだと12本

■口コミ・レビュー
今年の夏は暑かった!!!と言う事で初めてクーラーボックスを購入したのが
コールマン クーラー デイリークーラー/10L ミントでした。使用目的はゴルフ中の水分補給と食料の保管が目的でした。当初はこれより小さいものを検討していましたが、ドリンク以外の氷嚢を入れたりオニギリなどを入れてみたところ、500mlのペットボトルが5−6本入りオニギリなども保存できてとても便利でした。やはり、このサイズを買って正解でした!!欲を言えば肩掛けのベルトがついていると両手が空きもっと便利になると感じました。
出典:Amazon

●20L

サイズ:約幅33×奥行23×高さ27cm、収納時/約幅36×奥行8×高さ27cm
重量:約610g
材質:ポリエステル、PEVA(ライナー)
容量:20L
収納目安:500mlペットボトルだと14本、350mlペットボトルだと30本
仕様:ショルダーベルト

■口コミ・レビュー
母に頼まれて購入。私自身はイグルーとサーモスのソフトクーラーバッグ、
コールマンの15リットルを使用しています。それぞれに長所と短所がありますが
この20リットルは簡単にたためる仕様になっているのが良いです。
保冷機能はソフトクーラーバッグの分類の中ではまずまずではないでしょうか。
肩から掛けられる長い紐もあるので、斜め掛けもできます。
ただし、紐は一体型。取り外しは出来ず、自前の長紐への付け替えは不可。
とは言え、長距離を持ち運ぶ予定がないのならば、この仕様で充分だと思います。
デザインも可愛らしく良いです。
出典:Amazon

●30L

サイズ:約幅34×奥行24×高さ33cm、収納時/約幅38×奥行8×高さ33cm
重量:約730g
材質:ポリエステル、PEVA(ライナー)
容量:30L
収納目安:2Lペットボトルだと6本、350mlペットボトルだと40本
仕様:ショルダーベルト

■口コミ・レビュー
子どもの習い事の遠征で真夏の沖縄に行くことになり、キャリーバックに折りたたんだ状態で持参しました。体育館に1日中いる状態で暑さも半端なく飲み物や氷をこのバックに入れて保管。時間がたてばとけるのは当たり前ですが、皆もってきてる中でも一番のすぐれものでした。置いた場所が水滴で濡れてるなか、このバックだけはそれがなく大変役にたちました。お昼のお弁当や2リットルのペットも入り、旅先での保冷バッチリでした。持ち運びも、おりたためるので邪魔にならず購入してよかったです。さすが!コールマン!
出典:Amazon

5位:ROCKBROS(ロックブロス)クーラーボックス 18L

ロックブロスは、サイクル関係のアイテムを多数手がけるブランド。

このクーラーボックスは防水TPUと断熱フォームも用いた高い保温力が魅力。

見た目もスポーティで、水濡れに強いので海辺や釣り、ツーリングでそのまま車載するなど使い方の幅が広いのもポイントですね。


出典:Amazon

 

48時間保冷:30度の環境で、最長48時間保冷
本体外寸サイズ:約41*27.5*33CM(L*W*H)
内寸サイズ:約34.5*21.5*23CM(L*W*H)
重量:約2055g
容量:約18L
330ml缶最大30本まで収納可能

■口コミ・レビュー
しっかりとした構造で、デザイン、重さ、大きさ共にイメージ通りで、とても使いやすいです。女性でも持ち運びし易く、車に乗せて置くのにも丁度良いサイズで、とても便利です。飲み物もたっぷり入りますし、買い物で冷凍食品を入れましたが、大きめの保冷剤一つで長時間の保冷もバッチリでした。
密閉度が高いのでファスナーが硬いです。同包のクリームを塗りましたが、まだ新しいということもあるのか、やはりちょっと開けにくいかな…。
それでも、期待通りでとても気に入っています。購入して良かったです!
出典:Amazon

