スポンサーリンク

滅菌ガーゼを使ったマスク作りがダメな理由とは?ペーパーやハンカチでのやり方も!

話題
スポンサーリンク

新型コロナウィルスの脅威で、深刻なマスク不足が続いていますが、最近では手作りマスクを利用される方も増えてきているようです。

しかし、この手作りマスクを作る際に「滅菌ガーゼ」を使ってしまい、問題が起きているとこの事。

ここでは、滅菌ガーゼを使ったマスク作りがダメな理由を紹介いたします。

スポンサーリンク

滅菌ガーゼを使ったマスク作りがダメな理由とは?

滅菌ガーゼは、その名のとおり「滅菌処理されたガーゼ」です。

滅菌処理されているので、手術ややけどの手当て、在宅での怪我の処理などに使われるそうです。

しかし、滅菌ガーゼは「滅菌できるガーゼ」ではありません。

マスクなど、患部でない部位につかうガーゼとしては、滅菌されている事はあまり大きな意味がないのです。

対して、怪我ややけどの手当て、皮膚トラブルの方など、「滅菌ガーゼ」でなくてはならない状態の方がいらっしゃいます。

昨今のマスク不足で、ダブルガーゼなどの手作り材料も不足してくるなか、滅菌ガーゼが本当に必要な人にいきわたらず問題となってしまいます

滅菌ガーゼが手に入らなく、悲鳴をあげている人もいる事を、恥ずかしながら私もネットで初めて知りました。

スポンサーリンク

手作りマスクの素材は何をつかう?代用は?

では、どのような材料を用いて、手作りマスクを作るのが良いのでしょうか?

普通のガーゼや、ダブルガーゼなどが適していると言いますが、すでにこれらも入手が困難になっているようです。

ダブルガーゼが手に入るなら、第一候補ですね。

スポンサーリンク

ガーゼ以外で手作りマスク!

手作りマスクの情報は、新しいアイデアも含めて色々でてきています。

キッチンペーパーを使うようなものは、警視庁のHPでも紹介されていましたね。

★こちらの手作りマスクは、かなり秀逸と思われます。
キッチンペーパーとゴム、テープだけとはおもえませんね。

★かなり、簡易的ですが緊急時には参考になりますね。

このように、ガーゼだけにこだわらなくても、手作りマスクを作る事はできますから、「滅菌ガーゼ」だけは使わないようにしてください。

スポンサーリンク

滅菌ガーゼのマスク使用に世間の反応は?

滅菌ガーゼは、本当に必要な人へと、切に願う声があがっています。

スポンサーリンク

滅菌ガーゼを使ったマスク作りがダメな理由とは?

滅菌ガーゼを使ったマスク作りがダメな理由を追ってみました。

マスクについては、WHOが不要とのコメントも出してますが、やはり人目を考えても手に入れたいところですよね。

しかし、限られた滅菌ガーゼを使ってしまう事で、つらい思いをされる方もいるとの事ですから、手作りするにしてもその辺を配慮するのがスマートですね。

早くマスクの流通が落ち着くと良いのですが。