スポンサーリンク

人気の固形燃料コンロ・ストーブおすすめランキング2021 比較方法やキャンプ初心者の選び方と口コミ・アウトドアレビューも!炊飯調理に軽量コンパクトなバーナーを!

キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプで固形燃料をメインで使われる方は少数派かもしれませんが、液体の燃料のように漏れたりせず携帯や保管がしやすい事や、見た目・使い方の面白さで、興味を持たれることも多いと思います。

特に、個性の目立つ組み立て式のストーブや、個体がそのまま燃える様が面白く感じますよね。

でも、いざ固形燃料コンロ・ストーブを購入しようとすると

「固形燃料コンロ・ストーブが色々あって選べない」
「初めてでも失敗しない固形燃料コンロ・ストーブが欲しい」
「固形燃料コンロ・ストーブのおすすめアイテムを知りたい」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは、

・固形燃料コンロ・ストーブの比較方法と選び方
・初心者向きの固形燃料コンロ・ストーブの特徴
・固形燃料コンロ・ストーブのおすすめランキング

について紹介していきます。

 

ランキングに飛ぶ

スポンサーリンク

固形燃料コンロ・ストーブの比較方法と選び方

ここからは、固形燃料コンロ・ストーブの比較のポイントや選ぶときの基準などについて紹介していきます。

固形燃料のタイプと種類

固形燃料は、主に大きくタブレットタイプとメタノール系卓上コンロタイプがあります。

また、缶にメタノール系の固形燃料を充填したものもあり、燃料の種類によって適切なストーブ・コンロも変わってきますので、最初にこの燃料のタイプを選んでおくのが良いでしょう。

タブレットタイプ


出典:Amazon

 

主にエスビットがこれにあたります。タブレットタイプの固形燃料は、火力が強めで燃焼時に液状化せずに、周囲に流れたり、ストーブを汚したりしないのがメリットです。

また、成分(ヘキサミン(ヘキサメチレンテトラミン))が安定しているので、揮発してしまう事もなく、保管も用意です。

良い事ばかりのようですが、ややコスパが悪いことと、煤が多いこと、非常に強い臭いがするのがネック。

特に、臭いはどうしてもダメという方もいるほどです。

メタノール系卓上タイプ

出典:Amazon

 

良く旅館や料亭でも使われているような、卓上コンロタイプで用いられる固形燃料です。

常温で揮発するため、放っておくと使えなくなったり、燃焼時に液状化するのでアルミで受けるなどの工夫が必要など、やや扱いに難があります。

でも、室内でも全く問題なく使えるほど臭いがしなく、香りが大事な料理を作る際にも邪魔になりません。

コスパも高く、大量販売もされています。

缶入り固形燃料

出典:Amazon

 

缶自体が、ごとくとストーブの役割も果たすため、実質オールインワンです。

燃料自体はメタノール系で揮発したりしますが、しっかり缶の蓋を閉めれば大丈夫ですし、扱いについてもメリットが多いです。

難点は、クッカーを選ぶことで、缶に乗るものしか使えないのがネックです。

五徳・風防

出典:Amazon

 

固形燃料は、残念ながら風には弱い燃料です。

この弱点を補うために、風防や風防の機能を備えた五徳がついているストーブがあります。

五徳も、大きさや形状によって、使えるクッカーを選びますので、自分の使いたいアイテムとの相性は重要です。

燃焼時間

基本的に固形燃料は、その大きさ・重さに燃焼時間が比例します。

同じように見える、卓上コンロタイプの固形燃料でも大きさ・重さが色々ありますし、タブレットタイプのものであれば、個数で火力や燃焼時間を調整します。

重量・サイズ

出典:Amazon

 

固形燃料ストーブの大きな魅力のひとつに、軽量・コンパクト性があります。

燃料そのものが、構造のほとんどを占める固形燃料ストーブは、まさに最軽量候補。

ポケットストーブなどでは、折りたたんで非常に小さくなるものもありますから、コンパクト性にこだわって選ぶのも面白いです。

スポンサーリンク

初心者向きの固形燃料コンロ・ストーブの特徴

慣れないうちでも失敗しにくいのは、やはり一式セットになっているものでしょう。

特に、五徳と風防は専用のものが最初から揃っているほうが失敗しません。

エスビットのポケットストーブは、それ単体で五徳・風防・ストーブの機能を果たしますし、メスティン系のクッカーがセットになっている、アウトドアクックセットも、慣れないうちでも扱いやすくおすすめです。

