スポンサーリンク

中国ではマスク不足終了?日本への輸入は?埼玉県民家でマスク30万枚が野ざらし!

話題
スポンサーリンク

2020年2月28日、埼玉県西部の住宅街に大量のマスクが野ざらしとなっていることが報道されました。

日本ではマスクがまだまだ不足しており、マスクパトロールなどのパワーワードも生まれているなか、中国へ送ろうとしたマスクが、現地でもういらないと言われ余ってしまったとの事。

ここでは、埼玉県の民家でマスク30万枚野ざらしの話題と、中国のマスク状況について調査いたします。

スポンサーリンク

中国では中国ではマスク不足終了で余ってる?

今回の報道で一番気になるのは、中国のマスク実情ではないでしょうか?

中国と言っても広いですから、地域差などはもちろんあると思いますが、今回の報道でもすでに足りているとの事。

「1カ月ほど前に、ネットオークションで購入しました。約30万枚です。中国出身なので、故郷の家族や村民に送ろうと思って買えるだけ買った。ところが、村は外出禁止になり、マスク生産も追いついたから『もういらない』と言われた。今は、これをどうしたらいいのか悩んでいます」

スポンサーリンク

日本への中国からの輸入も再開!

実は日本国内にも朗報が入っており、中国からのマスクの輸入が再開されています。

この情報を信じると、中国でのマスク不足はひと段落してきているのかもしれません。

新型コロナウイルス感染拡大の影響によって、ドラッグストアやコンビニエンスストアで品薄状態が続くマスクについて、国内メーカーは24時間体制で通常の3倍の量を生産し、2月中旬以降は中国などから週に1000万枚レベルでの輸入も再開された—。経済産業省が2月27日、ウェブサイトで国内におけるマスク供給の状況と見通しについて情報発信した。マスクの品薄状態が改善されるのか、期待がかかる。

経産省がウェブサイト上で紹介した26日時点の情報によると、マスクを生産する国内メーカーでは現在、24時間体制で、通常の3倍の増産を継続。さらに同省では、週1億枚の供給に加え、製造ラインの新設・増強を促進するため、完成品メーカーや原材料メーカーから「マスク生産設備導入補助事業」への申請を受け付けている。

そのほか2月中旬から、中国などから1000万枚レベルでの輸入が再開され、4月以降は週に数千万枚レベルの輸入を目指す。また、東証一部上場のアパレル縫製企業がミャンマーの工場でガーゼマスクの生産を開始し、3月上旬中に100万枚以上を輸入する予定だ。その後は、需給状況を見ながら、順次400万枚まで拡大するという。

ただし、メーカー生産や輸入のマスクは、在庫が不足する医療機関などから出荷されるため、店頭に並ぶまでには時間が掛かる見通し。

出典:新建ハウジング

スポンサーリンク

埼玉県の民家でマスク30万枚が野ざらし?

今回の報道の全文です。

さすがに転売目的だったと感じてしまいますね。

そうじゃないとしても、本当にマスク不足に困っている人が多数いるこの状況で、このニュースを見ればよい気持ちにはならないでしょう。

「ここ最近、一軒家の玄関先に、『不織布マスク』と書かれた段ボール箱が山積みにされているんです」(近隣住民)

ここは、埼玉県西部のとある住宅街。マスク不足が騒がれる今、なぜ大量のマスクがあるのか。家主に話を聞くと、困惑しながらも、説明してくれた。

「1カ月ほど前に、ネットオークションで購入しました。約30万枚です。中国出身なので、故郷の家族や村民に送ろうと思って買えるだけ買った。ところが、村は外出禁止になり、マスク生産も追いついたから『もういらない』と言われた。今は、これをどうしたらいいのか悩んでいます」

雨除け用のシートは、“マスクの山” を半分しか覆えず、野ざらし状態。近所では、「カビや虫の発生源になるのでは」と不安視する声も聞かれた。

「すぐに倉庫に移します。これからもっと、日本でマスクが必要になると思うので、どこかで配布しようと思います。転売するつもりは、ないです」(前出の家主)

一刻も早い、有効利用を!

(週刊FLASH 2020年3月10日号)

スポンサーリンク

マスク野ざらしに世間の反応は?

買い占め・転売に対する不満の声と、マスクを不衛生な環境で無駄にしてしまいそうな事の両方に非難の声があがっていますね。

スポンサーリンク

中国ではマスク不足終了?日本への輸入は?のまとめ!

埼玉県の民家でマスク30万枚野ざらしの話題と、中国のマスク状況について追ってみました。

今回の一件は、マスク不足に悩む私にとっても気分の悪いものでしたが、同時に中国でのマスクが事足りてきていることと、日本への輸入が再開されていることを知る機会になりました。

転売や買い占めが続くなか、実際の流通量が増加してもすぐに手もとに届くとも言えませんが、少し安心しますね。