スポンサーリンク

キャンプ用火ばさみ・焚き火トングのおすすめランキング!選び方や比較方法も紹介!

火ばさみ キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプ用の火ばさみは、こだわらなければ、安価なものも手に入りやすく、それで済んでしまう場合が多いのが実情です。

しかし、焚き火台や薪ツールをしっかり揃えていくと、焚き火を直接操る道具である、火ばさみもしっかりした一生ものを手に入れたいと思うのではないでしょうか?

しかし、火ばさみは非常にシンプルなツールですから、比較や選び方が難しいですよね。

ここでは、キャンプ用火ばさみ・焚き火トングのおすすめアイテムや選び方・比較方法を紹介していきます。

ランキングに飛ぶ

スポンサーリンク

キャンプ用火ばさみ・焚き火トングの選び方・比較方法は?

火ばさみ・焚き火トングは非常にシンプルなツールですから、比較も難しく、選び方で迷われる方も多いと思います。

ここでは、火ばさみ・焚き火トングの選び方・比較方法の3つのポイントを紹介いたします。

使用シーン

一番重要なのは、焚き火での使用ニーズです。

ソロキャンやツーリング時のスモール焚き火では、コンパクトで軽量なものが適していますし、それほど大きな薪をくべたりしませんから、つかむ力もそれほど重要視されません。

逆に、ファミリーやグループでの焚き火では、おおきな薪もしっかりとつかめる薪ばさみのようなものが適しています。

多少重くて嵩張っても、車でのキャンプでは問題は少ないでしょう。

見た目

火ばさみは焚き火サイドを飾るという意味では、重要なツールです。

自分の焚き火台やファイヤーサイドのテーブルなどと雰囲気が合うものを選んだり、思い切ってゴツゴツの見た目のものをチョイスしたりと、おしゃれ度で選ぶというのも一つの方向性です。

機能性

火ばさみは、本来挟むのが仕事ですが、多機能な火ばさみの中には、火かき棒やスコップなどの役割も担ってくれるものもあります。

こういったタイプの火ばさみは、見た目もユニークなものが多いので、一考の価値があります。

 

スポンサーリンク

キャンプ用火ばさみ・焚き火トングのおすすめランキング!

ここでは、キャンプ用火ばさみ・焚き火トングのおすすめアイテムをタイプ別に紹介していきます。

おしゃれな火ばさみのおすすめランキング!

機能も重要ですが、長く使うツールなら見た目のおしゃれ度は軽視できませんよね。

ここでは、おしゃれな火ばさみ・焚き火トングのおすすめアイテムを紹介していきます。

1位:TEOGONIA/テオゴニア Fireplace Tongs/ファイヤープレーストング

薪はさみというジャンルのツールですが、太い薪もしっかり握れて機能的にも高いアイテムです。

無骨なデザインは、焚き火ハンガーなどとも見た目の愛称が良く、ハード系キャンパーにピッタリです。

グリップとなる素材はローズウッドで、高級楽器にも使われる貴重な素材です。

総重量:390g
サイズ:全長420mm
素材:本体:スチール / グリップ:ローズウッド

2位:ファイヤーサイド キャンプ トング ファイヤーバード

黒鉄棒に、とがった三角の先端がおしゃれでユニークな火ばさみです。

見た目だけでなく機能も、火ばさみに加え、火かき棒・熾き割りなど、本当に焚き火中にしたい事を一本で賄えるツールで、ほぼ完ぺきとも言えます。

コスパが悪いのが欠点ですが、この見た目にグッときたのなら狙ってみる価値はあります。

サイズ:54cm
素材:鉄

3位:日本クリンテック  灰スコピック

なんともノスタルジックな火ばさみです。

灰かきのスコップの機能も持っていて、昔のコークスストーブなどのツールのような雰囲気をまとっており、見た目のインパクトも強いです。

焚き火の片付けのときにも大活躍ですね。

サイズ:46cm
材質:スチール(紛体焼付塗装)
重量:300g

4位:大五郎 レンタン鋏

練炭用の火ばさみですが、シンプルで薪はさみと同様の構造は、重たいたきぎもしっかりとつかむ事ができます。

スマートな機能美に、おしゃれ度を感じる方も多いのではないでしょうか?

重量:135g

5位:LIOOBO 炭ばさみ

何やら繊細なイメージの火ばさみです。

見た目の好みは分かれるところですが、鏡面仕上げで美しい仕上がり、中空ショベルデザインとユニークなツールとなっています。

材質:金属
サイズ:38.5×10×1cm

6位:ロゴス(LOGOS) LOGOS 薪ばさみ

薪ばさみとしては王道の形ですが、コスパも良くサイズ感も使いやすいツールです。

やはり、薪ばさみの見た目はおしゃれで、ヘビーな焚き火サイトにも、おしゃれな焚き火台にも似合いますから、迷ったらコレで間違いないでしょう。

総重量:(約)330g
サイズ:(約)42×8×2.5cm
主素材:スチール、木材

軽量・コンパクトな火ばさみのおすすめランキング!

