スポンサーリンク

桃田賢斗の容態・症状は?復帰時期、オリンピックに間に合うのか影響を調査!

話題
スポンサーリンク

1月13日、バドミントン世界ランキング1位の桃田賢斗選手が、マレーシアで交通事故に巻き込まれ、けがをした事が報道されました。

当初の報道では、鼻の骨折が伝えられましたが、続報では軽傷などとも言われその容態が心配されています。

ここでは、桃田賢斗さんの怪我の状態や、復帰までの期間、オリンピックへの影響などについて調査いたします。

スポンサーリンク

桃田賢斗の容態・症状は?

当初の報道では、「鼻の骨が折れ、唇を切るけが」とされておりました。

その後の報道では「桃田は病院で手当てを受けている。命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と、なっておりました。

 バドミントンの桃田賢斗選手が訪問先のマレーシアで13日午前4時40分(日本時間同5時50分)、交通事故に巻き込まれ、鼻の骨が折れ、唇を切るけがをした。

日本バドミントン協会に入った連絡によると、桃田は病院で手当てを受けている。命に別条はないが、けがの程度について「顎部裂傷 眉間部裂傷 唇裂傷 全身打撲」と発表した。

画像を見る分には、顔の裂傷と鼻の怪我が確認できます。

もっと気になるのは、全身打撲ですね。

Twitter
スポンサーリンク

オリンピックへは間に合うの?

直近の試合としては、14日に開幕される「インドネシアマスターズ2020」をキャンセルしたと発表されています。

顔の裂傷はなんとかなるとして、全身打撲が回復するかどうかですね。

一般的な打撲でも、6~8週間は療養が必要といわれますから、3ヶ月は回復期間が必要かと思われます。

オリンピックに向けて、直前の仕上げをしていかなければならないタイミングですから、影響は非常に大きいと言えます。

リハビリなしで、すぐに練習を再開できたとしても、1カ月も休養してしまえば試合勘や体力なども、元通りになるには相当な時間と労力が必要かもしれません。

また、運転手が亡くなるほどの事故ですから、精神面でのケアも重要かと思われます。

スポンサーリンク

オリンピックのバトミントンの予定は?

東京オリンピックでに、バトミントンの試合予定は8月1日からです。

●日時: 8月1日(土) 9:00 – 16:00
会場: 武蔵野の森総合スポーツプラザ
男子シングルス準々決勝
女子ダブルス準決勝
●日時: 8月1日(土) 18:00 – 23:00
会場: 武蔵野の森総合スポーツプラザ
女子シングルス準決勝
男子ダブルス3位決定戦
男子ダブルス決勝戦
男子ダブルス表彰式
3~4月に復帰されたとして、なんとかコンディションを仕上げる時間があるかなというところですね。
スポンサーリンク

桃田賢斗さんの事故報道に世間の声は?

心配される声が多数あがっていますね。

スポンサーリンク

桃田賢斗の容態・症状、復帰時期のまとめ!

裂傷も心配ですが、全身打撲の影響が大きそうです。

一般的な打撲として、8週間で完治したとしても、8月の試合まで4~5カ月ほどしかありません。

オリンピック選手としては、非常に大きなハンデを負ってしまいましたが、何とか回復して元気にプレーする姿を見せて欲しいですね。