スポンサーリンク

キャンプに便利な人気ガストーチバーナーおすすめランキング!選び方や比較も!

キャンプツール
スポンサーリンク

炭の火起こしや、焚き火の火付け、スモークウッドの着火など、キャンプ・BBQに一台は欲しいガストーチバーナー。
ホームセンターなどでも手に入りやすく、安価なものもあるため買ってみようと思われる方も多いと思います。

でも

「色々あるけど、選び方や比較がわからない」
「ガスを使うので安全性や耐久性が心配」
「おすすめのガストーチバーナーを知りたい」

と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のためにここでは、

「ガストーチバーナーの選び方と比較ポイント」
「安全性や耐久性について」
「おすすめのガストーチバーナー」

について紹介していきます

スポンサーリンク

ガストーチバーナーの選び方と比較ポイント

ガストーチバーナーはシンプルなツールですが、気を付けるポイントが3つあります。

ガスの種類

ランタンやストーブと同様、ガストーチにも、CB缶(カセットガス)とOD缶(T缶・アウトドア缶)の2種類があり、SOTOに至っては、ねじ込み式の縦型ガス缶もあります。

ガス缶も含めてトーチバーナーとして考えれば、燃料の統一などはあまり気にする必要はありません。

しかし、CB缶とOD缶では性能とランニングコストに差が出ますから、そこは考えて選ぶ必要があります。

ランニングコスト 性能
CB缶 安い 低い
OD缶 高い 高い

生ガス・生火防止機構

ガストーチバーナーを使ううえで、問題となるのが、この生ガス(生火)です。

ガス缶の上部から、気化されたガスがバーナー部に供給される事で、きれいな火炎がでるのですが、斜めにしたりすることで、液体状態のガスがバーナー部に流れ、大きな炎(生火)となって噴き出してしまう不具合です。

特別な使い方をしなくても、炭などに火をつけるときには、下の方に向ける事が多く、良く起きる現象です。

これが発生すると、危険なだけではなく、炎の温度も下がり実用性が著しく下がります。

ガストーチバーナーによっては、余熱や内部・ガス缶の機構で生ガス・生火を防げるものがありますのでおすすめです。

火力・火炎温度

ガストーチバーナーには、火力(kcal/h)と火炎温度(℃)の性能差があります。

火力が強いと、一時に出る熱量が高く薪の広い面に着火する時などには良いのですが、火の着きにくい炭などは火炎温度が高いほうが、火が着きやすいとされています。

スポンサーリンク

安全性や耐久性について

補償などを考えると日本でガス検を通っているものを購入するのがベストです。

やはり、ネットだけでしか売っていないようなノーブランドの製品は、不安がつきまといます。

できれば、しっかりとガス缶も供給しているようなメーカーの定番品をおすすめします。

ガストーチバーナーは、それほど高価なものではないので、メーカーは選んだほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

ガストーチバーナーのおすすめランキング!

ここからは、ガストーチバーナーのおすすめアイテムを紹介していきます。

1位:ソト(SOTO) フィールドチャッカー ST-450

正直、ガストーチバーナーはSOTO独り勝ちといっても過言ではないくらいで、種類もたくさんリリースされています。

そんな、中でもシリーズの集大成にして最も汎用的といえるのがST-450。

瞬間帰化システムにより、生ガス・生火が出ずいつでも逆さ使用が可能。

また、ガス量だけではなく空気量も調整可能なレバーがついており、一点集中の炎と全体に広がる炎を使い分ける事ができます。

ガスは、一般的なCB缶(カセットガス)に対応し、おすすめランキングと言っておいてなんですが、よほど好みなどの理由がなければコレで決まりです。

寸法:長さ132×高さ66×幅34mm(ボンベ除く)
重量:153g(本体のみ)
火口径:直径22mm
発熱量:2.1kW(1,820kcal/h)(ST-760使用時)、1.8kW(1,550kcal/h)(ST-700使用時)
炎温度:最高1,300℃最低900℃
使用燃料:SOTO製品専用容器(CB缶)

