スポンサーリンク

キャンプ用コーヒーメーカーのおすすめランキング2021!おしゃれなアウトドアでの人気の淹れ方や比較方法と口コミ・レビューも!

キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプで、多くの方がコーヒーを楽しまれていると思います。

最初はインスタントコーヒーや、ドリップパックなどを使うのも全然ありですが、だんたんと凝った道具や器で楽しみたいと感じてきますよね。

しかし

「淹れ方だけで色々な方法があって違いを知りたい」
「キャンプ用コーヒーメーカーの比較方法や選び方を知りたい」
「淹れ方ごとのおすすめアイテムを知りたい」

と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは

アウトドアコーヒーの淹れ方の種類と違い・比較方法と選び方
キャンプの人気コーヒーメーカーおすすめアイテム

などについて紹介していきます。

 

ランキングに飛ぶ

 

スポンサーリンク

アウトドアコーヒーの淹れ方の種類と違い・比較方法と選び方は?

キャンプ場でたのしむアウトドアコーヒーは通常、次の3つの淹れ方・方法があります。
(インスタントは除きます)

一般的なドリップ式のコーヒーはとっつきやすく味も安定しますが、淹れた瞬間から温度が下がっていき野外ではぬるいコーヒーとなることもあります。

アウトドアではメジャーなパーコレーターは、慣れない操作が不安だけれど、熱いコーヒーが飲めるなどの利点もあります。

ドリップ式

一般的なフィルターをつかう方法です。

コーヒー粉も一番手に入りやすい中細挽きが使えて困ることが少ないのが魅力。

しかし、淹れている間にどんどんコーヒーが冷めてしまうという最大の弱点があります。

落としたコーヒーを温めなおすと味が落ちるという方もいるためアウトドアでの利用は、好みがわかれます。

パーコレーター


ご家庭ではあまりなじみがなく、ほとんどのかたは使い方を一度覚える必要があるでしょう。

簡単に言うと、お湯が上部のバスケットに入れたコーヒー粉に、何度もかかるりとおり抜ける事でコーヒーを淹れる道具です。

コーヒー粉は粗びきをつかわないとm淹れたコーヒーの中に粉がどんどん落ちてしまい味が悪くなる原因にもなります。

粗びきコーヒー粉は普段あまり使わないと思いますのでその点は若干ネックとなります。

仕組み上、何度もコーヒー粉をお湯がくぐり抜ける構造で、熱々で濃く味わい深いコーヒーが楽しめる半面、再抽出・再加熱といった、コーヒーの味劣化につながる弱点も持ち合わせています。

直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)


ボイラーと呼ばれるお湯を沸かすタンクで加熱された水が水蒸気となって膨張。

蒸気圧でバスケットに押し上げられたお湯はコーヒー粉をとおり抜け、上部のサーバーでコーヒーとなります。


こんなイメージです。

コーヒー粉は細挽きが推奨ですが、手に入りやすい中細挽きでも問題ありません。

できたてのコーヒーは熱々で、パーコレーターのように再抽出・再加熱されることもなく、エスプレッソ特有の濃く深い味わいと香りが特徴です。

スポンサーリンク

キャンプの人気コーヒーメーカーのおすすめランキング!

ここでは、キャンプにおすすめのコーヒーメーカーを紹介します。

淹れ方の違いごとに、収納性能にも着目していきます。

コーヒーの淹れ方別の収納性能は

ドリップ式 → パーコレーター → 直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)

