スポンサーリンク

キャンプにおすすめの家族4人~5人向けクッカーセットランキング!初心者の選び方も!

テーブルウェア・クッカー
スポンサーリンク

キャンプでBBQメインの方でも、朝食のおかずを温めたり、や夕食でお米を炊きたい、汁物をつくりたいときなど、鍋やフライパンが欲しくなるシーンがあると思います。

特に、ファミリー・家族でのキャンプだと、お子さんにBBQだけというのも難しく、育ち盛りだとお米を食べたいなんて言い出すこともありますよね。

飯盒やメスティンなんかで、炊飯したりするのもキャンプの醍醐味ですが、お腹を空かせたお子さんがテーブルで待っているときに、失敗しないクッカーがあれば頼もしいものです。

ここでは、キャンプにおすすめのファミリー・家族4人~5人向けクッカーセットを紹介していきます。

スポンサーリンク

キャンプにおすすめの家族4人~5人向けクッカーセットの選び方!

クッカーセットを選ぶときに、見るべきポイントを紹介いたします。

趣味のものなので、見た目で選んでしまってOKなのですが、最低限下記の項目はチェックしていおいた方が無難です。

セットの構成をチェック

言うまでもなく、一番重要なのはセットの内容です。

鍋が大小2種、蓋も兼ねるフライパンの構成が一般的ですが、炊飯釜やザルなどがセットになっているものも使い勝手が良いです。

しかし、欲張りすぎてほとんど使わないものを、毎回キャンプにもっていくのであれば、それはそれで無駄というものです。荷物にもなりますしね。

フライパン料理がメインであれば、フライパンの径もチェックしておいた方が良いでしょう。

・炊飯をする。
→専用の炊飯釜が失敗が少なくて便利。ないものでは深型の鍋。・麺などをゆでるか?
→深型の鍋に、水切りがあると便利。・フライパンを良く使う
→ファミリーだと、フライパンの径17㎝では厳しい事も。

材質を確認する

鍋やフライパンなどの材質は、主にステンレスがコスパと耐久性に優れています。

しかし、軽量さで優るチタンや、軽量さと熱伝導ですぐれるアルミ製なども人気があります。

ステンレス:比較的安価で耐久性が高い。熱伝導が悪く焦げやすい(熱ムラが大きい)
チタン:効果だが、比強度が高く軽量。熱伝導はステンレスと同等かやや良い程度
アルミ:強度が不足がちで変形しやすい。熱伝導が高く焦げにくい(熱ムラが少ない)

正直、車でいくようなファミリーキャンプでは、チタンの恩恵は少なく、ステンレスかアルミ製品から選ぶのが良いと思われます。

サイズを確認する

ネットショップなどの写真では、サイズがわかりにくいものです。

鍋などの深さは写真で比率をみれば見当がつきますが、径だけはしっかり確認しましょう。

デザインで飛びつくと、思ったよりも小さかったなんて事になりがちです。

4から5人向け用途であれば、20cm(200φz)以上は合ったほうが良いです。

スポンサーリンク

キャンプ用のファミリークッカーの初心者の選ぶポイントは?

家族で使う目的でクッカーセットを買うなら、鍋2種+蓋兼フライパンの構成で、専用のライスクッカーがついているものが良いでしょう。

クッカーセットはパッキング(スタッキング)で、ひとまとまりになるのが最大のメリットですから、「あとで買い足す」という考え方では、全て買いなおすといった結果になる可能性があります。

こだわりがないのであれば、オールインワンを選びましょう。

また、材質では手入れや管理が楽なステンレス製がオススメです。

スポンサーリンク

キャンプにおすすめの家族4人~5人向けクッカーセットランキング!

ここからは、家族4人~5人・グループ向けのクッカーセットをおすすめ順に紹介していきます。

1位:ユニフレーム(UNIFLAME) fan5DX

私も15年ほど愛用しているクッカーセットです。

一番のポイントはライスクッカー。

電気炊飯器しか使ったことがなかった私でも、ふっくら美味しいお米が簡単にたけてしまいました。

もちろん、深みのある鍋は冬の汁物で大活躍ですし、フライパンは朝・昼に重宝しています。

収納時:約φ230×195mm
ライスクッカーDX:約φ210×115mm
フライパン:約φ225×50mm
ステンレス大鍋:約φ230×145mm
ステンレス片手鍋:約φ170×90mm
メッシュバスケット:約φ210×110mm材質
ライスクッカーDX:(本体)アルミニウムフッ素加工 (フタ)アルミニウム
フライパン:アルミニウムフッ素加工(板厚2mm)
ステンレス大鍋:ステンレス鋼
ステンレス片手鍋:ステンレス鋼
メッシュバスケット:ステンレス鋼

