スポンサーリンク

キャンプ用のウォータージャグ・タンクのおすすめランキング!おしゃれ度や保冷力も比較!

ウォータージャグ ウォータータンク キャンプツール
スポンサーリンク

オートキャンプなどで、自分の区画に水場があったり、サイトの近くに洗い場があったりすればウォータージャグが活躍する場はあまり無いかもしれません。

また、ウォータージャグといえば、野球やサッカーの練習や試合で大量の飲み水を用意するためのものと想像する人もいるかと思います。

ウォータージャグが、一番活躍するのはフリーサイトで水場が遠い時に、調理用の水や飲料水などを運ぶ場面ですが、私はちょっとしたハイキングやトレッキングのときにも、ぬるま湯をウオータージャグに入れて車に積んで行きます。

外遊びを楽しんだあと、車に乗る前に温かいお湯で、手や顔を洗えるのは想像以上に気持ちが良いものです。

ここでは、キャンプやアウトドアで活躍するおすすめのウォータージャグを紹介いたします。

ランキングに飛ぶ

スポンサーリンク

キャンプ用ウォータージャグの選び方!

ウォータージャグには大きく2つの種類があります。

まず、主に飲料水を入れるための保冷力の高い小型のものと、キャンプサイトの水道替わりに大量の水を運ぶためのものに大きく分かれます。

前者をウォータージャグ、後者をウオータータンクと呼ぶ場合もあります。

どちらも、水を運ぶ機能は一緒ですが、使い勝手はかなり違ってきますので、どちらの機能が優先か、しっかり検討しておきましょう。

飲料・調理メイン

保冷力が高く飲料水の確保に便利・容量は小さめ

コック(蛇口)によっては、押しっぱなしでしか水が出ないものも

保冷力やコックの形状で比較しましょう

手洗い・食器洗いメイン

容量が大きく吐水量が大きいコックで、出しっぱなしがしやすく手洗いにも便利

容量や、運搬に便利な形状・タイヤ(ホイール)の有無などで比較しましょう。

コンパクト・ソフトタイプ

 

ウォータージャグの最大の欠点、運搬時のサイズを克服したタイプです。

防災用の給水袋のようなものもありますが、キャンプで使用するには給水口と蛇口が別々になっているものが使い勝手が良いです。

形が定まりにくいものもあるので、置き場所はあらかじめ考えておくか、専用の台を用意しておく方がよいでしょう。

初心者の選び方・ポイント!

最初に購入するなら、ポリタンク系の手洗い・食器洗いに便利なタイプがおすすめです。

保冷力はありませんが、飲料用にも使えますので、シーンを選びません。

「水」はすべての方に必須ですが、「冷たい水」が必須かはスタイルによりますので、のちのちお荷物にならないように、しっかり検討したいところです。

また、車載量に不安があるなら、コンパクトタイプで蛇口がしっかりしたものが良いでしょう。

スポンサーリンク

キャンプ用ウォータージャグのおすすめランキング!

ここでは、キャンプ用のウォータージャグのおすすめアイテムを用途別に紹介いたします。

飲料・調理用

飲料・調理用のウォータージャグは、保冷力が求められます。

このタイプのジャグには、見た目がおしゃれなアイテムもたくさんあります。

飲料や調理用であれば、容量はそこまで必要ありません。

ほどほどのものが良いでしょう。

1位:イグルーウォータージャグ

ウォータージャグ・クーラーボックス界でNO1メーカーとして有名な、「イグルー」のジャグは、カタログスペックでの表記は無いものの、保冷力でもNo1とも言われている評価が高いツールです。

見た目のカラーリングもインパクトが大きく、おしゃれアイテムとしての人気も抜群。

サイズ展開が、8L、12L、19Lとバリエーションがあります。

8Lサイズスペック
本体サイズ:幅29.5×奥行28.5×高さ37.5cm
重量:1.5kg
材質=本体外側=ポリエチレン、本体内側=ポリプロピレン、フタ=ポリプロピレン
容量:約8L

2位:STANLEY(スタンレー) ウォータージャグ

創業100年を超える、老舗魔法瓶メーカーのスタンレーからは、保冷力の高い無骨なウォータージャグがリリースされています。

10度以下での保冷能力が11時間と他の商品と比較しても、高い保冷力を誇ります。

こちらは、カラーが2色、3.8Lと7.5Lのバリエーションが用意されています。

3.8Lサイズスペック
サイズ:高さ302×本体径297mm
重量:1,100g
容量:3.8L7.5Lサイズスペック
サイズ:高さ4.3×本体径29.7cm
重量:1.6kg
容量:7.5L材質:本体外側/ポリプロピレン、本体内側/ポリプロピレン、蓋/ポリプロピレン、注ぎ口/ポリプロピレン・ナイロン・ステンレス鋼、パッキン/シリコーン
保冷力目安:6度以下/6時間、10度以下/11時間