となります。しかし、パーコレーターはやかんの替わりにもなりますから、湯沸かしも代用とするならその分の荷物は減りますね

ドリップ式

アウトドア用のドリッパーは、コンパクトになる仕掛けが施されたものが多数販売されています。

1位:ミュニーク

とてもユニークなコーヒードリッパーで、鉄の板を組み立てて使用します。

一枚の板は非常にコンパクトで、4枚を組み合わせることでドリッパーになります。

スタイリッシュで人気のアウトドアドリッパーです。


サイズ:103mm×69mm×0.9mm
容量:1.5cup
重量:25g
素材:ステンレススチール

■口コミ・レビュー
普段は家で、たまにアウトドアで一人用のコーヒーを飲みます。
100均のプラスチック→モンベルコンパクトドリッパーときて、これになりました。
ユニフレームのバネットが半分の値段なのでとても迷いましたが、
評価でコーヒーが横から漏れる・引っかかりが無く風が吹くとカップから滑り落ちるなど不満をあげていた方が結構いたので、
思い切ってこちらにしました。使用した感想は、高かったけどこれにしてよかった!です。
組立方の絵図がありますがはっきり言って全く参考になりません(笑)、が、商品写真を見て簡単に組み立てることが出来ました。
ハリオのペーパーフィルター01Mがピッタリでした。
出典:Amazon

2位:ユニフレーム コーヒーバネット

元祖、コンパクトアウトドアコーヒードリッパーともいえるアイデア商品です。

その、ばねを利用した形状はとても目を惹きます。伸ばすのも縮めるのも一瞬で私も長年愛用しているコーヒードリッパーです。


【サイズ】135×120mm【重量】65g
【材質】18-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
【セット内容】バネットケース・フィルター10枚
【仕様】使用フィルター:2人用(市販のペーパーフィルターも使用できます)

■口コミ・レビュー
山でコーヒを飲みたくて購入しました。
手のひらサイズの一枚の板のようになりコンパクトという面では、100点
専用の袋も付いていますので、紙フィルターも収納出来ます。
この商品を購入してから、紙フィルター忘れが無くなり コーヒーが飲めないなんて事が無くなりました。とても重宝してます。機能性、便利性合わせて星五つとさせてもらいます。
出典:Amazon

4人用のコーヒーバネットとフィルターのセット
【サイズ】165×145mm【重量】135g
【材質】18-8ステンレス(SUS304 WPB熱処理済)
【セット内容】バネットケース・フィルター10枚
【仕様】使用フィルター:4人用(市販のペーパーフィルターも使用できます)

■口コミ・レビュー
時々しか飲まないし、キャンプでも使いたいし、キッチンの場所も取らないようこれにしました。
これより小さいと、広めのカップだと、傾いてコーヒーがこぼれてしまうと思うので、このくらい大きいほうがいいですね!キャンプで使うのが楽しみです!
出典:Amazon

3位:スノーピーク フォールディングコーヒードリッパー「焚火台型」

同社の名品「焚火台」をイメージしたドリッパーで、焚火台同様ペタンと折りたためます。

仕組みはミュニークに近いですが、こちらはセパレートになっておらず扱いはより簡単です。


材質:ステンレス(SUS304)
サイズ:使用時/104(W)×104(D)×96(H)mm、収納時/170(W)×140(D)×14(H)mm 重量:140g

■口コミ・レビュー
キャンプ用に普通のドリッパーを使ってましたが、
どうしても荷物になるので、こちらを購入。
うすーく折りたためて隙間にしまえるのはやはり良いです。
ペーパーは大きめのサイズを特殊におって使うようにパッケージに書いてありますが、
そのやり方でやると折った底の部分が陥没して結局折ってないのと同じになってしまいます。
ドリップアナが大きいのでスッキリタイプの味わいになるかな?と思いましたが、
粉を細かめにしてゆっくりドリップすれば濃くも出せます。
値段はそこそこしますがその分の価値はありました。
出典:Amazon

4位:キャプテンスタッグ ネットコーヒードリッパー

ご存じパール金属の実用製品。重なるメッシュ構造を利用したアイデア商品。

ありそうで無かった網型ドリッパーです。


サイズ(約):120×160×高さ80mm
収納サイズ(約):120×160×厚さ25mm
適応サイズ(約):口径:60×120mmのカップ・容器
材質:18-8ステンレス鋼

