スポンサーリンク

キャンプでおすすめのおしゃれな手動コーヒーミルランキング!入れ方・使い方も!

キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプでは、色々な事を楽しむ時間がたっぷり。

普段は手間や時間がかかって、なかなか現実的ではありませんが、挽き立てのコーヒーを楽しんでみたいという方も多いのではないでしょうか?

しかし、コーヒー豆を挽く「ミル」は、家庭用のものや電動のものでは、アウトドアやキャンプに向かないものもあります。

ここでは、キャンプでおすすめのおしゃれな手動コーヒーミルのランキングや、入れ方・使い方について紹介いたします。

ランキングに飛ぶ

スポンサーリンク

キャンプでおすすめの手動コーヒーミルの選び方・ポイントは?

キャンプ用で、コーヒーミルを選ぶ場合にポイントとなるのは下記の点です。

①収納性(コンパクトになるか?)
➁手入れ(どこまで洗えるか?)
③挽き具合の調整(細~粗挽きが簡単か?)

③については、ドリップなのか、パーコレーターやマキネッタを使うのかなどで、挽き方を変えていくために重要なポイントですが、実はしっかりしたものを選べば調整ねじがついていて、ほとんど差はありません。

しかし、①と➁については商品の特性が出やすいところです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

skier-tacoskihiace793(@skiertacoskihiace793)がシェアした投稿


また、

刃はセラミックのものが金属臭がしなくオススメで、本体が樹脂でできているものは、静電気でコーヒー粉がまとわりつきやすいので避けたほうが無難です。

家庭用の木製の本体のものは、デザインで気に入る方もいるかもしれませんが、手入れや収納の関係でオススメできなく、アウトドアなので電動のものも外しておきましょう。

その他、使用人数などによって大きさ(一回に挽ける量)も検討の要素に加えたほうが良いでしょう。


スポンサーリンク

キャンプでおすすめのおしゃれな手動コーヒーミルのランキング

ここでは、キャンプ用のコーヒーミルの選び方・ポイントを念頭に、オススメの商品を紹介していきます。

1位:aoleye 手挽きコーヒーミル

収納◎ コスパ◎ おしゃれ◎

ハンドルが折りたためてコンパクトに収納できます。

本体の断面が円形ではなく、おにぎりのような三角形で転がりません。

コンテナが透明なのもおしゃれでポイントが高く、何よりリーズナブルな価格が魅力です。

2位:SULIVES 手挽き コーヒーミル

収納◎ コスパ◎ おしゃれ◎

ハンドルホルダー付きのカバーの、カラーバリエーションがおしゃれなコーヒーミルです。

セラミック刃、ステンレスボディ、など大事なところもしっかり外しません。

こちらも、コスパが高くオススメな一品です。

3位:ポーレックス コーヒーミル2

ブランド◎ 品質◎

ブランド力や商品知名度でいうと、圧倒的なトップの商品です。

しかし、その分高価でコスパが悪いため、ここでは3位にしております。

ものとしての完成度は高く、迷ったらこれにすれば間違いないというアイテムです。

4位:川崎合成樹脂 手挽きコーヒーミル KUROZOME

ブランド◎ 品質◎

ものづくり日本を地でいくような商品です。

ステンレスの本体に、丹念に磨き上げた酸化発色皮膜加工はまさに「黒染」

ちょっと変わったもの、職人ものが好きな方にはうってつけですね。

 

5位:HARIO (ハリオ) アルミ合金コーヒーミル・プリズム シルバー

コーヒー関連の耐熱ガラス商品で有名なハリオからも、金属製のコーヒーミルがリリースされています。

ハリオのコーヒーミルのおすすめのアイテムはステンレスじゃなくてアルミ製です。

軽いのがありがたいですね。

5位:キャプテンスタッグ コーヒーミル  ハンディータイプ

アウトドア度◎ ブランド〇

パール金属のアウトドアブランドからも、コーヒーミルはリリースされています。

性能面でも優れていて、調整・セラミック刃・収納性など、しっかりとキャンプでの使用を考えて作られていますから、選んで間違いは無い商品ですね。

この辺は、ブランドの好き嫌いも分かれるところかと思いますが、私は質実剛健でご家庭キッチンの味方「パール金属」の商品は総じて好きですね。

6位:スノーピーク(snow peak) フィールドバリスタ ミル

アウトドア度◎ ブランド○

アウトドア・キャンプでの使用を一番考えて作られているのは、こちらの商品かもしれません。

そのこだわりは、収納姿のたたずまいから感じ取れます。

こちらも、ブランドの好みが分かれるところですね。

スポンサーリンク

キャンプ用コーヒーミルの入れ方・使い方

コーヒーミルの使い方は、意外とシンプルです。

挽き方の調整の調整ねじで行い、コーヒー豆を投入してからハンドルを抵抗がなくなるまで回します。

挽き方の調整は、ハンドルの回し方などではなく、刃の調整ねじで行いますから、あまり難しく考える必要はありません。

しかし、淹れ方によって挽きかたを変えられるというのが、ミルを使う大きなメリットとなります。

自分なりの最適な挽きかたを模索するのも楽しみの一つですね。

挽き方の目安

ドリップ:中細目
パーコレーター:粗目
マキネッタ:細目

コーヒーミルの操作

スポンサーリンク

キャンプでおすすめの手動コーヒーミルランキングのまとめ!

アウトドア・キャンプにおすすめのコーヒーミルを紹介いたしました。

アウトドアメーカーからも、コーヒーミルはリリースされているので、こだわりがなければそちらを選ぶのも一手です。

しかし、コーヒー用のアイテムは、その専門メーカーからもたくさんリリースされていますから、コスパやおしゃれ度を考えて、ちょっと違ったものを探してみるのも面白いですね。

挽き立てのコーヒーの味は格別なのは知ってるけど、普段は時間や手間がかけられないという方も多いかと思われます。

キャンプでは、いつもと違った時間が流れていきますから、コーヒーを楽しむのにも時間や手間をかけてみるのもいいですね。

こちらの記事も!

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風