出典:Amazon

 

スポンサーリンク

固形燃料コンロ・ストーブのおすすめランキング

ここからは、固形燃料コンロ・ストーブのおすすめアイテムについて紹介していきます。

一部、独断と偏見で、ストーブ本体・五徳などと、固形燃料を組み合わせて紹介していきますが、そのセットで使わなくてはならないというものではないので、参考として見ていただければと思います。

1位:Esbit(エスビット) ポケットストーブミリタリー

言わずと知れた固形燃料の代名詞です。

折り畳み式のポケットストーブは、BOOK型にしまうとその名のとおりポケットに入るほどのコンパクトさで、組み立ても簡単。

しかも、単なるごとく&風防の機能だけでなく、上昇気流が生まれるようにしっかり工夫された吸気口を備えたりしています。

燃料としてのエスビットもとても優秀で、揮発性がないので保管が簡単、燃焼時の煙や液状化による汚れもなく高カロリーと、弱点無しのスペックを誇ります。

迷ったら、こちらを購入すれば間違いないでしょう。

原産国:ドイツ
サイズ:収納時10cm×7.7cm×2.3cm
本体重さ:85g
固形燃料重さ:84g
付属固形燃料:14g×6個
素材:亜鉛メッキ鋼/燃料ヘキサミン

■口コミ・レビュー
非常時の飯炊きに使うつもりでメスティンと共に買いました。お試しで飯を炊いたころ、これがうまい! しばらくこれで飯を炊くことにしました。
検討段階ではアルコールストーブも候補に入っていましたが、Youtubeを見て、固形燃料のほうが保存・取扱いが楽だし、キャンプするわけじゃないのでアルコールストーブは大げさだと分かり、エスビットにしました。これでよかったと思います。
出典:Amazon

サイズ:高さ15mm×幅78mm×奥行68mm
燃焼時間:1tab約6分
素材:ヘキサミン

■口コミ・レビュー
特徴:爆発性なし、燃焼時液体化なし、スパークなし、高カロリー7000kcal/kgs、燃え残り灰ほとんどなし、目に見える煙なし、通常使用無毒(極端な使用状況では健康被害がある場合がございます)固形燃料は火力が一点に集中しやすいとのことなので、3つくらい少し大きめのポケットコンロに入れてしまったので…別に火力の弱さ・風への弱さは感じなかった。
パックに入ってるので防水性も問題ないと思うし、すぐ火がつくので使いやすい。
臭いというレビューが散見されるが、たしかに開封しなくてもなんか臭くて楽しい。楽しいっていうのはこの臭いが火力を期待させる感じがするから。SNSでも香ばしいアカウントはよく燃えるでしょ?よく燃えるものは臭いんですよ!
出典:Amazon 

2位:vargo(バーゴ) チタニウムコンバーターストーブ T-307

バーゴのチタニウムコンバーターストーブは、アルコールストーブとしても、固形燃料ストーブとしても活用できるマルチアイテム。

大人気のウッドストーブ内に入れると、めちゃくちゃカッコイイおしゃれストーブになるので、地味に人気となっています。

お湯を沸かすだけの目的では、正直機能性が劣る部分もありますが、やはり何より道具としての所有欲を満たしてくれますし、一式揃えれば、アルコールバーナーもウッドストーブも一台で楽しめるのが魅力です。

ストーブ本体直径:61mm
ストーブ本体高さ:22mm
スタンド直径(使用時):107mm
スタンド高さ:51mm
重量:48g

■口コミ・レビュー
同社のチタン製のウッドストーブに入れて使用してます。火力もまずまずです。この組み合わせで使用すると、かっこよさにほれぼれします。
出典:楽天市場