ソロやツーリングでの、焚き火や炭火では、やはり軽量コンパクトが一番です。

ここでは、軽量・コンパクトな火ばさみのおすすめアイテムを紹介いたします。

1位:(アルパインデザイン) Alpine DESIGN 伸ばせる火ばさみ

伸縮タイプの火ばさみで、縮めてしまえば280mmとコンパクトサイズに収納できます。

延ばせば、一般的なサイズの420mmとなり、使用に全く不備はありません。

縮めたままでも使えるのもプラスです。

使用時サイズ:約42cm
収納時サイズ:約28cm
重量:約250g

2位:Tanaka bun kinzoku(タナカブンキンゾク) フォールディングトング

こちらは、L字型に折りたためる火ばさみで、折りたたみ時の長さは脅威の135mm。

使用時の長さが、253mmと短めですが、ソロキャンパーやツーリング時には最適解となる場合もあるでしょう。

サイズ:(使用時)長さ253×高さ16mm・(折り畳み時)長さ135×高さ16mm
材質:ステンレス、ヒノキ

3位:炭ばさみ 炭トング 折りたたみ式

マジックハンド型で、さらに折りたためるというメカニカルな構造の火ばさみです。

ツール感・おもちゃ感が高く、好きな方にはたまらないアイテムですね。

非常に面白いツールですが、火ばさみとしての能力はやや物足りないかもしれません。

サイズ:約全長19.2cm
重量:約30g

火ばさみセットものおすすめランキング!

焚き火ツールとしてセットになっている火ばさみや、マ

1位:スノーピーク(snow peak) タキビツールセットプロ

火ばさみの他、火かき棒・ショベルのセットです。

焚き火サイドに揃えておけば、見栄えも間違いないツールセットです。

コスパが非常に悪いのが難点です。

サイズ:全長各520mm
ケースサイズ:150×600mm
材質:本体/スチール、グリップ/竹集成材、ケース/6号帆布(パラフィン・PU加工)
総重量:1.7kg
セット内容:火かき棒、ショベル、火ばさみ

2位:ファイヤーツール 4点セット

アンティーク調のシャベル ほうき 火掻き棒 火ばさみの4点セットで、コスパも高く、黒塗り鋳鉄の見た目もおしゃれです。

重量があり、移動・運搬時に問題がありますが、一度設置してしまえば、見栄え良い焚き火サイト作りに活躍してくれるでしょう。

本体寸法 : 全体:W約19.5×D約17.5×H約61(cm)
材質 : 鋳鉄(Cast Iron)
梱包サイズ : W約20×D約8×H約51(cm)
スポンサーリンク

キャンプ用火ばさみ・焚き火トングのまとめ!

キャンプ用火ばさみ・焚き火トングのおすすめアイテムや選び方・比較方法を紹介してきました。

どうせなら、おしゃれな火ばさみで、カッコいいファイヤーサイドを演出してみたいものです。

また、軽量・コンパクトタイプも一本持っていると、ソロやツーリングの時に便利ですし、収納時の小型サイズであれば、焚き火台などと一緒に収納しておけるので、忍ばせておくのも良いですね。

こちらの記事も!
キャンプ用のこぎりのおすすめランキング!人気の鋸の長さや選び方・比較方法も!
キャンプで焚き火を楽しむ方は、斧や鉈を用意されているかと思いますが、現地で薪を処理したり、小枝を拾って燃料にしたりするときに、ノコギリも非常に便利なツールです。ここでは、キャンプ用のこぎりのおすすめアイテムや、鋸の長さや選び方・比較方法などを紹介していきます。

焚き火陣幕のおすすめランキング!風防とリフレクター効果で暖かいキャンプを!
寒い日に焚き火をタープやシェルター内で囲いたいと思った事はありませんか?しかし、換気の問題や天井への熱ダメージなどで、閉鎖された空間で焚き火をするのは困難です。そこで、注目されているのが焚き火陣幕です。焚き火陣幕は、外からの風の吹きこみを防いで、より暖かい空間を作り出すのに活躍してくれます。ここでは、焚き火陣幕のおすすめランキングや選び方のポイントなどを紹介していきます

焚き火・スパッタシートのおすすめランキング!地面やタープの耐火養生に便利!
焚き火台をつかって焚き火を楽しんだ後、地面へのダメージが気になった事がありませんか?焚き火シート・スパッタシートを持っていれば、普通のマットのように焚き火台の下に敷くだけで、熱や灰を遮断する事ができます。ここでは、おすすめの焚き火・スパッタシートや、その選び方・使い方などを紹介していきます。
キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風