スポンサーリンク

ピエール瀧の復帰はゾッキのどんな役で出番はどこ?出演話のあらすじと配役を調査!

話題
スポンサーリンク

電気グルーヴのピエール瀧さんが、来年公開の映画「ゾッキ」に出演し、芸能界復帰することが報道されました。

復帰が早いとの声もあがっていますが、ピエール瀧さんのファンからは暖かい声も挙がっているようです。

ここでは、ピエール瀧さんの復帰作となる「ゾッキ」についてや、ピエール瀧さんが演じる漁師の「定男」や出演話のあらすじなどについて紹介いたします。

スポンサーリンク

ピエール瀧さんの復帰作「ゾッキ」とは?

竹中直人さん(63)、山田孝之さん(36)、斎藤工さん(38)の3人が監督する、2121年公開のゾッキは、大橋裕之さんの短編漫画が原作です。

「ゾッキ」とは、「寄せ集め」「ひとまとめにした」という古本市場の用語で、ひとまとめで束ねられ安売りされる「ゾッキ本」が由来だそうです。

ゾッキは、大橋裕之さんの初期の作品。

ちょっと変わった人たちの日常を描く短編集となっています。

スポンサーリンク

ピエール瀧さんの演じる「漁師の定男」とは?

ピエール瀧さんが演じるのは漁師の定男。

原作では、名前とシャバに出てくるヤバめの男という設定だけが紹介されます。

しかし、今回の映画では「定男」は登場人物として、ストーリーに絡んでくるそうです。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。
スポンサーリンク

漁師の定男の出演話のあらすじについて

ピエール瀧さんが演じる定男が出演するのは、「Winter Love」というタイトルの男が自転車で旅をする話ですね。

藤村という冴えない男が、東京から自転車で東海道を南に旅する話です。

ホムセンの寝袋一つで、自転車で旅をする藤村が立ち寄った清水の漁港で漁師の話を聞きます。

そこで、刑務所に入っていた定男(ピエール瀧)が「4月にシャバに出てくるってよ」という話題になるのです。

原作では、「定男は組合に戻るのだろうか」「戻ってもすぐに暴れてダメだろう」「暴れたら俺がブッ飛ばしてやる」「定男は柔道で全国大会に行ってるよ」と定男に対して穏やかではない漁師の話を聞きながら、お酒などを藤村がいただくのですが、映画では定男(ピエール瀧)がストーリーにからんでくるようですね。

組合や漁師たちと、定男のからみに藤村もかかわっていくのでしょうか?

ここからは、映画を見てお楽しみですね。

スポンサーリンク

映画「ゾッキ」に世間の反応は?

原作の評価が高いうえに、3人体制の監督陣が超有名で、注目が集まっているようです。

スポンサーリンク

ピエール瀧の配役「定男」のまとめ

ピエール瀧さんの復帰作となる「ゾッキ」についてや、ピエール瀧さんが演じる漁師の「定男」や出演話のあらすじなどについて追ってみました。

ピエール瀧さんの早期復帰は、このゾッキの3人監督、特に山田孝之さんの後押しがあったといわれています。

原作には名前しかでなかった「定男」という男に命を吹き込んだのも、ピエール瀧の復帰劇の一幕かもしれませんね。

そのために脚本を調整したかもしれません。公開は来年ですが楽しみですね。