【サイズ】D76(上部)×D127(底部)×H101mm
【重量】116g

3位:ロゴス(LOGOS) マイクロステンコンロ +タブレット専用燃料

アウトドア用品大手ロゴスのステンレスコンロと専用固形燃料タブレットは、ブランドや見た目よりも、コスパと性能に優れたまさに実力派です。

道具は、ガシガシ使って使い倒したい派にはピッタリの固形燃料ストーブでしょう。

価格と性能のバランスが良いステンレス製。燃料は、エスビットと同じヘキサミン系ですが、弧舗装されていたりと、日本人好みの仕様となっています。

総重量:(約)160g
サイズ:(約)8.6×8.6×5.5cm
収納サイズ:(約)8.6×8.6×2.5cm
構成:コンロ本体、燃料受け皿
主素材:ステンレス
ポケットサイズのコンパクトコンロ
耐久性の高いステンレス製

■口コミ・レビュー
純正の固形燃料では、コーヒー一杯の分のお湯が沸騰しない、なおかつポットが汚れる。
使えんなぁと思ってたら、チタン五徳をちょっと改造してベアリングしたら、百均の固形燃料がピッタリになりました。
軽いし、ステンやから洗えば綺麗なまま、形が正四角やから五徳も安定してます。
私にとっては、ガス、アルコール、とで行くところに合わせて使えるので本当に重宝しています。 
出典:Amazon

商品サイズ (幅×奥行×高さ) :70mm×40mm×120mm
内容量:12個

■口コミ・レビュー
扱い易い火力で満足しています。
缶詰めを温めたりするのに重宝すると思います!
出典:Amazon

4位:NITINEN(ニチネン) 缶入り固形燃料 屋外用トップ丸缶

オールドストーブの雰囲気抜群のこの缶入りタイプこそ、ザ・固形燃料と感じる人も多いでしょう。私も、子どもの頃に親父が使っていたのを覚えています。

燃料そのものに、最低限のごとくが付いただけのシンプルなつくりで、ある意味最軽量ストーブといえるでしょう。

色々ストーブ・バーナーを持っている人でも、このトップ丸缶は別腹で購入しても楽しめると思います。

本体サイズ:直径13.9×高さ7.5cm
容量:600g
燃焼時間:約110分

本体サイズ:直径10.2×高さ6.5cm
容量:250g
燃焼時間:約150分

■口コミ・レビュー
40年程前のバイクキャンプツーリングにはよく使っていました。
飯盒でご飯を炊いたり、缶詰を温めたり……、久しぶりに使ってみるとお湯を沸かすにも時間がかかりました。
ガスコンロに慣れてしまったんでしょうね。
緊急用や趣向を楽しむ用にはいいかもですね。 
出典:Amazon

5位:MGTRAIL 固形燃料五徳 + ニチネン固形燃料 15g

キャンプツーリング用品専門店のMG TRAILがリリースする、固形燃料五徳は、カーブが美しく雰囲気抜群のフォルム。

この五徳は固形燃料を選びませんが、国内シェアNO1の大手「ニチネン」の卓上メタノールタイプのものがばっちりです。

この組み合わせなら、室内で使っても違和感ありませんね。

重量:102g 
寸法:一辺75mm/高さ75mm 
板厚:0.5mm 
素材:鉄 付属品:収納ケース

■口コミ・レビュー
アルストを溝にセットして組み立て、鍋で袋ラーメンを作っての感想です。
湯が沸騰し麺を投入。(その頃アルストは本燃焼、炎は約20cm)
麺を湯がいていると沸騰し吹きこぼれそうになる。(火力調整をしたい)
五徳とアルストの隙間があまりないので、消火のことを考えると、火力調整したフタを入れられない。(レザーマンがあれば可能かもしれませんが)
仕方ないので鍋を持ち上げて火力調整しました。(結構しんどい)

そこで、次からは溝にアルストを入れず、アルストを直置きして、
五徳は一辺を開けた状態で火力調整できるようにして、使用したいと考えています。
固形燃料の皿も’溝に入れず皿を直置きし、五徳を乗せれば問題なく使えそうです。

但し、カップ麵を作る場合の湯沸かしには最適(星5)です。
出典:Amazon

【燃焼時間目安】 約16分 ※周辺の環境・コンディションにより前後いたします。
日本メーカー製。大手ニチネン製の商品だから安心安全の品質を保証。
1袋(20個入り)
国内シェア「No.1」の固形燃料。小分けタイプの小袋販売です。

