スポンサーリンク

キャンプに生卵持参!ケースだけじゃない保存上のヤバイ注意点とは?

ツール・グッズ
スポンサーリンク

キャンプに生卵をもっていきたい。割れないための専用ケースはなんとなく知ってるけど、冷蔵庫から取り出した卵はクーラーボックスが良いの?他に注意する事は?と気になる方もいらっしゃると思います。

特に冷蔵庫で卵を保管している方は、キャンプ場にもっていくまでの温度変化が生卵の鮮度を大きく落としてしまうかもしれません。

ここでは、そんな生卵派のキャンパーさんにおいしく安全に生卵をもっていき保管する注意点を紹介いたします。

スポンサーリンク

生卵は常温派?冷蔵庫派?それぞれの状態を維持するのが基本

生卵はスーパーでは常温で売られていて、ご家庭では冷蔵庫で保存している方が多いのではないでしょうか?

実際、生卵の推奨保存状態は10℃以下とされています。このため、冷蔵庫で保存するのは正解といえるでしょう。

なぜ、スーパーで常温で生卵を売っているのかというと、それは温度差による結露を防止する為です。

生卵の天敵は結露

生卵には実は呼吸用の無数の気孔と呼ばれる穴が開いています。

この穴は空気や水分を通し卵の鮮度を保つために活躍するのですが、卵の殻が濡れてしまうと雑菌が繁殖し穴から内部に侵入してしまいます。

このため、卵の水洗いや多湿保管などは禁忌とされるのです。

 

持ち出すなら温度変化に注意

ご家庭の冷蔵庫から取り出した生卵を常温で持ち出したとしたらどうなるでしょう?ケースなどで割れないように注意したとしても結露で表面が濡れてしまいます。

卵の表面にはサルモネラ菌なども潜んでいる可能性があり、卵そのものの鮮度劣化だけではなく他の食材にまで雑菌を移してしまいかねません。

冷蔵庫から取り出した卵であれば、冷えたクーラーボックス内で運ぶのが基本です。

キャンプの予定があるなら必要分は常温で保管

あらかじめキャンプに持ち込みたい生卵の数がわかっているなら、その分は常温で待機させておきましょう。生卵は冷蔵のほうがもちが良いですが常温でも2週間以上は大丈夫です。

常温で保管した卵はケースなどで保護すれば常温のままキャンプ場へもっていき保存する事ができます。

スポンサーリンク

生卵の常温保存での注意点

生卵を常温で置いておくために避けなければならないのは高温多湿です。

特に直射日光は良くないのでタープ下などで風通しの良い場所におきましょう。

しかし、もともとスーパーなどでも常温で売っている卵ですから、あまり気にしすぎる必要はありません。

キャンプの期間中くらいなら十分もちます。

スポンサーリンク

生卵は使う直前に殻を水洗い

生卵の殻を洗うことは通常は禁忌です。それは濡れた殻の表面で雑菌が繁殖し気孔を通じて内部に入る危険があるからというだけではなく、クチクラという卵を守っている膜を壊してしまうからです。
しかし、実際に生卵の殻にはサルモネラ菌などが潜んでいる場合もありますから、使う直前に水洗いしましょう。また、殻を割ったりして生卵にさわった手も一度洗ってからほかの食材の調理にかかってください。

スポンサーリンク

生卵はとがった方を下にむけて運搬

生卵をケースにしっかり入れて殻が割れないように注意したとしても、生卵の中身までは固定できません。キャンプ場への道は平坦な舗装路ばかりとは限りませんから、中身がシェイクされるような状態にもなります。そんなとき卵のとがった方を下にして丸いほうを上にしておくと卵黄が丸い方にある気室という空間に守られて殻にあたるのを防いでくれます。
生卵の殻のとがったほうは殻の厚さもあり上部ですから一石二鳥です。


この逆向きに保存

スポンサーリンク

生卵の保管ケース4選

生卵の保管で注意すべき点を整理しましたが、運搬・保存に卵用のケースはやっぱり便利です。
ここからはオススメのケースをご紹介いたします。

エバニュー 玉子ケース

ご存じ大本命の玉子ケースです。ケースの耐熱温度が100度とケースごとゆで卵を作れるのも面白いですが、一番のメリットはメッシュ構造。これにより結露から生卵を守ってくれるのです。通気性が期待できる卵ケースが少ない中、貴重なアイテムです。

 キャプテンスタッグ 携帯タマゴホルダー

ご家庭のキッチン周りを知り尽くしたパール金属がリリースするタマゴホルダー。
6個いっぺんに運べます。こちらの耐熱温度も110度と高く食洗器や電子レンジもOKです。
まとめて持ち込みたい方に。

 キャンピングムーン エッグホルダー

オレンジカラーが映えるエッグホルダーです。6個入りが2セットでお買い得。
持ちてがついていて運びやすいのもポイント。内部には小さなホールド用の突起があり卵をしっかり固定してくれます。

ロゴス エッグホルダー

シンプルな2個ケース。ソロキャンプや少人数キャンプに。
半透明で清潔感のあるビジュアルです。

スポンサーリンク

キャンプでの生卵の扱い方のまとめ

実際はケースよりも温度管理が重要です。といっても直射日光のあたる日向に放置したり、温度変化を急激にさせて結露させたりしなければおおむね大丈夫です。

いままで生卵をキャンプに持って行ったことが無いという方も検討してみてほしいです。
キャンプでやるつくねやフレンチトースト、目玉焼きを入れたホットサンドなど楽しみ方はいっぱいありますから。