2位:Iwatani(イワタニ) カセットガス トーチバーナー CB-TC-OD

この分野でSOTOに対抗できるのはイワタニくらいかもしれません。

最高温度が1400℃(1600kcal/h)と1位のST-450を上回り、より高温を求める方におすすめです。

ガスは、こちらもCB缶を用いますので、手に入りやすく経済的です。

サイズ:約173×39×77mm
商品重量:約160g
材質:[本体] ナイロン66/[バーナー火口] ステンレス/[器具せんつまみ] PC樹脂
ガス消費量:約135g/h

3位:コールマン(Coleman) コールマントーチ 170-8075

アウトドア火器の代名詞コールマンのトーチです。

ガス缶がOD缶(T缶)用なので、燃費が悪いのですがガス圧が高く、約1,500℃の火炎温度を誇ります。

OD缶のガスストーブを持っていたり、コールマンのランタンを使っていたりするなら、こちらがおすすめですね。

サイズ: 約7×4.5×18cm
重量: 約210g
熱量: 約1,200kcal/h
火炎温度: 約1,500℃
ガス消費量: 約100g/h

4位:ソト(SOTO) フィールドチャッカーST-430S

こちらはSOTOのねじ込み式ボンベ(ST-720)を使用するタイプで、ボンベ自体に工夫があり生ガスがでません。

ST-450同様に、ガス量と空気量の両方が調節可能で、より火力が強いモデルとなっています。

ガス缶が、手に入りにくくコスパが悪くなったかわりに、全体的にスペックアップしているようなアイテムです。

本体サイズ(全長×全高×全幅)  約150×100×25mm
重量  約0.14kg
発熱量  3.3kW(2,800kcal/h)
炎温度  1,000~約1,600度
燃焼時間  約1時間10分

5位:スノーピーク(snow peak) フォールディングトーチ

CB缶、OD缶の両方が使え、最大火力が3,500kcal/hというバケモノスペックですが、あまりにもコスパが悪く、一生ものが欲しいというような、よほど気に入った人にしかお勧めできません。

ガス缶も、両方使えるのは一見すごいように感じますが、実際使い分けるシーンは少ないでしょう。

サイズ本体/277×73×205(h)mm、
CB缶アダプター/φ40×28(h)mm
最大出力3,500kcal/h

6位:キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ハンディ ガストーチ

性能面で尖ったものはないのですが、めちゃくちゃコスパが良く、「とりあえず何でも良い」という人には、実は一番のおすすめです。

CB缶利用でランニングコストも有利、実用面でも必要十分な性能は備わっています。

さすが鹿番長。

サイズ(約):幅38×全長160×高さ52mm(ガス容器含まず)
点火方式:圧電点火方式
ガス消費量(約):147g/h
燃焼時間:約1時間40分/ガス容器(NET250g)1本
最高火炎温度:約1,300℃
重量(約):110g(ガス容器含まず)
材質:本体:アルミダイカスト、火口:ステンレス鋼、樹脂部:66ナイロン

7位:キャンピングムーン(CAMPING MOON)   2WAYトーチ

なんともやんちゃなアイテムですが、非常にユニークです。

ノズルの長さが2通り選べて、OD缶・CB缶と両方使えるマルチトーチ。

仕組みが複雑になっており、メーカーが専用ガス缶を供給していないので、やはり耐久性や安全性に不安が残ります。

サイズ (使用時):57cm×37cm
材質:ステンレス・固体陽極酸化アルミニウム合金・プラスチック
重量:440g
出力:12.000kcal/h
付属品: ①収納ケース、②トーチ、③ジョイント、④ハンドル、⑤変換アダプター、⑥イグナイター、⑦スパナ延長ロッド(逆止弁付)

 

スポンサーリンク

ガストーチバーナーのまとめ

キャンプに便利で人気のガストーチバーナーのおすすめアイテムや、選び方・比較、案税制や耐久性などについて紹介してきました。

ガストーチバーナーが一台あると、雨の火の火起こしや、料理の焼き目つけなど、様々な場面で活躍するので、ぜひ用意してみてはいかがでしょう。

キャンプツール
スポンサーリンク
nemutaiをフォローする
社畜のスローライフ風
タイトルとURLをコピーしました