6位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 保冷バッグ(15L/24L)

コールマンのデイリークーラーにも似ていますが、キャプスタの保冷バッグはよりコスパが良く、ポップでかわいい見た目が魅力。

スポーツ観戦やお買い物にも便利で、よりお手軽に購入・運用できるのがポイントです。

グルキャンにお呼ばれするときにも便利ですね。


出典:Amazon

●15L

セット内容:クーラーバッグ×1
サイズ:使用時:幅約31cm×奥行約26cm×高さ約25cm/収納時:約幅31cm×奥行約25cm×高さ約6cm(収納ベルト使用時)
仕様:重量:約0.34kg
材質:本体表地:ポリエステル/裏地:EVA/断熱材:ポリエチレンフォーム/中敷き:ポリエチレン

■口コミ・レビュー
同じ鹿番長の折りたたみ椅子とおそろいにしました♬

海でもキャンプでも◎カワイイからOKです☆
出典:Amazon

●24L

製品サイズ(約):幅340×奥行280×高さ330mm
重量(約):380g
容量(約):24L

■口コミ・レビュー
買い物用に購入したのですが少し大きかったです。しっかりしたもので内側の蓋にファスナー付きポケットがありキャンプ用には便利だと思います。色やデザインもイメージ通りでした。
出典:Amazon

7位:ロゴス(LOGOS) LOGOS デザインクーラー(15L/25L)

こちらも、コールマンやキャプテンスタッグのものと似ていますが、ポップなデザインが色々選べて楽しいクーラーとなっています。

ジッパー裏にも断熱材が来るように設計されていたり、より保温効果を高める工夫がみてとれます。

価格帯もコールマンのアイスクーラー2に近い設定なので、この辺は見た目で選んでしまっても良いでしょう。


出典:楽天市場

 

●15L

総重量:(約)600g容 量:(約)15L
使用サイズ:(約)30×22.5×28cm
収納サイズ:(約)31×28×8cm断熱材:(約)10mm

主素材:ポリエステル、EPE、PEVA、PP

■口コミ・レビュー
まず、可愛い!!
サイズも夫婦2人なので十分です!
使わない時はたためるのも嬉しいです。
ただ、使う時には折り癖がついているのでファスナーがスムーズにいかなかったりします…。
同じサイズでもっと安いのはたくさんあるけど、これにして良かったです!
出典:Amazon

 

●25L

総重量:(約)900g
容 量:(約)25L
使用サイズ:(約)36×28.5×33cm
収納サイズ:(約)37×34×8cm
断熱材:(約)10mm
主素材:ポリエステル、EPE、PEVA、PP

■口コミ・レビュー
大変オシャレで高さもあり
2リットルのペットポトルも入り暑い夏場の、零冰も、しっかり溶けることも無く助かりました
出典:Amazon 

ソロ~二人向きのハードクーラーボックスおすすめランキング

ハードクーラーボックスは、やはり保冷性能重視で選びたいところ。

荷物として場所をとるので、サイズ感や形状もしっかりチェックしましょう。

1位:イグルー マリーンブリーズウルトラ (28/30/36)

iglooは全米でNo.1シェアを誇るクーラーボックスメーカー。圧倒的な実力でつくるMARINE BREEZE ULTRAは、見た目もおしゃれで保冷力も抜群の一軍アイテムです。

価格帯も手ごろで、品質とコストのバランスがとても良いクーラーボックスでもあります。

ハードクーラーの購入を検討しているなら、真っ先に候補にあげたいギアです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

rin(@hinascamp2)がシェアした投稿

●28(約26L)

サイズ: 45.5×34.5×42.5cm
取手伸縮最大高さ: 93cm
本体重量: 4kg
有効内寸: 36×21.5x32cm
2Lペットボトル収納数: 6本まで
構造部材:本体外側・フタ プラスチック(PE)

