スポンサーリンク

キャンプでコーヒー!淹れ方で迷ったら収納で選ぶもあり?

テーブルウェア
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプでのコーヒーの淹れ方

キャンプ場では美味しいコーヒーを楽しみたいという方も多いと思います。
一般的なドリップ式のコーヒーはとっつきやすく味も安定しますが、淹れた瞬間から温度が下がっていき野外ではぬるいコーヒーとなることもあります。
アウトドアではメジャーなパーコレーターは、慣れない操作が不安だけれど、熱いコーヒーが飲めるなどの利点もあります。
アウトドアでのコーヒーの楽しみ方で迷ったら、いっそその収納方法で選ぶというのはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

アウトドアコーヒーの基本

一般的にキャンプ場でたのしむコーヒーは次の3つの方法があります。
(インスタントは除きます)

ドリップ式

一般的なフィルターをつかう方法です。コーヒー粉も一番手に入りやすい中細挽きが使えて困ることが少ないのが魅力。しかし、淹れている間にどんどんコーヒーが冷めてしまうという最大の弱点があります。落としたコーヒーを温めなおすと味が落ちるという方もいるためアウトドアでの利用は賛否がわかれます。

パーコレーター


ご家庭ではあまりなじみがなく、ほとんどのかたは使い方を一度覚える必要があるでしょう。
また、コーヒー粉も粗びきをつかわないと淹れたコーヒーの中に粉がどんどん落ちてしまい味が悪くなる原因にもなります。粗びきコーヒー粉は普段あまり使わないと思いますのでその点は若干ネックとなります。
仕組み上、何度もコーヒー粉をお湯がくぐり抜ける構造で、熱々で濃く味わい深いコーヒーが楽しめる半面、再抽出・再加熱といった、コーヒーの味劣化につながる弱点も持ち合わせています。
驚く事にパーコレーターの仕組みを間違って説明されているサイトが多数あります。一つの空間で完結するパーコレーターにポット内の蒸気圧はあまり関係ありません。極端な話フタを開けていても作れるほどの単純構造です。仕組みの説明サイトではマキネッタと混同しているものが殆どでした。

絵がヤバイですが、パーコレーターの仕組みはこの通りです(パイプの内部でも泡は発生します)。このためパイプ上部からボコッボコッとはじけるようにお湯が吹き出します。パーコレーションという現象を利用しており、ブレーキのベーパーロックもこの現象から引き起こされるものの一つです。

直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)


ボイラーと呼ばれるお湯を沸かすタンクで加熱された水が水蒸気となって膨張。蒸気圧でバスケットに押し上げられたお湯はコーヒー粉をとおり抜け、上部のサーバーでコーヒーとなります。


この絵もヤバイですが、こんなイメージです。

コーヒー粉は細挽きが推奨ですが、手に入りやすい中細挽きでも問題ありません。
できたてのコーヒーは熱々で、パーコレーターのように再抽出・再加熱されることもなく、エスプレッソ特有の濃く深い味わいと香りが特徴です。

スポンサーリンク

コーヒーの淹れ方別収納について

コーヒーの淹れ方別の収納性能は

ドリップ式 → パーコレーター → 直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)
となります。しかし、パーコレーターはやかんの替わりにもなりますから、湯沸かしも代用とするならその分の荷物は減ります

 

ドリップ式

アウトドア用のドリッパーはコンパクトになる仕掛けが施されたものが多数販売されています。

 

ミュニーク

とてもユニークなコーヒードリッパーで、鉄の板を組み立てて使用します。
一枚の板は非常にコンパクトで、4枚を組み合わせることでドリッパーになります。

スタイリッシュで人気のアウトドアドリッパーです。


 

ユニフレーム コーヒーバネット

元祖、コンパクトアウトドアコーヒードリッパーともいえるアイデア商品です。
その、ばねを利用した形状はとても目を惹きます。伸ばすのも縮めるのも一瞬で私も長年愛用しているコーヒードリッパーです。


 

スノーピーク フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」

同社の名品「焚火台」をイメージしたドリッパーで、焚火台同様ペタンと折りたためます。
仕組みはミュニークに近いですが、こちらはセパレートになっておらず扱いはより簡単です。


 

キャプテンスタッグ ネットコーヒードリッパー

ご存じパール金属の実用製品。重なるメッシュ構造を利用したアイデア商品。
ありそうで無かった網型ドリッパーです。


 