3位:キャプテンスタッグ トップキャッチ ツインコックウォータージャグ

キャプスタのこちらのウォータージャグも保冷力が高く、コックが二つついているのが特徴です。

保冷力は、10度以下(8時間)とトップレベルで、10Lの容量がありますから、長い時間冷たい水を楽しむことができます。

サイズ : (約)240×280×425mm
重量 : (約)1700g
材質 : 内容器/アルミニウム(アルマイト加工)、胴部/ステンレス鋼、ふた・内ふた・本体樹脂部・コップ/ポリプロピレン、断熱材(本体)/ウレタンフォーム
保温効果 : (約)45度以上(24時間)・75度以上(6時間)、保冷効果 : (約)10度以下(8時間)
収納サイズ : (約)240×270×365mm

4位:ピーコック ステンレス キーパー 広口タイプ グレー 8.1L

ステンレス製のボディがスマートな、ウォータージャグです。

保冷力も、9度以下(6時間)と、そこそこ期待できるスペック。

サイズ展開は、6.1L 8.1L 9.5Lと用意されており、9.5Lサイズにはツインコックタイプもあります。

素材・材質:ステンレス
保温効力:72度以上(6時間)
保冷効力:9度以下(6時間)

5位:MINTAGE ミンテージ ウォータージャグ 10 Litres 保温保冷

ステンレス製のウォータージャグですが、保温効果は一応うたわれているものの、あまり望まないほうが無難です。

しかし、それを大きく上回るビジュアルで、おしゃれ度では最強かもしれません。

蛇口パーツが、一般規格のものとなっているので、水道パーツをホームセンターで購入して自作コックを使うもの面白そうです。

高さ約34cm 直径約26cm 外周約78cm

手洗い・食器洗い用

手洗い・食器洗い用のウォータージャグは、大量の水を入れやすく、出しっぱなしにもしやすい蛇口がついているものがオススメです。

ポリタンクのようなタイプも多く、保温能力は無いものと思ってよいでしょう。

1位:igloo(イグルー)スポーツローラー ウォータージャグ

タイヤ(ホイール)とハンドルがついた運搬に便利なウォータージャグです。

保温力も少し期待できますし、いかにもポリタンクといったようなウォータータンクと比較すると、おしゃれ度が光ります。

一般的なポリタンクの容量を超える19Lサイズで、洗い物も安心です。

本体サイズ:幅37.8×奥行34×高さ55cm
本体重量:4.5kg
材質:ポリエチレン、ABS樹脂、ウレタンフォーム
原産国:アメリカ
容量:19L

2位:BUNDOK(バンドック) クラシック ジャグ 8L

8Lと容量が不足がちで、持ち運びもハンドルが無く不便ですが、シンプルでかわいい見た目が、おしゃれサイト作りに貢献します。

樹脂製なので、ガラスのように割れたりはしませんが、蛇口との継ぎ目など、取り扱いにも多少気を遣うでしょう。

何よりも見た目という方にお勧めです。


サイズ/約250x190x320mm
重量/約600g
容量/8リットル
耐熱温度/70℃・耐冷温度-/10℃
材質/PET・ABS樹脂・ポリプロピレン・POM

3位:DOD(ディーオーディー) フツーノタンク

名前がおもしろい、ウォータータンクですが、見た目はヘビーデューティーでハードなイメージです。

容量が10Lと控えめですが、よく考えて作られており、低い位置の水道からも水が汲みやすいように、側面に給水口が設けられています。

機能性と機能美が好きな方にお勧めです。

カラー:カーキ
サイズ(:約)W38×D16×H26.5cm
重量(:約)700g
容量: 10L
材質:本体:ポリエチレン、フタ/蛇口:ポリプロピレン

4位:ソト(SOTO) ウォータージャグ ST-620LV

同社のシステムスタンドにピッタリおさまるウォータージャグです。

ウォータージャグは、置き場所に困る事もあり、キッチンテーブルに乗せたりしても場所をとるものですが、このシステムスタンドとウォータージャグのコンビなら、デットスペースを生かしてる感が非常に高く、置き場所が安定します。