■口コミ・レビュー
スタイルはイメージ通りでした。容量的にも家族で一泊のキャンプで使用しましたが、問題ありませんでした。
やはりキャスター付きは移動が楽で良かったです。
子供達がもう少し大きくなったらこの上のサイズを購入しようと思います。
難点を上げるとしたらフタを開ける際、手がかりが少ないので少し開け難いのが☆一個減らした訳です。
出典:Amazon

 

●30(約28L)

サイズ: 47x28x43cm
本体重量: 3kg
有効内寸: 36x22x32cm
2Lペットボトル収納数: 6本まで
構造部材:本体外側・フタ プラスチック(PE)
本体内側材質:プラスチック(PP)

■口コミ・レビュー
使用する前日に保冷剤にてボックス内を冷やします、概ね12時間くらい。
それからコンビニで板氷を購入してボックスに入れます、500ミリのボトルであれば10本以上は入ります。
車内に置いて移動します、外気温は最高で30度程度。
次の日の朝、宿でボックスを開けると板氷が7分の1程度の大きさで残ってます。
開け閉めの頻度によって違ってくるかもしれませんが、購入して大変満足してます。
夏場の旅行では大活躍しています。
出典:Amazon

●36(約34L)

サイズ:62×35×34cm
重量:3.3kg
350ml缶収納本数:56本
本体外側材質:PE
本体内側材質:PE
断熱材:超高密度ウレタンフォーム

■口コミ・レビュー
クーラーBOX内の保冷剤が何と4日間経っても溶けきりませんでした
冬場の実績ですから、夏場になるともっと溶けきる時間が短くなると思いますが…
同じイグルー社製品ですが、レジェンド54QTと比べると氷の持ちが倍以上の印象です
出典:Amazon

2位:コールマン(Coleman) エクストリームクーラー28QT(26L)

国内キャンプ用クーラーボックスで堂々トップの人気をほこるコールマン。

エクストリームクーラーはそのフラッグシップともいえるアイテムで、保冷力はスチールベルトを凌駕するほど。

特別なこだわりが無いなら、入手も簡単なこちらもおすすめです。

容量:約26L
重量:約3kg
材質:ポリエチレン、ポリプロピレン、 スチール、発泡ウレタン、他
本体サイズ:約46×33×40(h)cm

■口コミ・レビュー
大人2人 キャンプ用に、こちらのクーラーボックスを購入しました^ ^
到着し確認しましたが特に不具合はありませんでした

50QTと28QTの
サイズで非常に悩みましたが大人2人でバーベキューやキャンプに使用予定なので、どちらにも対応できそうな
こちらのサイズにしました
私の場合、購入前に店頭で大きさの確認をし50QTだと無駄に持て余し、保管スペースにも困ると思いました

キャンプの際は、ソフトクーラーとこちらのクーラーを2つを使い分けようと思います(^^)
出典:Amazon

3位:キャプテンスタッグ モンテ ハンディクーラー (13L)

キャプスタのおしゃれブランド「モンテ」のクーラーは、どこかレトロな造りでかわいいのが魅力。

13Lと少々小さめの庫内なので、デュオでは持っていくものを厳選しなければならないかもしれません。ポリ系のクーラーボックスに比べ価格が高めなのも気になるところです。

それでも、この見た目のおしゃれ度だけで選んでしまっても後悔しないと思えるほど、かわいい仕上がりとなっています。


出典:Amazon

材質:本体・フタ:鋼(粉体塗装)、内容器:ポリプロピレン、断熱材:ウレタンフォーム
商品サイズ:345X235X360mm
商品重量:2900g
備考:実容量/13L、保冷効力/7.5度以下(8時間後)

■口コミ・レビュー
ソロキャンプ用のクーラーを探していて発見。
色とデザインが決め手でした!

