スポンサーリンク

キャンプにおすすめの食器セットランキング!おしゃれで収納に便利な定番商品が人気!

食器かご ディッシュハンガー テーブルウェア・クッカー
スポンサーリンク

キャンプやBBQをするときに、紙皿やアルミ皿で十分という方もいらっしゃいます。

しかし実際、頻繁にキャンプに行くようになると、実は管理が非常に面倒になってきます。

毎度のキャンプで半端に残ってしまう紙皿やアルミ皿を、次の出番用に整理整頓する事や、キャンプの準備のたびに、在庫を確認し不足分を補充するというのが、実はかなり面倒なのです。

エコや雰囲気が理由で食器セットを勧める場合もありますが、私はその利便性を訴えたいところ。

一度、しっかりした食器セットを用意してしまえば、それを荷物に放り込むだけで、忘れ物もなく安心、快適な食卓を作る事ができるのです。

ここでは、キャンプにおすすめの人気食器セットを紹介していきます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

manmaruobake(@puccho22)がシェアした投稿

スポンサーリンク

キャンプ用食器セットの選び方!

ここでは、キャンプ用の食器セットを選ぶためのポイントを紹介いたします。

セットの構成・内容

キャンプ用の食器セットは4人分のものがほとんどで、それ以下の人数用の場合には、単品とケースを別々に購入して自分でセットを作る事になります。

自分でセットをアソートするなら、100均のアイテムを利用したりするのも良いでしょう。

構成はお椀にもなる「ボール」と皿になる「プレート」、場合によっては「コップ」がついてくるものもあります。

ボールや皿は調理のときや、食材のとりわけなどにも使えますので、ベーシックなものをチョイスすれば、スタイルに関わらず活躍できるでしょう。


セリアでも、ほとんど揃う

食器の材質

食器の材質は、プラスチックの「メラミン樹脂」「ポリプロピレン」と、鉄にガラスコーティングをした「ホーロー」、アルミやステンレス・チタンなどの「金属製」があります。

それぞれ、長所と短所がありますので、チェックしておいた方が良いです。

メラミン樹脂製

なんといっても軽くて丈夫。

給食の食器にも使われているくらいで、子どもたちにも安心して使わせられます。

見た目もカラフルなものが多く、キャンプ用の食器を検討するなら最初にチェックしたいアイテムです。

親油性が高く油汚れが落ちにくいのが難点です。

ポリプロピレン製

メラミン樹脂よりも、柔らかいプラスチックです。

なんといってもコスパが良く、最初にそろえるのに最適な食器セットです。

色が単調なものが多く、チープな感じが否めないのと、熱に弱く焦げた串でも跡が残ってしまう事があったり、長持ちはしません。


燻ぶった串先で溶けてしまった皿底

メラミンよりも油汚れが落ちにくく、お湯が使えないキャンプ場のシンクでは、なかなかきれいにしきれない場合があります。

ホーロー

鉄などの外側にガラス質のコーティングを施してある食器で、見た目が良く風合いも陶磁器に近い大人のアイテムです。

衝撃に弱く、「欠け」てしまう事がありますし、重いものが多いのでお子さんが使うのには、あまり適しません。

コスパも悪いセットが多いようですね。

金属製

アルミやステンレス・チタンなどの食器です。

耐久性や耐熱性は最強で、高級感も悪くはないのですが、金属製の食器は使用感で好みがわかれるところです。

特に、カトラリーも金属だとカチャカチャ音が気になりますし、プラスチックやホーローに比べ熱伝導が高いので、熱い汁物を持つときに注意が必要になります。

収納サイズ・スタッキング

ファミリーキャンプで車で行くようなスタイルであれば、食器セットの収納サイズで差が出るような事は少ないかと思います。

重要なのは、専用ケースの有無とその中でのスタッキングです。

ケースはあるものの、ケース内でガチャガチャしてしまうものや、スタッキングしても動いてぐちゃぐちゃになってしまうもの、きんちゃく袋のような収納でまとまりが悪いものなどは扱いにくく、おすすめ度は下がります。

初めての購入・初心者向けの食器セットの選び方!

最初は、ボウルと皿とカップがセットになっているもので、ポリプロピレンのものをおすすめします。

このセットは、コスパが非常に高く、紙皿やアルミ皿の延長線上で代替えできますので、使用に違和感がありません。

もう少し、しっかりしたものが欲しければメラミン樹脂のものがよいですが、一度コスパの良いものをつかって、自分のスタイルに合ったものを検討していったほうが良いかと思います。

最初に買ったセットも、ゲスト用にしたり、洗い物が大変なときにサブで出してみたりと活躍の場はありますから、あまり悩まなくても良いかもしれません。

スポンサーリンク

キャンプにおすすめの食器セットランキング!

