スポンサーリンク

少人数キャンプにおすすめの2人~3人用クッカーセットランキング!初心者の選び方も!

キャンプ クッカー キャンプツール
スポンサーリンク

2~3人でキャンプするなら、それなりのクッカー・コッヘルセットは必要かと思われます。

BBQだけで一泊すます場合でも、翌朝の朝食やコーヒータイムはもちろん、ちょっとした汁物を作る場合にやはりあると無いとでは大きな差になります。

2~3人の少人数キャンプでは、ソロのときのようにコンパクトさや軽量さを求められない反面、大人数向けのファミリーセットだと、持て余して使わないパーツばかりになってしまったりと、意外と買って失敗する事も。

ここでは、少人数キャンプにおすすめの2人~3人用クッカーセットや選び方について紹介していきます。

ランキングに飛ぶ

 

この投稿をInstagramで見る

 

真美(@chan_2.0713)がシェアした投稿

スポンサーリンク

少人数キャンプの2人~3人用クッカーの選び方!

少人数・2人~3人用のクッカーを選ぶときの3つのポイントを紹介します。

2~3人用は、ソロ用とファミリー用の中間で、どっちつかずのものを選ぶと後悔する事も考えられます。

どうしても迷ってしまったら、ゆくゆくソロもやるのか、ファミリーでもやってみたいのかで、それ用のものを購入するという手もありますね。

サイズをチェックする

ソロ用のコッヘルセットは、250のOD缶を中にしまう事ができるように、内径が110mmになっているものが多く、ファミリー用のセットでは、家庭用のものと似た使い心地を再現するため、170mm~200mm以上の径を有するものが多いようです。

2人~3人の少人数用では、サイズはこの中間に位置するのですが、収納性と使い勝手のトレードオフのような関係になっているので、どちらを重要視するのか予め考えておくと迷ったときに決めてとなりえます。

セットの構成をチェックする

少人数キャンプの2人~3人用クッカーでは、鍋×2+蓋兼フライパン×1といった構成が主流です。

これなら、炊飯しつつ汁物もつくり、炒めたり焼いたりもできるという事になりますが、実際は炊飯をするのには蓋が必要になりますし、火器もシングルバーナーかツーバーナーかで、使用シーンを想像する必要があります。

炊飯時の蓋はアルミホイルで代用もできたりしますし、調理後は焚火で保温したりもできますので、その辺の調理事情も検討しておくと失敗は少なくなります。

材質をチェックする。

少人数キャンプの2人~3人用クッカーでは、アルミにアルマイト加工などを施したものが主流です。

チタン製のものもありますが、コスパが悪く、調理時には熱伝導が悪く、熱ムラになりやすいのでソロ用のクッカー選びの時ほどオススメにはなりません。

スポンサーリンク

初心者が選ぶときのポイントは?

初めて買うなら、オーソドックスな鍋×2・蓋兼フライパンのセットが無難です。

材質はアルミを選ぶと失敗が少ないでしょう。

BBQメインで、炊飯と汁物を作りたいといった場合には、鍋×2・蓋×2の構成が便利です。

スポンサーリンク

少人数キャンプにおすすめの2人~3人用クッカーセットランキング!

ここからは、少人数キャンプにおすすめの2人~3人用クッカーセットを紹介していきます。

1位:UNIFLAME(ユニフレーム) 山クッカー 角型 3

転がったりデッドスペースをつくったりせず、収納に優れていて、インスタントラーメンを作るのにも便利な、角型クッカーの3点セットです。

鍋2・フライパン1の構成は、炊飯しつつ汁物とおかずを温める事もでき、少人数キャンプに最適なセット内容です。

素材は、アルミ(アルマイト加工)で軽量で、熱ムラになりにくいですが、若干強度が劣るので変形や傷には注意が必要です。

【セット内容】鍋13、鍋11、フライパン、フタ、収納袋
【サイズ】セット収納時:14×14.7×高さ8.8cm、鍋13:12.7×12.7×深さ7.45cm、鍋11:10.8×10.8×深さ6.4cm、フライパン:13×13×深さ3.4cm
【重量】総重量:約449g、鍋13:約204g、鍋11:約139g、フライパン:約106g
【満水容量】鍋13:1.0リットル、鍋11:0.6リットル
【炊量(米)】鍋13:2合、鍋11:1合
【材質】アルミ(アルマイト加工)

2位:trangia(トランギア) ツンドラ3ブラックバージョン

こちらも、鍋2・フライパン1の構成ですが、丸型でとってがとれるタイプのセットです。

鍋と別体のとっては、収納などでメリットとなりますが、一度にいとつのクッカーしか動かせない(当たり前か)のが、逆にデメリットになる場面もありますので、好み次第といったところです。

こちらも、アルミ(アルマイト加工)で使い勝手は良好です。

・重量:530g 収納サイズ:直径20×H8.8cm
・フライパン(直径20cm):アルミ製(ノンスティック加工済)
・ソースパン(1.5、1.75L):アルミ製(ノンスティック加工済)
・フタ:アルミ製(ノンスティック加工済)
・ハンドル:アルミ製(無垢)
・付属:収納袋