チャムスに同じデザインがあるがおそらくチャムスより容量がある。

マイナス点はチャムスに比べてロックが硬いこと。
蓋の取っ手に本体の取っ手を引っ掛けるのだが、固すぎてストッパーのゴムが千切れそう。
女性や子供では苦労するかもしれない。
ただこれは個体差があるのかも…

色はマッドな色合いでミリタリー感がでてよい。

容量は350ml缶が下に7本入る。
ただ、8本までもう少しといった感じなので、8本で設計してくれれば…という気持ちになる。
縦も十分な高さがあるので、下にビール上に食材が楽々入る。

保冷性としては、スーパーにある無料のチップ氷3袋が朝まで残っていた。
ただ、10月後半なので夏は朝には溶けているかもしれない。

デザインも他と違って目立つし、ソロキャンプとしてはちょうど良い大きさなので星4つ
出典:Amazon

4位:YETI(イエティ) ローディ24 (22.7L)/タンドラ35(25.4L)

イエティは2006年にスタートしたクーラーボックスを主に手掛ける先進メーカーです。

リリース以来、その性能と見た目のおしゃれ度で、非常に高い人気と売上を積み重ねてきました。

今では、イグルーと双璧をなすとも言える、クーラーボックスの代名詞となっています。

タフなボディと確かな保冷力。無骨系アイテムで攻めたいならコレですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

tsugi masa(@tsugi_masa_)がシェアした投稿

●YETI(イエティ) Roadie(ローディ)24(22.7L)

<カラー>Tan,Charcoal,White
<サイズ>41.9 x 36.8 x 44.5 cm

■口コミ・レビュー
2Lのペットボトルが縦に入りソロでも気軽に持ち出せるサイズの物を探していました。最終的にiglooのMARINE ULTRA30と迷いましたが、値段は高いですが長年使えるものですので、保冷能力が高いこちらを購入しました。ペットボトルを縦にいれ、保冷剤1枚を上に置いてギリギリ蓋が出来ます。入れる物が多い場合は保冷剤のみに頼らず、ペットボトルを凍らせて入れると良さそうです。ステッカーが入っているのもちょっと嬉しいです。大切に使いたいと思います。
出典:Amazon

 

●YETI(イエティ) Roadie(タンドラ)35(25.4L)

材質 シェル : ポリエチレン, フォーム : ポリウレタン
商品寸法 (長さx幅x高さ) 53.3 x 40.6 x 39.4 cm
重量:約9kg

■口コミ・レビュー
ついに買ってしまった
ずっと憧れの存在でしたが、つい勢いで購入してしまいました。
早速2泊3日のキャンプに連れて行きました。
3日目も凍らせたペットボトルが溶けきらず、保冷力の高さを感じられました。
これからも愛用したいと思います。
出典:楽天市場

5位:ロゴス(LOGOS) サーモテクト 氷点下クーラー30

ホムセンアウトドアメーカーともいわれるロゴスですが、保冷関連のアイテムでは定評があります。

特に、保冷剤やハードクーラーは人気も高く、この氷点下クーラーは妥協しない保冷力がウリの一品となっています。

見た目がコンテナボックスっぽく、いかにもクーラーという感じがしないのもポイントですね。


出典:Amazon

 

総重量:(約)4.0kg、容量:(約)30L
サイズ:(約)51.5×38×31.5cm
内寸:[上面](約)42×29.5cm [底面](約)38.5×27.5cm [高さ](約)24cm
主素材:PE、PP、PU

■口コミ・レビュー
過去に購入したどのクーラーボックスと比較しても、これほど保冷性に優れている商品はありません。私は車用として私用していますが、運転席から後席に置いて私用しますが、その際に、欲を言うと、オプションでもいいので中を照らす明かりがあると便利かと思います。
出典:Amazon

6位:キャプテンスタッグ スチールフォームクーラー (25L)