■口コミ・レビュー
エスビットの固体燃料は煤けるので、器具を洗うのが手間だし、部屋で使うと漂う臭いや浮遊する煤が困りもの。
比べてこれは旅館や料亭でも使われるものだから安心です。
本格的な料理なら25gの方が火力も燃焼時間もあって良いのだろうが、私はこれを昔ながらのエスビットのコンロと一人用のエスプレッソ(マキネッタ)で使うので、15gでも十分すぎるほどでした。
因みに、15gのトップトレーパックA-15gで一人用マキネッタ抽出(55cc)が気温12度の室内でも2分程度で完了します。
なお、毎回燃え尽きさせるのはもったいないので、丁度いいアルミネジ付き缶で密閉保存していますが、これが上手いことにエスビット・コンロを折りたたんだ空間に2個分内臓出来ます。
これからはこの組み合わせで色んな野外メニューにも挑戦してみようと思います。
出典:Amazon

6位:エスビット(Esbit) アウトドア クックセット 1100ml

メスティンタイプのクッカーがセットになって、炊飯にも便利な固形燃料&クッカーセットです。

米なら3号合近く、袋めんもバッチリ作れると口コミにもありますから、ソロキャンプやツーリングでとても便利に活躍しそうですね。

メスティンとストーブをばらばらに買うより全然おすすめですね。

サイズ:収納時H72x187x147mm
容量:1100ml
重量:390g
付属:メッシュバッグ

■口コミ・レビュー
家庭以外に車中飯や車中泊に使っています。
車内で火を使うときには安全第一。チョット手があたったりして倒れたりしたら、火傷したり大変です。ところが人気のクッカーなど実は縦型が多くて、不安定です。
そんな中で、メスティンとエスビットのポケットストーブを使っていましたが、このエスビットを見つけてからはこちらがメインになりました。アルミ鍋なので熱伝導率も良く、何より安定性抜群ですから。
出典:Amazon

サイズ:高さ15mm×幅78mm×奥行68mm
燃焼時間:1tab約6分
素材:ヘキサミン

7位:キャプテンスタッグ (CAPTAIN STAG) ファイアメイト固形燃料

こちらも、缶入りタイプの固形燃料です。

ニチネンのものと同等品ですが、キャプスタ製品なので、スポーツ用品店などではこちらのほうが手に入りやすいかもしれません。

製品サイズ : 外径138×高さ78mm
材質 (品質) : 主成分 : アルコール (メチール) 、油質
燃焼時間 : 約1時間 (ふたの上部についてる小口径の中ぶたを用いると約2時間燃焼します)
原産国 : 日本

製品サイズ : 外径100×高さ66mm
材質 (品質) : 主成分 : アルコール (メチール) 、油質
燃焼時間 : 約1時間 (ふたの上部についてる小口径の中ぶたを用いると約2時間燃焼します)
原産国 : 日本

■口コミ・レビュー
使えます
大型なので重宝します。おすすめです。
本当に大きいので用途は気をつけてくだだい
出典:楽天市場

8位:Esbit(エスビット) チタニュームストーブ

見た目が非常にユニークなエスビットのストーブで、五徳にトレイがセットになっているような構造です。

見た目どおり、風には弱いので適時風防が必要になります。

変わったもの好きなら気になるアイテムですね。

サイズ:収納時84mm×29mm
本体重さ:15g
素材:チタニューム

■口コミ・レビュー
さすがチタンだけあって、超軽量!五徳も畳んで仕舞えば、嵩張らないし気にもならない。携帯燃料も袋の中に入れて、カップの中に入れてデイキャンプ程度なら、これで十分。難点は、風の影響をモロに受ける為、風防は必需品です。後は、軽量がゆえ外からの動的な力を受けると、簡単に転けてしまう為、取り扱いには注意が必要です。
出典:Amazon

