スポンサーリンク

灯りに群がる虫どもは、ランタンと虫除けオイルで対策を!

ランタン
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプ場での虫対策

キャンプ場での虫さされ対策の基本は虫除けスプレーで個別にガードです。
もちろん、蚊取り線香やハッカ油での虫除けもかなり有効ですよね。
また、特に夜間はランタンやライトの灯りに虫が寄ってきますので対策は必須と思いますが、そのランタンやライトで直接虫対策ができるアイテムもあります。
ここではより積極的な虫対策グッズを紹介いたします。

ランタンとオイルで虫除け

一番楽しく積極的にできる灯りを用いた虫除けです。

ランタンは灯油を利用できるものを使用し、オイルはパラフィンオイルを始めとする虫除け効果のあるものを使います。灯油ランタンにはアロマオイルを使う事ができるものがありますが、要領は同じです。


ハリケーンランタンと防虫オイルのセット

Amazonで見る

楽天市場で 見る

ただし、ペトロマックスのようなマントルランタンはNGです。高温でオイルを気化させて燃焼させる機器では、虫除け成分が熱と燃焼で飛んでしまい効果がありません。

 

オイルランタンオススメ厳選3

キャンドルランタンのような炎を楽しめる芯式のランタンと虫除けオイルを活用しましょう。

フュアーハンドランタン

ハリケーンランタンのど定番です。ハリケーンランタンは芯が燃料を吸い上げそれを燃やす伝統的なランプですが、火屋内の上昇気流と対流で生まれる下降気流の流れを分けるように、両脇の取ってのような台座の中を冷たい新鮮な風が下っており理想的な燃焼を実現しています。
上部の吸気・排気を兼ねる開口部に強い風が吹き込んでも火屋への上からの風圧とパイプを通った新鮮な空気との風圧が均衡して炎を吹き消さず嵐の中でも消えないというシンプルかつ際立ったギミックが特徴の名品です。
ハリケーンランタンも色々ありますが、1台目に手に入れるならフュアーハンドで間違いないでしょう。

マイナーズランプ

マイナーズはマインする人のランプ、マインクラフトで耳なじみの鉱山夫御用達のアイテムです。過酷な状況下で長時間トラブルなく使えるようにつくられたシンプルなランプはアウトドアにもドンピシャです。
雰囲気重視なら検討のテーブル上がってくる逸品です。
難点は小型で燃料タンクも小さいということ。ハリケーンランタンの1/10程度の容量で5時間ほどしかもちません。


 

キャンプグリーブ

アンティーク調、レトロ調を最大に表現したランプですが、れっきとしたアウトドアメーカーが手掛けており、キャンプ用途での使用を考えられてます。
テーブルランプをキャンプに持ち出すという手もありますが、ここではあえてアウトドア用途のものをピックアップしておきます。

おすすめ防虫オイル3種

防虫オイルはパラフィンオイルがメインです。

 

ムラエ アロマ防虫オイル

一番メジャーな本命パラフィン系オイルです。
価格帯を考えると1L以上のものしか現実的はありません。ユーカリやミントなど防虫効果が高い天然ハーブで食品まわりで使っても安心です。

 

ロゴス アロマランプオイル

ロゴスのアロマランプオイルは防虫効果もうたっています。その有効成分はシトロネラというハーブ。臭いは好き嫌いが分かれますが結構強めなハーブ特有の香りです。

キャプテンスタッグ 虫よけパラフィンオイル

ロゴスと同等のメーカーですが、こちらは明確に虫除けをうたっています。
真偽はわかりませんが白灯油の2倍の明るさと書いてあります。
パラフィン系オイルは灯油とは組成が違い、いわば液体のろうそくです。灯油に比べてすすが少なく火屋が汚れにくいのもうれしいですね。

 

おすすめはムラエですが、好みの香りなどもあると思いますので試してみるのが一番です。

 

 

虫除けキャンドルで虫除け

虫除けキャンドルも楽しみながら虫除けできる灯りとして重宝します。めちゃめちゃに溶けてしまう可能性もありますが、花火のときも出番としてぴったりです。

 

虫よけキャンドル おすすめ3選

ロゴス アロマキャンドル

バケツタイプのアロマキャンドルはそのまま花火の着火用としても使えます。

キャプテンスタッグ 虫よけキャンドル

キャプスタの虫よけキャンドルは土器っぽい陶器製。この辺は見た目の好みですね。
パラフィンワックスが虫よけの主成分なので効果は期待できます。

 

カメヤマ シトロネラキャンドル

虫が嫌うと言われているシトロネラオイルが配合されています。効果もさることながら見た目の雰囲気で選ぶ人も多いキャンドルです。

基本のランタン虫対策

基本中の基本ですが、虫はより光量の多いところに惹かれていきます。

よく使われのは、少し離れたところに大光量のランタンを設置し、食卓やタープ内には光量の控えめなランタンを使う方法です。

離れたところの大光量ランタンには、マントルタイプのランタンがおすすめです。我が家では長年ペトロマックスがこの役割を引き受けてくれており虫まみれです・・

 

ランタンが虫を殺す?殺虫ランタン

アウトドアの光源のなかには、なんと殺虫を目的としたものもあります。

情緒的には受け付けない方もいると思いますが、虫の好きな波長の光源ともなっていますので虫を惹きつけるための灯りとしては優秀です。

モスキーランタンは、紫外線で虫を呼び込み電気で退治・撃退します。LEDもついてるので普通に明かりとしても使えます。
バチバチという音で虫を殺していく様は好き嫌いが分かれるところですが、田舎の殺虫灯を知っている方ならむしろおなじみかもしれません。

テント内の虫退治につかえますが、そもそも虫を寄せる光源なので密閉状態をしっかり作って使うか離れたところで集虫用に使うか用途が分かれます。

 

MOSKEE LANTERN/モスキーランタン BLUE/GREEN

 

虫がよりにくいランタン

殺虫目的の灯りの逆の発想で虫が寄りにくいランタンもあります。

テーブルランタンで雰囲気より実用性重視なら、かなりおすすめ度の高いアイテムです。

有名なのはSOTOの虫のよりにくいランタンです。
オレンジ色の明かりが、虫が好む紫外線を抑えてその効果を発揮します。

 

 

最後になりますが、アウトドアでの虫よけの基本は防虫スプレーです。
ハッカ油なども手首にちょんちょんとつけるのが最も効果的です。
虫よけの手段は蚊取り線香などもありますので楽しみながら併用してください。