スポンサーリンク

キャンプスタイル別のコットのハイローの選び方は?メリットデメリットやマットとの比較も!

キャンプツール
スポンサーリンク

キャンプ用での快眠のためコットを利用を選ばれる方が増えています。

しかし、キャンプ用のコットには大きくローコットとハイコットがあって

ローコットとハイコットの明確な違いが知りたい
ローコットとハイコットのメリットデメリットは?
自分のキャンプスタイルにローコットとハイコットどっちが合うの?
と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは、

ローコットとハイコットの違い
ローコットとハイコットのメリットデメリット
ハイコットが適しているキャンプスタイル
ローコットが適しているキャンプスタイル

と選び方について紹介していきます。

 

ローコットのおすすめはこちらの記事で!
キャンプで人気!ローコットのおすすめランキング!選び方と比較・初心者用も!
キャンプでの寝床にコットを選ばれる方が増えていますね。コットにはハイスタイルとロースタイルの2種類がありますが、よりコンパクトでテント内の空間も広く感じられるロースタイルに興味がわいている方も多いでしょう。ここでは、そんな方のために、ローコットのおすすめアイテムや選び方と比較・初心者の注意すべき点などについて紹介していきます。

ハイコットのおすすめはこちらの記事で!
キャンプで人気のハイコットのおすすめランキング!選び方と比較法・初心者用も!
フロアレステントの台頭で、キャンプでの寝床にコットを選ばれる方が増えています。どんなところでも広げるだけで寝床がつくれるハイコットにはコットの魅力が全て詰め込まれているとも言えるでしょう。ここでは、そんな方ハイコットの購入を検討している方のためにハイコットのおすすめランキングや選び方と比較、初心者向けアイテムなどについて紹介していきます。

2Wayコットのおすすめはこちらの記事で!
キャンプで人気!高さ調整可の2wayコットのおすすめランキング!選び方と比較も!
キャンプ用のコットで、ハイコットとローコットでどちらを購入するか悩まれることがあります。また、キャンプスタイルによって使い分けたいと考える人もいて、高さを変えられる2WAYのコットが気になる方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな方のために2Wayコットの選び方や比較ポイント、おすすめアイテムについて紹介していきます.
スポンサーリンク

ローコットとハイコットの違いは?メリット・デメリットも!

ローコットとハイコットの違いは「高さ」ですが、この高さを出すためにハイコットは重く大きくなる傾向があります。

ローコットは、軽量コンパクトを特徴としたものも多く、バックパックやツーリングにも利用できるのがメリットです。

高さによる違いは大きく、地面から離れる事で草との接触や虫からも守られ、地面の熱気や冷気からも遠ざかる事ができます。

ハイコットのメリットデメリット

ハイコットのメリット
地面からの影響を受けにくくシートが不要
高さがあるのでベンチとして使える
下にものを収納できる
ハイコットのデメリット
重くかさばる
空間を圧迫する
下のものがとりにくい

ローコットのメリットデメリット

ローコットのメリット
軽くコンパクト
テント・タープ内の空間を圧迫しない
フロアに寝ているようにものをとったりできる
ローコットのデメリット
地面に近く、草やそれについている虫から攻撃されやすい
地面からの熱気・冷気を遮断しにくい
ベンチとして使いにくい
スポンサーリンク

ハイコットが適しているキャンプスタイル

ハイコットが適しているキャンプスタイルは、ズバリフロアレスです。

虫のいない時期なら、そのまま就寝する事もできますし、地面に草が生えていてもかぶれたりしません。

虫がいる時期も、バグネット・モスキートネットなどを利用すれば、ハンモック泊同様に地面の状態に関わらず快適な就寝をすることができます。

確かに、ベンチとして使えたり下にものを収納できるというのはハイコットの利点ですが、インナーテントの中で使うにはデメリットも多く、ローコットやキャンプマットの方が適している面が多いです。