ミニスチールベルトともいえる、キャプスタのスチールフォームクーラー。

ファミリー向けのクーラーボックスとして不動の人気をほこるコールマンのスチールベルトのようなハードクーラーで、見た目・保冷力ともに申し分ないアイテムです。

価格帯もそこそこレベルで提供されているのも魅力ですね。


出典:Amazon

 

製品サイズ:(約)幅490×奥行300×高さ335mm、製品重量:(約)4.6kg、実容量:25L
材質:本体・ふた/鋼(粉体塗装)・ポリプロピレン、断熱材/ウレタンフォーム
保冷効力:4.4度以下(JIS)
容量目安:350ml缶/31本(横置き)、500mlペットボトル/15本(縦置き)、20本(縦・横置き)、2Lペットボトル/6本(横置き)
付属品:水抜き栓・肩掛けベルト

■口コミ・レビュー
ソロキャンプ1泊、デュオキャンプ2泊で使用しました。保冷力は1日程度です。ソロの1泊ではやや大きく、連泊の場合丁度かなと思います。塗装が黒のマットなのでColemanのスチールクーラーと比べると落ち着いた印象です。ステッカーで自分好みにアレンジして楽しんでいます。ちなみにキャプテンスタッグの純正ステッカー?は容易に剥がれます。お好みでそのまま貼っても、剥がしてもよし、という感じです。
出典:Amazon 

7位:FIELDOOR ノーザンクーラーボックス(18.9L/33.1L)

大手クーラーボックスメーカーのものと比較しても、雰囲気・保冷力ともに劣らないフィールドアのノーザンクーラー。

リーズナブルなアウトドア製品で定評のフィールドア製品ですが、サイズ展開やカラーバリエーションも豊富なのが最大の魅力。

大小で複数揃えるのも楽しいです。


出典:Amazon

 

●18.9L

サイズ
外寸 : (約)53cm×34cm×36cm
内寸 : (約)36cm×20cm×24cm
重量 (約)7.5kg 材質 リニアポリエチレン / ポリウレタン / ポリプロピレン /ラバー
容量 18.9リットル

■口コミ・レビュー
キャンプ一泊で使用。サイズに対して安価だが性能は抜群に良い。
保冷剤2個と分割タイプ4つを入れて使用し、家に帰って中の物を出したが内部に水が全くついていなかった。内部の温度が外気温の影響を受けていないという何よりの証拠。45リットルで2万以下。クソ頑丈。控えめに言って神。 
出典:Amazon

●33.1L

サイズ 
外寸 : (約)58cm×41cm×42cm 
内寸 : (約)42cm×28cm×29cm
重量 (約)10kg 材質 リニアポリエチレン / ポリウレタン / ポリプロピレン /ラバー
容量 33.1リットル

■口コミ・レビュー
iglooのステンレスクーラーから買い替えました。外観はYETIやRTICなと高額ハードクーラーと比べても見劣りしないと思います。
性能は直接比較はしてませんが、使用感としては大きく劣るようには感じませんでした!
購入価格が高額品の半額以下でしたし、この質感、性能、そして何と言ってもこのカッコ良さなら、大満足間違いありません!お勧めします(^^)
出典:Amazon

8位:リブウェル(Livewell) ハミングバード (7L/15L/27L)

リブウェルは、ホームセンターや釣具店でよく見かけるホリデーランドのクーラーボックスを手掛けるメーカーで、格安のアイテムをリリースしているのが魅力。

この、ハミングバードも驚くほど安価でありながら、決してカッコ悪くなく、安っぽくもなく、コスパの高いアイテムです。

とりあえず、という方にはおすすめですね。


出典:Amazon

 

●7L

【商品サイズ】 約幅31×奥行22.1×高さ28.2cm
【内寸サイズ】上部:約幅24×奥行15×高さ20.2cm 底部:約幅21.6×奥行12.5cm
【重量】約1.17kg
【収納目安】350ml缶:横9本 500mlペットボトル:立てても横でも6本 1.5L,2L:‐
【付属品】ショルダーベルト1本

