スポンサーリンク

コロナPCR検査無償提供100万人で医療崩壊?ソフトバンク孫正義が2時間で撤回!

話題
スポンサーリンク

2020年3月11日、ソフトバンクの孫正義さんが、新型コロナウィルスのPCR検査を100万人分無償で提供したいと発表し話題となりました。

検査後のフローには触れず、精度に不安のある簡易キットでの検査で、偽陽性者も含めた大量の陽性反応の出た方が病院に大挙するなど懸念され、炎上してました。

しかし、わずか2時間という早さで孫正義さんはこれを撤回。方向転換の早さに舌を巻きますね。

ここでは、ソフトバンク孫正義さんのPCR無償提供発言について追ってみます。

 

スポンサーリンク

孫正義さんがPCR100万人無償提供をツイート

3か月ぶりといわれるツイートで、新型コロナウィルスの状況を心配されていました。

そして、自分のできる事として、PCR検査を100万人に無償提供すると発言。

医療崩壊しないようにと、厚労省との連携についても触れられています。

スポンサーリンク

孫正義さんのPCR100万人無償提供に反感多数!大炎上へ!

しかし、大量の陽性反応者が病院施設に大挙することで医療崩壊が起こったり、偽陰性反応の感染者が自由に出歩く危険性が増えるなどの理由で炎上。

スポンサーリンク

わずか2時間で孫正義さんが撤回!評判悪いからやめようかな?

これは、さすがというかなんというか・・

ネットでの不評を受けてわずか2時間で、PCR無償提供を撤回されました。

孫正義氏、PCR検査「100万人分無償提供したい」…2時間後に撤回

3/11(水) 19:12配信読売新聞オンライン
ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は11日夕、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる「簡易PCR検査を無償で提供したい。まずは100万人分」とツイッターに投稿したが、約2時間後に撤回した。

孫氏は10日夜、約3年ぶりにツイッターへの投稿を再開。新型肺炎について、「貢献できるか検討します」などとつぶやき、11日に簡易検査の無償提供を表明した。しかし、「医療機関の混乱を招く」といった否定的な意見が相次ぎ、孫氏は、「評判悪いからやめようかな」と取り下げた。

同社広報室は、「個人的な活動として検討していたが、様々な意見を考慮して撤回した」と説明した。孫氏は9年前の東日本大震災で、個人で100億円を寄付して話題を集めた。

お騒がせしましたといったところでしょうか?

スポンサーリンク

孫正義さんのPCR100万人無償提供のまとめ!

ソフトバンク孫正義さんのPCR無償提供発言について追ってみました。

個人的には、悪意は全くなく、本当にできることをしたかっただけかと思われます。

しかし、あまりにも影響力の大きい人の行動ですから、たくさんの方に不安を与えてしまうだけの結果となってしまったのは残念ですね。

マスクやアルコールなどを無償提供したほうが良かったかもしれませんね。