・ハイコットの適しているキャンプスタイルはフロアレス
・ベンチ可・荷物置き場などは2次的要因で最重要ポイントではない

ハイコットが適しているキャンプスタイルで、ローコットとの比較で悩んでいる方は、むしろハイコットとハンモックを比較してみても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

ローコットが適しているキャンプスタイル

ローコットが適しているキャンプスタイルはインナーテントです。または、これに近いグランドシート・フロアシートを使っている時も向いています。

地面からの直接の影響を防げる環境で、ベッドの寝心地を得たいというならローコットが良いでしょう。

そうはいっても、薄いマットよりは地面からの影響は大幅に防げますし、草丈の低い地面ならフロアレスで使う事もできます。その辺はキャンプ地次第とも言えますね。

また、バックパックで背負う必要があったり、ツーリングキャンプなどで重量が制限されたりする場合にもローコットの出番となりますが、この場合にはキャンプマットとの比較も重要になります。

・ローコットの適しているキャンプスタイルはインナーテントやシートあり
・軽量コンパクトだけで選ぶなら他にも選択肢はあり
ローコットが適しているキャンプスタイルで、ハイコットとの比較で悩んでいる方は、むしろローコットとキャンプマットを比較してみるのも良いでしょう。

キャンプマットとの比較は?

キャンプマットで一番コットに近い寝心地なのは、インフレータブルマットですが、マットには寝転がっても毛布が落ちない、子どもと添い寝ができる、軽い、といったメリットがあります。

ローコットに対するインフレータブルマットの利点
・毛布や寝具、自分が落ちない
・子供と添い寝ができる
・軽い
・フロアにダメージを与えない

特に、フロア・グランドシート、インナーテントの床布に対するコット足の負担は、想像以上に大きいので、ローコットに明確なメリットを見出せなければ、インフレータブルマットを使う事も検討したほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

キャンプスタイル別のコットのハイローの選び方のまとめ!

キャンプスタイル別のコットのハイローの選び方やそれぞれのメリット・デメリットについて紹介してきました。

ハイコットは、地面にそのまま設置して使えるのが特徴で、ローコットはテント内などでフロアがある場合に有用です。

どうしてもハイコットとローコットで迷った場合には、2Wayで使えるコットも販売されていますので、そちらを検討するのも良いかもしれません。

ローコットのおすすめはこちらの記事で!
キャンプで人気!ローコットのおすすめランキング!選び方と比較・初心者用も!
キャンプでの寝床にコットを選ばれる方が増えていますね。コットにはハイスタイルとロースタイルの2種類がありますが、よりコンパクトでテント内の空間も広く感じられるロースタイルに興味がわいている方も多いでしょう。ここでは、そんな方のために、ローコットのおすすめアイテムや選び方と比較・初心者の注意すべき点などについて紹介していきます。

ハイコットのおすすめはこちらの記事で!
キャンプで人気のハイコットのおすすめランキング!選び方と比較法・初心者用も!
フロアレステントの台頭で、キャンプでの寝床にコットを選ばれる方が増えています。どんなところでも広げるだけで寝床がつくれるハイコットにはコットの魅力が全て詰め込まれているとも言えるでしょう。ここでは、そんな方ハイコットの購入を検討している方のためにハイコットのおすすめランキングや選び方と比較、初心者向けアイテムなどについて紹介していきます。

2Wayコットのおすすめはこちらの記事で!
キャンプで人気!高さ調整可の2wayコットのおすすめランキング!選び方と比較も!
キャンプ用のコットで、ハイコットとローコットでどちらを購入するか悩まれることがあります。また、キャンプスタイルによって使い分けたいと考える人もいて、高さを変えられる2WAYのコットが気になる方も多いのではないでしょうか?ここでは、そんな方のために2Wayコットの選び方や比較ポイント、おすすめアイテムについて紹介していきます.
キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風
タイトルとURLをコピーしました