スポンサーリンク

トイレットペーパーのデマを流した犯人は誰?買い占め転売ヤー先導?ゆうじを調査!

話題
スポンサーリンク

2020年2月28日、トイレットペーパーやティッシュペーパーの他、生理用品やキッチンぺペーパーなどの紙製品が店頭から無くなるという事態が発生しています。

これは、紙製品が中国て作られているため、深刻な不足事態になるとのデマによって引き起こされた買い占め・パニック買いなどの要因が重なっているようですが、便乗した転売ヤーがまたしても暗躍しているようです。

ここでは、トイレットペーパーなどの紙製品が無くなるといったデマがどこから流れてきたのかを調査いたします。

こちらの記事も!
なぜ米子医療生活協同組合が謝罪?デマの投稿者の一人「職員ゆうじ」の処分を調査!
2020年3月3日、「トイレットペーパーが無くなる」というデマを投稿したのが、組合の職員だったとして、米子医療生協が謝罪を発表しました。このタイミングで米子医療生協が謝罪を発表した理由は何なのでしょうか?ここでは、米子医療生協が謝罪を発表した理由と、この職員とみられる男性の処分について調査いたします。

花崗岩がコロナに効くってデマはどこから誰が?ニニギと花崗岩引用でメルカリ販売!
新型コロナウィルスに花崗岩が効果があるというデマが流れています。「花崗岩から出る放射線に変調された紫外線が強い殺菌力(ウィルスに対して)を発揮する」というものですが、もちろんこれは間違いです。しかし、このネタが出回りメルカリなどでは「花崗岩」が高額で取引されてる様子も確認されています。ここでは、新型コロナウィルスに花崗岩が効果があるとするウワサ・デマについて紹介いたします。

中国ではマスク不足終了?日本への輸入は?埼玉県民家でマスク30万枚が野ざらし!
2020年2月28日、埼玉県西部の住宅街に大量のマスクが野ざらしとなっていることが報道されました。日本ではマスクがまだまだ不足しており、マスクパトロールなどのパワーワードも生まれているなか、中国へ送ろうとしたマスクが、現地でもういらないと言われ余ってしまったとの事。ここでは、埼玉県の民家でマスク30万枚野ざらしの話題と、中国のマスク状況について調査いたします。

マスクを持ち出した二戸病院の臨時職員は誰?岩手県立病院40代女性がメルカリ転売!
2020年2月29日、岩手県の二戸病院からマスクが持ち出さされ、ネットで10倍の価格で転売されてしまったことが報道されました。マスクを持ち出し転売したのは、40代の女性臨時職員との事です。ここでは、このマスクを持ち出した二戸病院の臨時職員について調査いたします。

スポンサーリンク

トイレットペーパーのデマを流したのは誰?ゆうじとは?

ネット上では、このような紙製品が不足するとデマを流布したとして、あるアカウントが話題となっております。

確かに、報道されている「紙製品の製造元が中国のため、トイレットペーパーなどが不足する」といった内容の書き込みをしており、デマの拡散に一役買ってしまっている可能性があるようですが、個人の感想を言っているだけにも見えます

このアカウントのみが全ての元凶という確証はなく、この記事は、このアカウントを犯人と特定するものではありません。

この方のツイート以前にも、トイレットペーパー不足の話は出ていたようなので、同時多発的にデマが拡散していった可能性が高いです。

この方だけの責任を追及するのも問題でしょう。

 

確かに報道にあった内容と重なります。

 

おはようございます。コロナで品薄になる品予測を根拠付
でお伝えします。次は、トイレットペーバーとティッシ
ュべーパーが品薄になります。
製造元が中国です。生産元がティッシュべーバーやトイレ
ットペーパーを生産をそもそもしてないのが根拠です。
品薄になる前に事前に購入しておいた方が良いと思いま
す。
#拡散

 

まるで、しっかりした根拠があるといわんばかりのツイートです。

このツイートが炎上すると、FaceBookのアカウントも特定されてしまいました。

 

スポンサーリンク

トイレットペーパーのデマの流布で炎上?

たった一日で、店頭からトイレットペーパーをはじめとする紙製品が消えてしまい、転売ヤーや買い占めに非難の声があがるなか、このデマツイートに矛先が集中したようです。

みなさんの怒りの温度がかなりあがっています。

スポンサーリンク

トイレットペーパー不足のデマの影響は?

多くはパニック買いだと思われますが、買い占め・転売ヤーの動きも散見されているようです。

ウチもそんなに備蓄ないのですが、無くなる前には買えるのでしょうか?

スポンサーリンク

トイレットペーパーのデマを流した犯人は誰?のまとめ!

トイレットペーパーなどの紙製品が無くなるといったデマがどこから流れてきたのかを追ってみました。

ネット上では、「ゆうじ」というアカウントが流布したデマに非難が集中しております。

実際にデマの流布につながっているようですが、すべての始まりがこのツイートだった確証もありません。特定の個人たたきは控えましょう。

しかし、買い占めや転売、デマなど、法で対処してもらわないとならないところまで来ているのではないでしょうか?

こちらの記事も!
なぜ米子医療生活協同組合が謝罪?デマの投稿者の一人「職員ゆうじ」の処分を調査!
2020年3月3日、「トイレットペーパーが無くなる」というデマを投稿したのが、組合の職員だったとして、米子医療生協が謝罪を発表しました。このタイミングで米子医療生協が謝罪を発表した理由は何なのでしょうか?ここでは、米子医療生協が謝罪を発表した理由と、この職員とみられる男性の処分について調査いたします。

花崗岩がコロナに効くってデマはどこから誰が?ニニギと花崗岩引用でメルカリ販売!
新型コロナウィルスに花崗岩が効果があるというデマが流れています。「花崗岩から出る放射線に変調された紫外線が強い殺菌力(ウィルスに対して)を発揮する」というものですが、もちろんこれは間違いです。しかし、このネタが出回りメルカリなどでは「花崗岩」が高額で取引されてる様子も確認されています。ここでは、新型コロナウィルスに花崗岩が効果があるとするウワサ・デマについて紹介いたします。

中国ではマスク不足終了?日本への輸入は?埼玉県民家でマスク30万枚が野ざらし!
2020年2月28日、埼玉県西部の住宅街に大量のマスクが野ざらしとなっていることが報道されました。日本ではマスクがまだまだ不足しており、マスクパトロールなどのパワーワードも生まれているなか、中国へ送ろうとしたマスクが、現地でもういらないと言われ余ってしまったとの事。ここでは、埼玉県の民家でマスク30万枚野ざらしの話題と、中国のマスク状況について調査いたします。

マスクを持ち出した二戸病院の臨時職員は誰?岩手県立病院40代女性がメルカリ転売!
2020年2月29日、岩手県の二戸病院からマスクが持ち出さされ、ネットで10倍の価格で転売されてしまったことが報道されました。マスクを持ち出し転売したのは、40代の女性臨時職員との事です。ここでは、このマスクを持ち出した二戸病院の臨時職員について調査いたします。