GSI ウルトラライト ジャバドリップ

こちらは、布製のネットをつかったドリッパーで独創性の高いフォルムとなっています。おしゃれ度は若干低いものの、登山用品のような機能美があります。


 

SORADRIP600

ミュニークに近い発想のアイテムですが、こちらは樹脂製のプレートを5枚使います。その形状と弾力性からマグにピッタリフィットして逆さにしても外れないとされています。
カラーバリエーションが豊富で映えもばっちり。


 

A&F ラウンドドリッパー

3つの金属パーツから作られたオリジナリティの高いドリッパーです。
使用時の形状は一般家庭用のドリッパーに近く扱いやすくなってます。


 

中宮虎熊商店 厳選国産ブナ使用 木のコーヒードリッパー

まさに、台風の目的なアイテムです。シンプルにこれだけです。上手に淹れるためにはコーヒーフィルターの上手な選択や慎重な扱いが必要でしょう。しかし、これだけでコーヒーを淹れれるようになればかなり粋なスタイルになりそうです。


 

パーコレーター

パーコレーターの仕組みは完成されており、各社の製品も似通った形状のものが多くなっています。やかんとしての使いがってや手持ちのアイテムとの組み合わせ収納もチェックしましょう。

 

スノーピーク ステンレスパーコレーター

容量900ml で、直径115×190mm、重量820g
持ち手も折り畳み式でコンパクト性能が高いパーコレーターです。もちろん湯沸かしにも使えます。


コールマン ステンレスパーコレーター

容量1,300ml 約径120×230×170mm 重量630g
スノーピークのものより、高さが低く経が広くなっています。湯量も約1.5倍と大人数でもばっちりです。


GSI ステンレス パーコレーター

容量440ml 高さ140mm 重量380g
コンパクトサイズ(3CUP)のパーコレーターです。収納には適していますが、やかん用途を兼ねるとなるとやや力不足。


 

ペトロマックス キャンプ パーコレータ

容量2,100ml 205×210×150mm 重量:930g
びっくりサイズの大容量と思いきや、実はさらに大きい4,100ml仕様もあり。
収納はかなり厳しい。


 

直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)

マキネッタは、収納でいうと扱いにくいアイテムです。その形状から中に何かを入れることも難しく、やかんとしての利用もほぼできません。
しかし、味はもちろんそのギミックに惹かれて購入する方も多いようです。・・私もそうでした。

 

BIALETTI 直火式 モカフィアメッタ

私が最初に手に入れたのはこの塗装タイプ。長く使うと飽きがくるかもしれませんがその映え力は強烈です。
容量160cc 約幅90×奥行140×高さ175mm 本体重量:約380g


 

ペゼッティ 直火式エスプレッソメーカー 2人用

歴史あるベゼッティのマキネッタです。そのフォルムは伝統的で飽きが来ません。どの直火式エスプレッソメーカーが良いか悩んだらこれで間違いないでしょう。
容量 100ml 140×73×150mm 本体重量 300g


ロゴス(LOGOS) 見える! エスプレッソメーカー

アウトドアメーカーらしい造りで、コーヒーが出来上がる様が目視できます。
サイズ、容量ともにキャンプにちょうどよい出来上がりです。
容量 約350ml 180×115×215mm 総重量:(約)800g


 

スポンサーリンク

アウトドアコーヒーの収納まとめ

さて、収納でいうと圧倒的にドリップ式という結果です。また、ラインナップも非常に充実しています。パーコレーターは使い方次第では、湯沸かしケトルを減らす事ができるので、ヤカン+ドリッパーに比べると実は最も荷物が少なくなる可能性があります。
直火式エスプレッソメーカーは、コーヒーだけを楽しむなら、ドリップ式やパーコレーターと荷物サイズは実は変わりません。しかし、コーヒーを入れるのみの機能しかないので収納でいうとやや厳しい選択肢ですね。しかし見ていただいたとおり、一番「物」としての存在感があります。その蒸気圧を利用するつくりのため、重厚で重たくステンレスのケトルやパーコレーターにはない雰囲気でサイトを彩ってくれるでしょう。

どれも一長一短がありますが、やはり最終的にはお手軽でコンパクトなものの出動回数が多くなるのも現実なので、この記事を参考にしていただけたらと思います。