スポンサーリンク

大黒摩季の離婚理由は浮気?元旦那は離婚届の提出前に再婚相手と子供ができてた!

話題
スポンサーリンク

12/21 歌手の大黒摩季さんが離婚を発表しました。

理由は子供ができない事への罪悪感からとして、自分に原因があったという説明でしたが、今年4月に離婚届を提出。

現在すでに、元旦那には1歳になる子供までいる事が「順番が違う!不倫だったのでは?」という疑惑を呼んでいます。

ここでは、大黒摩季さんの離婚までの進み順を整理し、不倫だったのでは?と言われる理由を紹介いたします。

 

スポンサーリンク

大黒摩季さんの離婚までの時系列がおかしい

大黒摩季さんの離婚発表によると下記の通りになります。

ただし、この表は元旦那の子供が1歳ちょうどぐらいである事を前提としています。

2003年 一般男性と結婚
2017年 不妊治療の継続を断念
2018年初頭 離婚合意
2018年前半 元旦那の再婚相手が妊娠
2018年後半 元旦那の再婚相手が出産
2019年4月 離婚届提出
2019年12月 離婚を発表

この表では、ぎりぎり辻褄があうように感じますが、もと亭主の再婚相手との子供が1歳以上の年齢であれば、妊娠時期はもっと遡りますから2018年初頭の離婚合意よりも前だったとも考えられます。

また、離婚合意時期は2018年初頭としていますが、これが3~4月くらいを指していれば、もっとタイミングは厳しくなり、離婚合意よりも前から、元夫は今の再婚相手と交際を初めていたのではないかと考えられてしまうのです。

スポンサーリンク

時系列がおかしい事に大黒摩季さんの説明は?

大黒摩季さんの離婚発表では、下記の通り説明されています。

離婚を伏せていたのは、「根本的に周りを心配させたり同情されるのが好きではないのと、彼と彼の家族を世間の干渉から守りたかったから」。離婚届提出が遅れたことについても、「合意したときから私が出すつもりで持ってはいましたが、ハードなツアーのなか届けを出せずにいたところ、子供を授かったことを聞き、むしろ届けを出し受理されたらいずれメディアの皆様が気づくことにもなりますので、経験上最も不安定な妊娠時期にいらぬストレスをかけるべきではないと、出産後時期をみてということに致しました」と触れ、「早産ではありましたが無事子供も生まれ、彼の家庭も安定してきたので、2019年4月頃に離婚届けを提出、受理されました」とあらためて報告した。

出典:マイナビニュース

これは、どう見ても良くわからない理由です。

元旦那の再婚相手が、離婚届けの提出によってショックを受けるという事でしょうか?

離婚発表を遅らせたり、離婚を隠したりすることで、元夫の家庭に報道陣からのアプローチがあることを阻止したかったというならわかりますが、問題は「離婚届けの提出」です。

離婚届を遅らせる理由はなく、このことから離婚合意→離婚届けの提出がスムーズに進むまえに、前亭主が再婚相手と交際を始めたのではないかと憶測される事になっているのです。

スポンサーリンク

大黒摩季さんの離婚発表の不自然さに世間の声は?

やはり、順番がおかしい事に違和感を感じている方が多いようです。

自分に子供が出来ないから夫に申し訳なくて離婚したい→夫拒否→夫を説得して離婚届に署名
ツアーで忙しくて離婚届を出し忘れてた→その間に夫が新しい女と子供作った事を聞いた

そんな事ってある?
単純に夫が不倫してたとしか思えないんだけど

私がツアーでうっかり出し忘れた間に彼に新しい人ができて妊娠の話を聞いて

子供を目的として結婚したのでなければ出来なくても好き同士仲良く歩んでいけると思うのですが、離婚前に新しい人と妊娠が発覚??
個人的に元旦那さんは自分勝手なクソ野郎なんじゃないかと感じました
俺が純情すぎるんのか?結婚の価値観の違いなのかな?違和感があるなぁ

スポンサーリンク

大黒摩季さんは元旦那をかばっている?

大黒摩季さんの元夫が不倫していたとすると、やはり大黒摩季さんはかばっているのでしょうか?

ネットではそのような考えを発言されている方も多数いらっしゃいます。

忙しくて出しそびれた間に妊娠がわかったから落ち着いてから出した。。。なんか全力で夫をかばってるように感じるのは私だけなのかな?真相は2人にしかわからない事だけど少なくとも大黒摩季の愛の深さ、優しさがヒシヒシと伝わってきます。潔いしカッコいい。今以上の幸せを掴んでほしい。

★逆に浮気確定の子にしてしまった?との声も★

スポンサーリンク

大黒摩季さんの離婚のまとめ

やはり、違和感のある時系列とそれに対する説明の納得のいかなさですね。

先日の神田沙也加と秋山大河さんの時も、当初の発表に違和感を感じた方が多数いらっしゃた中、続報で不倫疑惑が一気に浮上しましたが、今回も似たような気配を感じますね。