3位:ベルモント(Belmont) BM-005 チタンクッカー3点セット

チタン製のシンプルでコンパクトなクッカーセットです。

作りが非常にシンプルで、オーソドックスなものとなっているので、誰でも戸惑わずに使用できるでしょう。

チタン製なので、軽く強度に心配はありませんが、熱ムラになりやすく焦げ付きに注意が必要です。

材質:本体/チタニウム
サイズ:鍋/Φ138×64mm(780ml),/Φ125×55mm(570ml),フライパン/Φ145×28(320ml)
重量:200g

4位:DUG(ダグ) BANQUET-2 DG-0205

175mm径のフライパンは、焦げ付きにくいように、波加工されており、本格的な焼き物にも便利。

鍋2・フライパン1の標準的な構成ですが、フライパン調理に重点をおくなら検討の価値ありです。

サイズ 本体大:92H×165mm(径)(1500ml) 本体小:72H×146mm(径)(800ml)、フライパン:45H×175mm(径)(600ml)
重量 大:237g 小:201g フライパン:170g
材質 アルミニウム(ハードアノダイズド加工)、取手:ステンレス(樹脂カバー)
付属品 メッシュケース
総重量 608g

5位:山善 キャンパーズコレクション アウトドアクッカーセット OCS-4

ファミリー向けに近くコスパに優れた4点セットのクッカーです。

このセットなら、少人数とはいえちょっと手の込んだ調理もしてみたくなります。

たまに、ゲストをつれてキャンプに行くという方は、点数の多いものを選ぶのも手です。

材質はセラミック塗装がされたアルミです。

鍋(小):幅17.5×奥行17.5×高さ7cm
鍋(大):幅20.5×奥行20.5×高さ8cm
フライパン(小):幅16.5×奥行16.5×高さ4cm
フライパン(大):幅19×奥行19×高さ4cm

6位:SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) アルファポットセット

鍋2でフライパンの無いセットですが、湯切りがついた蓋が二つともついているので、鍋に重点をおくならこのタイプのセットのほうが便利です。

デザインもおしゃれで、つい欲しくなりますね。

セット内容:アルファポット1.2リットル、アルファポット2.7リットル
重量:459g
素材:アルミ合金

7位:エバニュー(EVERNEW) チタンウルトラライトクッカーセット

こちらも、鍋×2・蓋×2のセットですがチタン製で蓋に湯切りはついていません。

ソロ用クッカーが二人分といったイメージですが、やはりフライパンが無いので、焼き物・炒め物も鍋でといった感じです。

内側セラミック樹脂コート
目盛り付き・スタッフバッグ付き
素材:チタニウム(取っ手部シリコンチューブ付き)
サイズ:
大ナベサイズ:内径15×深さ7.7cm / 容量:1,300ml
小ナベサイズ:内径13.6×深さ6.4cm / 容量:900ml
質量:310g

8位:EPI(イーピーアイ) アルミ6点食器セット

径と容量が小さめの鍋×3のセットですが、皿が2つついてきて二人キャンプに便利です。

鍋もそのまま食器に使えるサイズなので、使い方を工夫すれば非常に便利なセットとなります。

サイズ:大/H58×Φ129mm 700ml、中/H53×Φ119mm 520ml、小/H48×Φ109mm 410ml、フタ/H18×Φ138mm 180ml、皿/H11×Φ109mm 130ml
重量:大/51g、中/48g、小/40g、フタ/28g、皿/19g×2枚
材質:本体/アルミニウム(アルマイト加工) 、取手/アルミニウム

9位:キャプテンスタッグ フライパン アルミ クッカー

若干やぼったく、パッキングも大き目ですが、鍋×2・蓋×2+深型のフライパンと使い勝手は最高レベルです。

家庭用調理器具の巨人らしく、料理に必要なものを知り尽くしているような造りですから、彼女や奥さんにも使ってもらおうと考えるのならば、このタイプの受けが良いかもしれません。

製品サイズ(約):16cm鍋:外径170x高さ96mm(本体のみ) 14cm鍋:外径152x高さ80mm(本体のみ) 17cmフライパン:外径182x高さ55mm(本体のみ)
重量(約):720g
容量(約):16cm鍋:2.0L、14cm鍋:1.2L
仕様/その他:収納サイズ(約)外径180×112mm セット内容:16cm鍋x1、14cm鍋x1、ふたx1、17cmフライパンx1

10位:EZCAMP クッカー 9点セット

コスパが良すぎて耐久性が心配になりますが、この価格ならエントリーモデルに最適です。

特筆すべきは、ケトルがセットになっている事で、主にお湯を沸かすのが目的という方におすすめです。

3人利用を想定しており、お椀も3人分入っていますから、少人数キャンプにばっちりです。

スポンサーリンク

少人数キャンプにおすすめの2人~3人用クッカーセットのまとめ!

少人数キャンプにおすすめの2人~3人用クッカーを紹介してきました。

ソロ用のコッヘルや、ファミリー用のクッカーセットに比べ、狭間の選択肢でやや決めにくいところがあるアイテムです。

どうしても迷ったり不安になったりしたら、先々でソロキャンをやってみたいのか、ファミリーやグループキャンプをやる予定があるのかなどを検討材料に加えてみるのも良いかもしれません。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風