スポンサーリンク

尼崎北郵便局はどこ?おもてなしの花販売パワハラメールでかんぽ生命の反省なしと炎上!

話題
スポンサーリンク

2020年3月17日、尼崎北郵便局の配達員とみられる方のツイートで、かんぽ生命のおもてなしの花販売についてのパワハラメールが投稿されました。

内容は、内容を要約すると「切手売ってくるまで帰ってくるな!売れなかったら自腹切れ!」との事で、パワハラではと炎上しております。

ここでは、問題のパワハラメールや尼崎北郵便局、携行販売のおもてなしの花、などについて紹介いたします。

スポンサーリンク

尼崎北郵便局のパワハラメールとは?

《パワハラメール》
本日、尼崎北郵便局からこのようなメールが配達員全員に送られてきました。内容を要約すると「切手売ってくるまで帰ってくるな!売れなかったら自腹切れ!」です。見事なパワハラメールです。この会社はかんぽ生命の件を全く反省してないみたいです。

このような、ツイートでの投稿で、下記の内容のメールが公開されております。

携行販売(おもてなしの花)必ず販売して帰局してください。
返納は受付ません。
第一集配営業部 部長 若田 和希

必ず販売しろ、売れなくても返納できない=自腹という内容のメールです。

スポンサーリンク

尼崎北郵便尼崎北郵便局局とは?場所は?

 

〒661-0012 兵庫県尼崎市南塚口町5丁目8−1


販売を強要された「おもてなしの花」とは?

おもてなしの花とは、3/3に販売開始された特殊切手のようです。

額面は840円となっていますが、いったい配達員一人当たりいくら売ればよいのでしょうか?

スポンサーリンク

パワハラメールでネットが炎上!

この内部告発ともいえる、メールの公開に対し、非難の声が殺到しています。

スポンサーリンク

尼崎北郵便局は以前も告発ツイートが?

尼崎北郵便局については、以前にもパワハラの告発ツイートがされていました。

郵政期間雇用社員でした。
@ttwi_twitte
転載です!

尼崎北局長、大道透の悪事を決して許してはいけない。私利私欲のために独断で意味不明な配置転換を繰り返し現場は困窮。
些細な事でも始末書の提出を要求、従わなければ訓告処分。パワハラは日常茶飯事。着任1年半で50人近くの正社員、期間雇用社員が退職。

かんぽ生命をはじめ、郵便事業についての大きな問題かと思われますが、この尼崎北郵便局については個別にも闇が深いのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

尼崎北郵便局はどこ?おもてなしの花販売パワハラメールのまとめ!

尼崎北郵便局の問題のパワハラメールや尼崎北郵便局、携行販売のおもてなしの花、などについて追ってみました。

自爆営業などと揶揄されている郵便局の販売関連ですが、ここまで社会悪とされていても、まだ体質が変わっていないようです。

しかし、SNSなどの普及もあって、今回のような内部告発も表面化しやすくなっていますから、悪しき体質を改善しないと、どんどん世に出てしまうといった危機感を持つべきですよね。