■口コミ・レビュー
350mlの缶3つとコンビニで氷一袋買って8月のラウンド周りましたが、氷も全部溶けず最後まで冷たいチューハイが飲めました。
ラウンドカート後ろのカゴに入るサイズだったので、ゴルフにはいいですよ!
出典:Amazon

●15L

【商品サイズ】 約幅41.9×奥行28.3×高さ28.2cm
【内寸サイズ】上部:約幅35×奥行21.2×高さ20.2cm 底部:約幅32.4×奥行18.6cm
【重量】約1.87kg
【収納目安】350ml缶:立て横合わせて22本 500mlペットボトル:立てて15本 1.5L,2L:横4本
【付属品】ショルダーベルト1本

■口コミ・レビュー
キャンプ目的で使用しました。
保冷剤を大小二個づつ入れ1人分の肉と2Lのペットボトルプッチンプリンなど収納
保冷力は凄くいいです。
翌日の昼に保冷剤の確認をした感じだとまだまだ凍ってました。
仲間のスタンレイのクーラーボックスの中のロゴスの保冷剤の状態と比べてみたのですが
若干このクーラーボックスの保冷剤の方が凍ってる部分が多いようにパッと見見えましたが恐らく同じくらいでした。
ソロキャンプには丁度いいですね♪
出典:Amazon

9位:チャムス(CHUMS) スチールクーラーボックス

見た目重視のコスパ悪クーラーボックス。

チャムス製品のほとんどがコスパが悪く、見た目の良いのが特徴となっていますが、このクーラーボックスは本当にかわいっく、飽きの来ないデザインとなっています。

同様の製品にモンテのハンディークーラーがあり、価格がずいんぶん安く設定されているので、どうしてもチャムスが良いという方以外にはメリットの少ないアイテムです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

植田英之(@50find_ueda_)がシェアした投稿

サイズ : H31×W29×D23cm
内容量 : 12L
本体質量 : 2.8kg
材質:外 Steel 中 Plastic

キャンプ用、妻の買い物の保冷バッグ用として車内に常備しています。
仕上がりですが、手指を傷付ける可能性がある部分が点在しています。具体的には、底面の折り返し、上蓋内側の折り返し、栓抜き部、ハンドルがやや鋭利な仕上がりです。当方は目立つ部分はヤスリで磨いて滑らかにしました。
保冷力はソフトクーラーとハードの間くらいです、保冷剤込みで36時間までは問題なく使用できています。外で使用すると顕著ですが、保冷剤に近い部分は外面結露が起こります。
収納力はカタログスペックでは心許ないように感じますが、縦横寸法のバランスが絶妙でソロキャンプなら3食分の食材+2Lと500ペット+保冷剤くらいなら余裕です。ファミリーキャンプならドリンク専用など、割り切った使い方になります。
普段の買い物ではアイス、ケーキ用に。ケーキの箱をそのままに入れられ、かつコンパクトなサイズが気に入っています。
ちなみに、蓋を閉めるときはそれなりに力が要ります。
見た目に全振りで購入しましたが、意外にも使えます。カラーバリエーションがあればもう一つ買うのですが。
出典:Amazon

スポンサーリンク

ソロ~二人向きクーラーボックスのおすすめのまとめ

ソロ~二人向きクーラーボックスの比較方法や選び方と口コミ・レビュー、おすすめアイテムなどについて紹介してきました。

ソロキャンプがブームになっていますが、ソログルやデュオ用も視野に入れて大き目のもを買ったり、ツーリングキャンプに向けて軽量コンパクトなクーラーボックスを選んだりするのも良いですね。

キャンプサイトではかなり目立ちますから、見た目にこだわっておしゃれキャンプの演出に注力しても良いでしょう。

ここでの情報が役立てば幸いです。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風
タイトルとURLをコピーしました