■口コミ・レビュー
近所のホーマ〇クで購入。ユニフレームのボニョヨーンコーヒードリッパーが嫌で買ったんですが、まあ衝動買いです。Amazonのレビュー読んだら酷評ですが、そんなことは無いです。まず、ユニフレームは円すいペーパーフィルターがベストマッチですが、コーノ式やHARIOのコーヒードリッパーの1つ穴ドリッパーはお湯の注ぎ方にテクニックがいる。普通に注げば、あっさり系なんですね。でもキャプテンスタッグは台形のペーパーフィルター。これはカリタやメリタのコーヒードリッパータイプです。アウトドアにはコーヒードリップするコーヒーポットなんて使うひとはいないと思います。台形ペーパーフィルターは円すいペーパーフィルターと比べて、 ドリップ回数とはこだわらないで美味しくコーヒーがドリップ出来ます。ここはキャプテンスタッグは狙ってたと思います。まあ、使い勝手はコツがあるとして、ユニフレームのコーヒードリッパーと比べれば、味にこだわるならキャプテンスタッグですね。マジで。
出典:Amazon

5位:GSI ウルトラライト ジャバドリップ

こちらは、布製のネットをつかったドリッパーで独創性の高いフォルムとなっています。

おしゃれ度は若干低いものの、登山用品のような機能美があります。


サイズ:11.4×10.7×19.6cm
重量:298g
素材:BPAフリーコポリエステル
内容:887mlカラフェ(蓋付、断熱EVAスリーブ 付)
耐熱温度:100℃

■口コミ・レビュー
一緒にクライミングをする友人が、これを持っており、よく山でコーヒーを淹れてくれます。
フィルターの足部分(オレンジ色のプラスチック)が動きますので、ドリップ時の受け側は色々なサイズに対応できます。
一人で飲むときはコップに直接設置でき、複数人で飲む時は、コッヘルに設置しています。
また、たいへん軽いです。
カップ、コーヒー豆と一緒にコッヘルに収納し、山登りから旅行まで持ち歩いて、コーヒーを淹れてます。
気に入ったので購入しました。
出典:Amazon

6位:A&F ラウンドドリッパー

3つの金属パーツから作られたオリジナリティの高いドリッパーです。

使用時の形状は一般家庭用のドリッパーに近く扱いやすくなってます。


使用時サイズH7cm×10φcm
収納時サイズ14.5cm×9cm
重量34g材質ステンレス

■口コミ・レビュー
アウトドア用ドリッパー 円すい(V60)のドリッパーでは、一番かっこいいです!

他のアウトドアドリッパーのように(カード型、焚き火台型、ワイヤー型…)話のネタみたいなドリッパーと比較すると、本筋を極めた形状で外だけでなく自宅でも使いたくなる雰囲気を醸し出してます٩(ˊᗜˋ*)و
出典:Amazon

7位:中宮虎熊商店 厳選国産ブナ使用 木のコーヒードリッパー

まさに、台風の目的なアイテムです。シンプルにこれだけです。

上手に淹れるためにはコーヒーフィルターの上手な選択や慎重な扱いが必要でしょう。

しかし、これだけでコーヒーを淹れれるようになればかなり粋なスタイルになりそうです。


軽量で、丈夫な、国産ブナを使用
重量:約30g/厚さ約10mm
新たなキャンプ用品を生み出すトラクマワークス(東京板橋)による特注モデル

■口コミ・レビュー
アウトドアで使用するのに、有名なステンレス製の物や組み立て?式の物は他の人と被るし、組み立ても若干面倒だし、しかも紙フィルター使用の物が良いなぁ、と思っていたところこちらを見つけて、しかも他サイトより随分安くなっていたので注文しました。どこにもレビューがなかったので不安ではありましたが。