ここからは、キャンプに便利な食器セットを材質別に紹介していきます。

ソロやツーリング、少人数キャンプで、荷物の量の制限が厳しい場合には、ひとつづつ自分で選ぶというのも良いですが、普通のキャンプであれば、少人数でも多めの食器があると、洗い物などの回数が減らせて便利です。

メラミン樹脂製

メラミン樹脂の食器の取り扱いが楽で、子どもにも安心して渡せます。

プラスチックのなかでは、高温にも強めで強度もあります。

親油性が高く、油汚れが落ちにくいのが、キャンプ場の炊事場では結構きついポイントです。

1位:コールマン メラミンテーブルウェアセット

楕円のプレートは、カレーなどにも使いやすく、専用収納ケースも分割してしまう構造になっていて、ガチャガチャ言わないようにスタッキングできます。

初めて購入するならベストアイテムだと思います。

サイズ:ケース/35×27×19(h)cm、プレート/直径25×3(h)cm、ボウル/直径15×5(h)cm、カップ/直径9×6.5(h)cm
質量:2.25kg
材質:食器類/メラミン樹脂、ケース/ポリエステル
セット内容:ケース、プレート×4枚、ボウル×4枚、カップ×4個

2位:チャムス(CHUMS) 食器セット メラミンディッシュセット

おしゃれでかわいい、チャムスの食器セットです。

絵柄も数種類あって、映えを狙うにはもってこいです。

しかし、コスパが悪くかわいい分だけ、高価になっていますし、収納が若干無茶です(笑

ディナープレート : 直径約26.5cm・サラダプレート : 直径約22.5cm・スープボール : 直径約14.5×高さ7.5cpm・収納ケース : 直径約29.0×高さ20.0cm
耐熱温度 : 90℃・耐冷温度 : -10℃

3位:ロゴス ナバホ パーティー箸付き食器セット

ロゴスのメラミン食器セットは、箸もついてきてセットの充実度は高いです。

しかし、収納がきんちゃく袋式なので、パッキングや移動にはかなりマイナスになります。

●総重量 : (約)2.5kg
●収納サイズ : (約)幅31×奥行23×高さ13cm
●セット内容 : プレート×4pcs、ボウル×4pcs、コップ×4pcs、箸×4pcs
●主素材 :[食器]メラミン樹脂 [収納袋]ポリエステル

ポリプロピレン製

ポリプロピレン製は、柔らかく薄く軽量です。

親油性が高く、油汚れはメラミン樹脂より落ちにくい感覚です。

コスパに優れ、最初に買うのにも、サブとして使うのにも最適なセットですが、熱に弱く例えば焼き鳥の串先がくすぶっているものを、ボウルにいれただけで溶けてしまう事もありますから、その辺は注意が必要です。

1位:山善 キャンパーズコレクション デイパーティー食器セット

どんぶりとカップのほか、ディッシュが2種類とスプーン・フォークまで付属しており、これだけでほとんどの状況に対応できるでしょう。

油汚れを落とすのに、キャンプ場では難儀するのと、見た目が若干チープなのが欠点ですが、私もこのタイプのものを最初に購入し、今でもゲスト用として重宝しています。

内容:どんぶり×4 パーティカップ×4 ランチ皿×4 カレー皿×4 スプーン×4 フォーク×4
材質:ポリプロピレン

2位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 食器セット

上記のキャンパーズコレクションと同等のセットですが、ランチ皿の代わりにボウルがセットになっており、焼き肉をたれで食べる事が多かったりする場合には、こちらのほうが便利です。

 

 

セット内容:深型プレート4、丸型カレー皿×4、どんぶり×4、スタッキングカップ×4、スプーン×4、フォーク×4、キャリングケース×1 収納サイズ(約):360×115×高さ300mm セット重量(約):1.5kg

3位:ロゴス(LOGOS) 食器 箸付きディナーセット4人用

ポリプロピレンの食器セットの中では、フォークの代わりに箸もついてきて構成が充実しています。

セット内容だけでみれば、トップレベルなのですが、このカラーリングで損をしているイメージです。

総重量:(約)1.0kg
サイズ:[コップ](約)直径8×高さ8.7cm [ボウル](約)直径12×高さ5.5cm [プレート大](約)直径22cm [プレート小](約)直径18cm [箸](約)長さ19cm [スプーン](約)長さ15.5cm
収納サイズ:(約)幅20.5×奥行20×高さ21.5cm
容量:[コップ](約)300ml [ボウル](約)370ml

4位:INOUE(イノウエ) パーティー用プラ食器6人用セット

6人分のカラフなでおしゃれでかわいい食器セットです。

収納ケースや袋が付属しないのが致命的ですが、自分で入れるケースを探せるなら、多人数のパーティキャンプにも安心ですし、カラーリングで誰が使ったのかもわかります。

セット内容:丸皿(直径210×40mm/容量820ml)×6、角皿(145×255×40mm/容量680ml)×6、ボール(直径138×63mm/容量610ml)×6、マグ(直径80×73mm/容量235ml)×6、スプーン&フォーク(全長180mm)×6
材質:ポリプロピレン