2位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)  ラグナステンレスクッカー

コスパが良く、ケトルがついているのがGoodです。

とってなど、ねじ止め箇所があるのがマイナスポイント。

セット内容:20cm鍋1、16cm鍋1、フライパン22cm1、ケットルクッカー900mL1、取っ手1
収納セットサイズ:(約)外径220×高さ150mm(本体のみ)
重量:(約)2kg
材質:本体・フタ・取っ手:ステンレス鋼

3位:キャンピングムーン(CAMPING MOON) フィールクッカーセット

ステンレス製のセットで、ライスクッカーもついてきます。

また、ボールや鍋敷きついてきますので、本格的な調理をするのに全く不足はありません。

収納袋がしっかりしており、長く使えるアイテムです。

セット内容:①耐熱鍋敷き(2点)、 ②ふきん(1点)、③ボール(8点)、⑤ステンレス小鍋(1点)、⑥ステンレス中鍋(1点)、⑦ステンレス大鍋(1点)、⑧フライパン(1点)
材質: 厚製ステンレス鋼 (壁厚0.6mm、底板厚2.0-4.0mm)

4位:コールマン(Coleman) アルミクッカーコンボ

煮込み料理や麺湯でに便利な深型の寸胴に、ザルやライスクッカー、落し蓋もついています。

炊飯に力を入れたのか、軽量カップも付属。

収納ケースもスマートで、車内で他の荷物に重ねても問題ないでしょう。

セット内容:ライスクッカー・ポット鍋・フライパン・ザル・計量カップ・蓋・落とし蓋
材質:本体/アルミニウム(ノンスティック加工)、ステンレス、ハンドル/アルミニウム、スチール、シリコン、ケース/ポリエステル、内蓋/アルミニウム、ザル/ステンレス、メジャーカップ/ポリプロピレン

5位:EZCAMP キャンプクッカーセット

コスパ抜群のエントリーモデルです。

鍋・ケトル・フライパンの他、お椀やスプーンも入っていて、これだけで食卓をまかなえるんじゃないかと思うほど。

下記は2~3人用の9点セットとなっていますが、4~5人用の15点セットもAmazonのリンクで紹介されています。

耐久性が若干心配ではありますね。

【製品詳細】重量:850g;鍋、フライパン、ポット、食品レベルPPお碗×3、ひしゃく、スポンジ、スプーン、収納袋

6位:STANLEY(スタンレー) ベースキャンプクックセット

ボトルメーカースタンレーのクックセットは、3.5Lの鍋と大型のフライパンがメインですが、4人分の皿やおわん、フライ返しやおたま、まな板など、キッチンツールや食器も入っているのが特徴です。

蓋に湯切りがついていますので、4人で麺料理を食べたり、汁物を囲んだりするのに良いですね。

手の込んだ調理をしない場合には、その他の荷物を減らせるのでオススメです。

サイズ:高さ160×本体径239mm
重量:約2.2kg
容量:3.5L
材質:本体/ステンレス鋼、乾燥ラック/ポリプロピレン、トライベット/シリコーン、スポーク/ポリプロピレン、まな板/高密度ポリエチレン、ボール・プレート/ポリプロピレン、おたま・フライ返し/ナイロン、フライパン/ステンレス鋼・ アルミニウム、フタ/ステンレス鋼、ストラップ/ゴム、ポリプロピレン

7位:Eagle Products イーグルプロダクツ キャンプファイヤーセット ラブー

価格・コスパでみると「全くおすすめできない」セットなのですが、ステンレスに銅メッキが施されたその美しさを見てしまうと「欲しい」と素直に感じてしまいます。

行きつくところまで行ってしまったあなたに、こちらのクッカーセットはいかがでしょう?

セット内容:ポット3.2L、6.2L、9.1L、フライパン、木製トング、ヘラ、フォーク、収納バッグ
素材:ステンレス(底部 銅メッキ)
重量:3500g

スポンサーリンク

キャンプにおすすめの家族4人~5人向けクッカーセットのまとめ!

キャンプにおすすめの家族4人~5人向けクッカーセットを紹介してきました。

選ぶポイントは、セット内容ですが、鍋2種・ライスクッカー・フライパン付きで、径が220mmくらいのものがおすすめです。

材質は、ステンレスが長く使えますが、軽量で焦げ付きにくいアルミ製もおすすめです。

一つ、気に入ったセットに出会えれば、本当にそれだけで片付いてしまうようになりますので、じっくり検討してみてはいかがでしょうか。