軽くてコンパクトで手触りも良く、とっても可愛いのですが、説明に書いてある通りの2〜4杯分のフィルターを使用し、コーヒー豆用のスプーンに2杯入れてお湯を入れ始めたらあっけなくフィルターごと下に抜け落ちてしまいました。
スプーン1杯では最初は落ちにくいですが、どの位入ったかな?とドリッパーごと持ち上げたらやっぱり落ちてしまいました。慌てて触って、火傷に注意です!
お湯を入れ始めたら、お湯で濡れたフィルターをドリッパーに貼り付けるように広げると落ちにくくなります。カップは、一般的な300ccのダブルステンレスマグと、ダイネックスのマグ、どちらもサイズ的には問題ありませんでした。
キャンプ等ではコンパクト、雰囲気良、手入れも楽、乗せるだけなのでまあ良いとして、家やオフィスで日常的に使うのは少々コツがいるかもしれません。
出典:Amazon

8位:SORADRIP600

ミュニークに近い発想のアイテムですが、こちらは樹脂製のプレートを5枚使います。

その形状と弾力性からマグにピッタリフィットして逆さにしても外れないとされています。

カラーバリエーションが豊富で映えもばっちり。


 

パーコレーター

パーコレーターの仕組みは完成されており、各社の製品も似通った形状のものが多くなっています。

やかんとしての使いがってや、手持ちのアイテムとの組み合わせ収納もチェックしましょう。

1位:スノーピーク ステンレスパーコレーター

容量900ml で、直径115×190mm、重量820g

持ち手も折り畳み式でコンパクト性能が高いパーコレーターです。

もちろん湯沸かしにも使えます。


材質:18-8ステンレス(0.7mm)、ナイロンケース付
サイズ:直径115×190mm、容量:900ml、重量820g

■口コミ・レビュー
携帯性の良いもの探していたら、これを発見しました。値段が高いのが欠点ですが、携帯性を考えたら良いものです。
出典:Amazon

2位:コールマン ステンレスパーコレーター

容量1,300ml 約径120×230×170mm 重量630g

スノーピークのものより、高さが低く経が広くなっています。

湯量も約1.5倍と大人数でもばっちりです。


材質: 18-8ステンレス他
サイズ: 約径12×23×17cm
重量: 約630g
容量: 約6カップ用1.3L

■口コミ・レビュー
豆を、挽いて、BBQの時使いました、とても良い、香りがして、パーコレーターを、知らなかった仲間からは、生まれて初めて、こんな美味いコーヒー飲みましたと、言われました!とても満足してます。
出典:Amazon

3位:GSI ステンレス パーコレーター

容量440ml 高さ140mm 重量380g

コンパクトサイズ(3CUP)のパーコレーターです。

収納には適していますが、やかん用途を兼ねるとなるとやや力不足。


材質:本体/ステンレス、持ち手/耐熱シリコーン、トップ/プラスチック
サイズ/高さ14cm
重量/380g
容量/440ml

■口コミ・レビュー
実は、2個目です。
1つは、会社用で使用して もう1つは自宅用→キャンプなど
まぁ、コンパクトなので場所もとらずいいと思います。
もっと簡単なコーヒーメーカーなどたくさん出ていますが
すべてのパーツを洗浄でないのが・・・・・・・。
なので、シンプルなこれが最高だと思います。
出典:Amazon

4位:ペトロマックス キャンプ パーコレータ

容量2,100ml 205×210×150mm 重量:930g

びっくりサイズの大容量と思いきや、実はさらに大きい4,100ml仕様もあり。

収納はかなり厳しい。


材質:ステンレス
サイズ:20.5×21×15cm
重量:930g
容量:21L

■口コミ・レビュー
気に入ったところ:デザイン→シンプルで格好良いです
容量→十分です
機能性→コーヒーの色が見えるのが良いです
耐久性については、まだ使い始めて時間が経っていないので評価なしとしますが、しっかりした作りなので期待が持てそうです。
出典:Amazon