サイズ:高さ15mm×幅78mm×奥行68mm
燃焼時間:1tab約6分
素材:ヘキサミン

9位:前田家固形燃料用受け皿+カエンニューエース

アルミ合金製の固形燃料用受け皿で、ストーブや五徳の汚れ防止に活躍します。

固形燃料の老舗メーカー「ニイタカ」のアルミ箔付フィルム包装固形燃料「カエンニューエース」がばっちりフィット。

この組み合わせなら、様々なストーブ・コンロに対応できますし、室内・テーブル上での固形燃料の使用にも安心感が高まります。

■口コミ・レビュー
丈夫で危なくないのがいいなと思いました。
つくりもしっかりしてる分、少し重量感あります。
そこが安心でした。 
出典:Amazon



(25g)/18.5分-25分
(30g)/18.5分-26分 
(40g)/19.5分-26.5分

■口コミ・レビュー
20g、30g、40gと迷いましたが、40g×40個入りを購入しました。価格は40個入りでも200円くらいの差なので、迷っている方は30gか40gを購入されたほうが良いと思います。燃焼時間もですが火力が違います。40gをブッシュボックスLFで使ってますが、野外で使うと燃焼時間は約20分、1Lの水を10分ほどで沸騰させます。ラーメンを作って、コーヒーを入れられるくらいの燃焼時間です。何より、薪や枝を燃やすとコッフェルがススでまっ黒ですが、固形燃料だと汚れません。私の場合は40gで大正解でした。
出典:Amazon

10位:パール金属 ミニ ピザ 窯 オーブン + カップ付固形燃料30g

パール金属からリリースされる異色の固形燃料機器です。

要するにピザ窯なのですが、焼き物はもちろん、ちょっとしたオーブン料理も楽しめるというユニークなアイテム。

お子さんと一緒に楽しんだりと、グルキャンやパーティで大活躍です。

また、パール金属のメタノール固形燃料は、個包装がしっかりしており、長期の保存にも安心です。

サイズ:(約)幅320×奥行170×高さ235mm
本体重量:(約)2.3kg
材質:オーブン本体・穴明きプレート/鉄(焼付塗装)、ピザプレート/鉄(シリコーン樹脂塗装)、ふた/陶器、燃料入れ/ステンレス鋼、ピザターナー/アルミニウム・ナイロン(耐熱温度180度)、木台・ふたのつまみ/天然木

■口コミ・レビュー
固形燃料の熱源なので火力は少なめ。冷凍ピザを焼き上げるだけの火力はありません。
業務用スーパーから手のひらサイズのピザを購入して解凍してから焼きましたが
冷凍食品は解凍すると水分が出るので焼くのに火力が必要になり生焼け状態でした。
チルドタイプでも生地が厚いと火が通らず底は焦げているのに上まで火が回らないという状態でした。

いろいろ試行錯誤した結果、6枚切りのピザパンなら上手に焼き上げることができました。
ピザ生地を準備する必要もなく具材の水分だけ気をつければ固形燃料でも短時間で焼き上げることができます。

パンを使用して作れば子供さんといっしょのホームパーティでも十分楽しいです。
チョコ+バナナ・プリン・マシュマロなどおやつっぽいピザパンも作れます。

工夫次第でいろんなピザが楽しめる面白い卓上ピザ釜です。
出典:Amazon

製品サイズ:(約)外径50×高さ35mm
本体重量(kg):0.3
主成分:メタノール
原産国:日本

■口コミ・レビュー
個包装なので、保管がききます。休みの日に炭への火起こしに使用するので、保管重視で購入しました。 
出典:Amazon

11位:ドウシシャ 鉄焼プレート じゅーじゅー厚焼き

こちらも面白グッズで、厚手の鉄板がセットになった固形燃料コンロです。

もちろん、五徳に合うサイズであればクッカーも使用できますので、ツーリングキャンプなどでは意外に活躍する場面もあるかもしれません。

ソロキャンでお手軽に肉を焼きたいなら、面白い選択肢です。

 

サイズ(約): 13×12.5×9.7cm
素材:プレート(鉄)、専用丸型コンロ(スチール)、土台(天然木)
固形燃料(別売り)

■口コミ・レビュー
十分に厚みのある鉄板で肉も野菜もいい味に焼ける。厚みのある分熱くなるまでに時間がかかるので、家での使用の時にはガスレンジで温めてから使うと、すぐに焼ける。
メンテナンスも楽でいい。
重量があるので登山には持っていけないね。
出典:Amazon

スポンサーリンク

固形燃料コンロ・ストーブのおすすめのまとめ

固形燃料コンロ・ストーブの比較方法や選び方と口コミ・レビュー、おすすめアイテムなどについて紹介してきました。

使ってみると意外と実用性も高い固形燃料ですが、もちろん火器としての面白さや道具としての魅力にも溢れています。

ガスコンロなどに飽きてきたら、ぜひ試してみてください。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風
タイトルとURLをコピーしました