ホーロー製

ホーローは、鉄にガラスコーティングを施した構造で、ガラス食器や陶器に近い触感です。

油汚れも落ちやすく、熱にも強くて耐久性も高いのですが、衝撃で「欠ける」事が多いため、大人向けのアイテムといえます。

重量も重くなりがちなので、子ども用には向きません。

また、欠けるという事を考えるとパッキングや移動にも、それなりに気を使います。

1位:Coleman(コールマン) エナメルディッシュウェアセット

白地にフチがシルバーと見た目もおしゃれな、ホーロー食器セットです。

プレート・ボウル・マグと基本的な構成ですが、逆にそれが使いやすいでしょう。

収納ケース内へのスタッキングで、マグの入れ方に若干難を感じます。

神経質な方は、クッション材にタオルなどを一緒にいれるのも手かもしれません。

重量:約2.2kg
材質:本体/ほうろう、縁部分/スチール
セット内容:プレート×4、ボウル×4、マグ×4、収納ケース

2位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ウエストホーロー食器セット

ケースが、ポリプロピレンの食器セットと同様で、若干チープさを感じますが、ホーロー食器セットとしてはコスパの高いアイテムです。

ホーローのボディにステンレスのフチ巻が施されており、食器のヘリの欠けを防止しているようです。

サイズ:(約)ラウンドプレート22cm:外径221×高さ34mm、ボール15cm:外径160×高さ58mm、マグカップ350mL:外径90×高さ70mm(取っ手含まず)、キャリングケース:360X115×高さ300mm
収納セットサイズ:(約)360X115×高さ300mm
セット重量:(約)2.8kg

3位:GSI 食器 パイオニア キャンプセット

食器だけではなく、クッカーやパーコレーターも付属している贅沢セットです。

やはり、収納ケースが付属していなく、クッカーやパーコレーターはバラバラに持っていく事になりそうなのが欠点ですが、クッカーやケトルの購入も検討しているという人であれば、オススメのセットです。

 

金属製

金属製の食器は、強度や耐久性・耐熱性も抜群で、汚れ落ちも良く、性能面で最高レベルです。

しかし、金属製のフォークやスプーンと金属製の食器のこすれる音や感触を嫌がる人も多く、コスパの悪さもあってか、思っているほど人気商品とはなっていないようです。

しかしやはりメリットが大きいですから、一生使うつもりで購入するなら検討にあげてみたいセットです。

1位:スノーピーク(snow peak) テーブルウェアーセット L ファミリー

かなり高額にはなりますが、キャンプ人生中に壊れる事は無いでしょう。

4種類の器が4人分美しくスタッキングされます。

収納ケースが巾着袋なのと、重量がヤバメなのでソコは覚悟が必要です。

サイズ:プレートL/φ212×18mm、ディッシュ/φ209×40mm、ボールL /φ180×46mm、ボールM/φ141×53mm
重量:1,760g
セット内容:セット内容:プレートL、ディッシュ、ボールL、ボールM(各サイズ4枚セット)
材料:ステンレス(18-8、0.4mm厚)

2位:MAGNA(マグナ) ステンレス食器セット

コスパの良いステンレスの食器セットで、6種類のボウルや皿が揃っています。

枚数が多いと、洗い物の回数も減らせるのでそれだけでも便利ですし、何より収納ケースもしっかりしていて、かなりオススメのアイテムです。

ステンレ食器セット 6種類 合計24枚セット
21cm 3.5cm 深皿 大 4枚
19.5cm 3cm 深皿 小 4枚
18cm 3cm 平皿 大 4枚
16cm 2.5cm 平皿 小 4枚
15.5cm 5cm ボール 大 4枚
13.5cm 5cm ボール 小 4枚

3位:Keith キースチタンプレートキャンププレート屋外用食器セット

こちらは、同じ大きさの皿が1枚づつしかありませんが、幅広い大きさのボウルを7種類積み重ねた「チタン」食器セットです。

チタンだけにかなり高額になってしまいますが、人とちょっと違ったものを使いたいというのであればオススメです。

大きさが少しづつ違うので、スタッキングは他のセットの追随を許しませんし、何よりチタン製という事で、ステンレス製とは比較にならないほど軽量です。(7枚で343g)

材質:チタン
サイズ:正味重量:
(D)113x(H)28mm 30g
(D)123x(H)28mm 37g
(D)139x(H)28mm 46g
(D)150x(H)28mm 50g
(D)158x(H)28mm 53g
(D)170x(H)28mm 57g
(D)180x(H)28mm 70g
スポンサーリンク

キャンプにおすすめの食器セットのまとめ!

キャンプにおすすめの食器セットを紹介してきました。

大人のキャンプには、金属製の食器やホーローなどでおしゃれに演出したいところですが、子どもと一緒のファミリーキャンプなどでは、プラスチック製の使い勝手が良いです。

紙皿やアルミ皿の片づけや保管・在庫補充を毎回するくらいなら、セットを作ってしまったほうが結局楽ちんですから、ぜひ食器セットの導入を検討してみてはいかがでしょうか?