私もこれを14年使っていますが、いまだに壊れたりしていません。

本体サイズ:幅31.2×奥行37.2×高さ22cm
本体重量:1.2kg
材質:ポリエチレン
容量:12L

5位:タンゲ化学工業 ホイールウォータータンク 20L

コスパが高く使いやすいウォータータンクです。

大きなホイールがついているので、洗い場からサイトまで楽に運べますし、縦にするときも簡単です。

サイズ(約):40.5×20.5×35cm、容量:20L
本体重量(約):1.8kg
素材・材質:本体/ポリエチレン、キャップ/ポリプロピレン
生産国:日本
ホイール&キャスター付きタンク、蛇口コック付き

コンパクト・ソフトタイプ

防災用にも人気のペシャンこタンクやジャバラ状のものがあります。

保冷力は皆無のようなもので、形が定まりにくいため置き場所にも工夫が必要で、耐久性にも不安がのこりますが、運搬時にその真価を発揮します。

ウォータージャグ・タンクは、空っぽのときは非常にスペースをとる荷物となりますが、これらのタイプならつぶして省スペースで持ち込む事ができます。

1位:BUNDOK(バンドック) ジャバラ ウォーター ジャグ

ユニークな形状のウォータージャグです。

UFOのような形状で、しまうときはジャバラ状につぶせてコンパクトになります。

ソフトタイプの中では、使い勝手が飲料・調理用のウオータージャグに近く、性能とコンパクト性を両立しているタンクです。

サイズ(約)/W21xD21xH38.5/28cm
収納時サイズ(約)/23x23x13cm
容量(約)/7.5L
材 質/ポリプロピレン(蓋/耐熱60℃、耐冷0℃・本体/耐熱60℃・耐冷0℃)
重 量(約)/540g
使用時サイズ(約)/W21xD26.5xH46.5cm(取手、台座含む)
台座付・ジャバラ式・コック栓付

2位:FIELDOOR ウェイトバッグ&ウォータータンク (2個セット)

こちらもユニークな商品で、ウォータータンクとしてももちろん使えますし、アンカーとしてペグの変わりにも使えます。

同様の用途に砂袋などもありますが、役目を兼ねているのが面白いところです。

しかし、同時に両方の用途に使う事は難しいので、その辺は考えて購入する必要があります。

サイズ(約):ウェイトバッグ/27cm×27cm×23cm ウォータータンク/27cm×27cm×高さ26cm※取っ手部 : (約)4cm
材質:ウェイトバッグ/PE ウォータータンク/LDPE・EVA

3位:BUNDOK(バンドック) フォールディング ジャグ

ぺしゃんこジャグの見本のようなアイテムですが、蛇口が下部についていて使いやすさも考慮されています。

他のぺしゃんこジャグが、給吐水口が一か所で兼用なのに対して、こちらのジャグはしっかり、上下で使い分けがされています。

コンパクトさでは、最強のタンクです。

サイズ/約420x150x320mm
耐熱/80℃・耐冷/-20℃
重 量/約80g
材 質/本体:ポリエチレン・PET コック:ポリプロピレン・ポリエチレン・熱可塑性エラストマー

4位:BUNDOK(バンドック) ウォーター タンク 広口

こちらのバンドックのジャグも、一般的は押しつぶしタイプのタンクとしては珍しく、給水口と蛇口が別々に設けられており、使用時にも便利にできています。

特に、給水口は経口の大きいものになっているので、清流汲みなどでも困る事はありません。

サイズ(約)/W25xD30xH30cm
収納時サイズ(約)/25x25x13cm
材 質/ポリエチレン
重 量(約)/460g
容量(約)/16L・折りたたみ式・ハンドル付・コック栓タイプ・水入れ口(約)/9.5cm

5位:アイリスオーヤマ 防災グッズ ウォータータンク

圧倒的なコスパを誇るアイリスオーヤマのタンクです。

キャンプ用でハードに使い倒すの良し、防災用に保険購入するのも良しと、子どもの遊び用に与えても良しとそのコスパだけで用途も広がります。

コスパは高いですが、一般的な仕様はしっかりおさえてありますので安心です。

商品サイズ(約):使用時:幅22.5×奥行22.5×高さ27cm/折りたたみ時:幅20×奥行20×高さ6cm
重量:約170g
材質:高密度ポリエチレン、ポリプロピレン
容量:約10L
耐熱温度:80度/-20度
スポンサーリンク

キャンプ用のウォータージャグ・タンクのまとめ!

キャンプ用おすすめウオータージャグ・タンクについて紹介してきました。

おしゃれサイトの演出に人気のジャグですが、水が手元にあるというのは、案外便利なものです。

特に昨今は手洗いをしっかりしたいところですから、都度子供たちに手洗いをさせるのにも、近場に水は用意しておきたいものですよね。

飲料用と手洗い用と分けて紹介しましたが、もちろん兼用で使う事もできます。

しっかりと用途を想定しながら選ぶと失敗しないと思います。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風