直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)

マキネッタは、収納でいうと扱いにくいアイテムです。

その形状から中に何かを入れることも難しく、やかんとしての利用もほぼできません。

しかし、味はもちろんそのギミックに惹かれて購入する方も多いようです。・・私もそうでした。

1位:BIALETTI 直火式 モカフィアメッタ

私が最初に手に入れたのはこの塗装タイプ。

長く使うと飽きがくるかもしれませんが、その映え力は強烈です。

容量160cc 約幅90×奥行140×高さ175mm 本体重量:約380g


サイズ:約9×14×17.5cm
本体重量(kg):0.4
3人用(タンク容量:約160cc)、直火使用:可、IH使用:不可、食洗機・電子レンジ使用:不可

■口コミ・レビュー
エスプレッソ、カフェモカを作るために購入しました。
うちのコンロにはすんなり乗って直火でコーヒーができましたが、まあまあ小さいのでコンロによってはごとくのパーツが別で必要かもしれません。
またキャンプやバーベキューでも活躍していましてとにかくオシャレです。朝、エスプレッソ用の粉を敷き詰め、水を入れて火にかける。飲んでいる時間は贅沢ですね。
出典:Amazon

2位:ペゼッティ 直火式エスプレッソメーカー 2人用

歴史あるベゼッティのマキネッタです。そのフォルムは伝統的で飽きが来ません。

どの直火式エスプレッソメーカーが良いか悩んだらこれで間違いないでしょう。

容量 100ml 140×73×150mm 本体重量 300g


サイズ:W140(把手含む)×D73(本体底辺)×H150mm

■口コミ・レビュー
火加減などコツを掴もうとしてます。ちょっとしたことで出来上がりが左右されるところが魅力。ハマりました。おススメしますを
出典:Amazon

3位:ロゴス(LOGOS) 見える! エスプレッソメーカー

アウトドアメーカーらしい造りで、コーヒーが出来上がる様が目視できます。

サイズ、容量ともにキャンプにちょうどよい出来上がりです。

容量 約350ml 180×115×215mm 総重量:(約)800g


総重量:(約)800g
サイズ:(約)18×11.5×21.5cm
底面サイズ:(約)直径10.7cm
容 量:(約)350ml
抽出容量:(約)300ml
主素材:アルミニウム、トライタン(コポリエステル)
※下部ポットの容量は約350mlですが、抽出できるコーヒーの最大容量は約300mlです

■口コミ・レビュー
まず、見た目がかわいい。次に、中身が見えるという点がGOOD。

中が見えると楽しいですし、安心して作れます。液漏れはしませんでしたし、イタリア製のものと作りは変わりません。

大きさも大きいので個人的には嬉しかったです。1mぐらいの高さから床に落としても割れないほど頑丈でした。
エスプレッソメーカーはニッチな商品ですが、日本製で大きく安いものを作って頂けて感謝です。
出典:Amazon

スポンサーリンク

キャンプで人気のコーヒーメーカーのまとめ!

キャンプで人気のコーヒーメーカーのおすすめアイテムや淹れ方や、収納での選び方などを紹介してきました。

収納でいうと圧倒的にドリップ式という結果ですし、ラインナップも非常に充実しています。

パーコレーターは使い方次第では、湯沸かしケトルを減らす事ができるので、ヤカン+ドリッパーに比べると実は最も荷物が少なくなる可能性があります。

直火式エスプレッソメーカーは、コーヒーだけを楽しむなら、ドリップ式やパーコレーターと荷物サイズは実は変わりませんが、コーヒーを入れるのみの機能しかないので、収納でいうとやや厳しい選択肢ですね。

どれも一長一短がありますが、やはり最終的にはお手軽でコンパクトなものの出動回数が多くなるのも現実なので、参考にしていただけたらと思います。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風
タイトルとURLをコピーしました