スポンサーリンク

ピエール瀧の早すぎる復帰はなぜ?執行猶予期間中に俳優業再会の理由も調査!

話題
スポンサーリンク

1月2日、コカインの摂取で、執行猶予中のピエール瀧さん(電気グルーブ)が、2月下旬から俳優業を再開させる発表されました。

竹中直人さん、山田孝之さん、斎藤工さん達が監督する来年公開の映画「ゾッキ」に出演するそうです。

しかし、ネット上では「あまりにも早すぎる」との批判の声があがり、「執行猶予期間内」である事も話題になっています。

ここでは、ピエール瀧さんの早すぎる復帰の理由や、世間の声などについて紹介いたします。

スポンサーリンク

ピエール瀧さんの早すぎる復帰の理由は?

コカイン摂取で、ピエール瀧さんが有罪判決を受けたのが、2019年6月ですから、約半年強での復帰となります。

逮捕時の3月から、表舞台に出ていない事を考えても1年未満で俳優業再会ですから、早すぎると感じる方も多いようです。

復帰は強力な後押し?

これほど早く復帰された理由としてあげられているのが、山田孝之(やまだ たかゆき)さんの強力な後押しがあったからというもの。

「山田孝之」さんは映画監督で、復帰作となる「映画ゾッキ」にも監督として携わっています。

そのほか、山田孝之さんは、2013年の映画「凶悪」や、2019年のネットフリックス配信の「全裸監督」で2人は共演しており、山田孝之さんはピエール瀧さんの演技を高く評価していたそうです。

全裸監督では、ピエール瀧さんのシーンもカットされずそのまま配信され、こちらも話題となりました。

また、映画「ゾッキ」の監督を務めるほかの2人、「斎藤工さん」「竹中直人さん」も、ピエール瀧さんと共演経験があり、俳優としての活躍をすごく評価していたそうです。

要するに、今回の映画「ゾッキ」の監督を務める3名の力ということになります。

スポンサーリンク

なぜ執行猶予中に俳優業再会?

復帰が早いという方のなかには、まだ「執行猶予期間内」である事を、理由とされている方も多いようです。

しかし、執行猶予期間といっても刑が変わるわけでもなく、罰の期間でもありませんから、これに対しては賛否の声がぶつかりあっているような状況ですね。

執行猶予期間内に俳優業を再開させたとしても、執行猶予が明けてから復帰したとしても、タイミングとしてそれほど明確な根拠とはならないでしょう。

ただ、執行猶予期間内に元の環境に戻してしまうのは、再犯の危険が高まるという声もあり、こちらは、やや説得力がありそうな気がします。

【執行猶予】
有罪の判決をしても、情状によって一定期間だけ刑の執行を猶予し、その間を事故なく過ごせば刑の言渡しの効力を失わせる制度。

スポンサーリンク

ピエール瀧さんの復帰に世間の声は?

ファンの声だと思われますが、祝福ムードが強いようです。

スポンサーリンク

ピエール瀧の早すぎる復帰のまとめ!

ピエール瀧さんの早すぎる復帰の理由や、世間の声などについて追ってみました。

ピエール瀧さんは、山田孝之さんや、竹中直人さん、斎藤工さんの後押しで早期復帰が実現したようですね。

執行猶予期間内ではありますが、仕事に打ち込み、社会的にもしっかり復帰していただきたいです。