スポンサーリンク

新型コロナ和歌山10代の男子学生の学校はどこ?湯浅町有田病院の医師の息子が感染!

話題
スポンサーリンク

2020年2月18日、和歌山県で新型コロナウィルスの感染が確認されていた医師の息子さんが、同様に感染している事がわかり報道されました。

10代の国内感染者は初めてとの事で、学校社会でのウィルス拡散など、新たな不安に対する恐怖の声があがっています。

ここでは、この10代の男性について調査いたします。

スポンサーリンク

和歌山県10代の男性はどこの学生?

この、10代の男性が具体的に何歳くらいで、どこの学校に通っていたかなどについては報道されておりません。

しかし、両親の新型コロナウィルスの感染が確認された、2月14日からは学校を休んでいるとの事で、拡散のリスクは一応は回避されているのかと思われます。

しかし、潜伏期間は個人差が大きく、両親の新型コロナ感染が発覚した14日より前に、すでに保菌し学校施設で、拡散してしまっている可能性も払しょくしきれません。

父親である医師は、湯浅町の有田病院に勤務していました。

そのことからネット上では、その息子の10代男性も湯浅町かその近くに住んでいる可能性が挙げられています。

しかし、これについては、父親である医師が長距離通勤していた場合など、やや不確定要素が多いウワサレベルの話題となっています。

スポンサーリンク

学校名は非公開!休校要請も話題に!

色々な混乱を避けるためなのか、あくまで学校名は伏せたままという感じです。

そして、ネットではこのタイミングで首相官邸のHPのイラストの記載「学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所」から「学校」を突然削除している事が話題に。

学校が、危険な場所という事を伏せておきたいのでしょうか?

同じタイミングで、新型コロナ感染で休校要請の記事も流れていますね。

今後も発生するかもしれない、学校施設での感染拡大についても、しっかりと準備と対策を講じてもらいたいものです。

スポンサーリンク

学校名秘匿に世間の声は?

学校での感染拡大を懸念する親御さんなどから、悲鳴に近い声があがっています。

休ませてでも、子を守りたいと思われるのは自然な事ですね。

 

スポンサーリンク

すぐに学校を休んだ事に賞賛の声も!

スポンサーリンク

新型コロナ和歌山10代の男子学生の学校のまとめ!

個人の特定や学校の混乱などにつながる可能性もあり、学校名については報道されない可能性が高そうです。

しかし、秘匿していたため、気づいたときには学校で集団感染していたなんて最悪な事が起きないように、必要な情報は開示して欲しいものです。

ここのところ、新型コロナウィルスの感染が確認された人や場所の情報はかなりオープンになってきています。

10代の男性については、適切な行動を尊敬いたします。