スポンサーリンク

なぜ米子医療生活協同組合が謝罪?デマの投稿者の一人「職員ゆうじ」の処分を調査!

話題
スポンサーリンク

2020年3月3日、「トイレットペーパーが無くなる」というデマを投稿したのが、組合の職員だったとして、米子医療生協が謝罪を発表しました。

この件については既に、当該職員とみられる男性がネットで話題となっており、facebookの履歴から米子生活協同組合に所属している事が判明していました。

このタイミングで米子医療生協が謝罪を発表した理由は何なのでしょうか?

ここでは、米子医療生協が謝罪を発表した理由と、この職員とみられる男性の処分について調査いたします。

 

スポンサーリンク

米子医療生協が謝罪を発表した理由はなぜ?

なぜ、このタイミングで米子医療生活協同組合が謝罪をしたのでしょうか?

ネットでも、特段米子医療生協についての話題は盛り上がっていなかったはずです。


米子医療生活協同組合:〒683-0052 鳥取県米子市博労町3丁目80−1

米子医療生活協同組合は、この職員の名前などは伏せていますので、確定した事はわかりません

しかし、ネットでトイレットペーパーが無くなるというデマを流した一人でな無いかと、ウワサされているアカウントがありました。

「ゆうじ」のfacebookから米須医療生協が浮上

すでに、話題となっている、トイレットペーパーが無くなるという書き込みをしたアカウントのfacebookに記載されていたのが「医療生活協同組合」でした。

また、Twitterの投稿地域から「米子」のキーワードも浮上。

 

これにより、米子の医療生活協同組合に、このゆうじさんが勤務していると考えた方が、米子医療生活協同組合に問合せをしたのではないでしょうか?

これは想像ですが、複数の問い合わせを受けた米子医療生活協同組合が、事実関係を調査し今回の謝罪に至った可能性が考えられます。

「ゆうじ」さんは、すでに自身のfacebookでも謝罪されており、私が見る限り悪意はなかっと感じました。

スポンサーリンク

投稿者の1人・組合職員の処分は?

「当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」と米子生活協同組合のHPでは示されています。

この方一人のデマの流布ではなかったにしろ、トイレットペーパーが無くなるといったデマの社会的影響はかなりの大きさでした。

韓国では、同様のデマを流布した女性3人が逮捕されており、処分は軽くは無いと考えられます。

サイトでは理事長名義で「職員の不祥事のご報告とお詫び」を掲載。「このたび、『新型コロナウィルスにかかわりトイレットペーパーが品薄になる』旨の事実とは異なる誤った情報のSNSへの投稿者の1人が、当組合の事業所に勤務する職員であることが判明しました」「当組合の職員の極めて不適切な行為により多くの皆様方にご迷惑をお掛けしましたことを深くお詫び申し上げます。当該職員には当組合の規定に照らして厳正な対応を検討いたします」としている。

出典:エキサイトニュース

スポンサーリンク

米子医療生活協同組合が謝罪に世間の反応は?

トイレットペーパーなどの入手困難状況で、実害に合われている方も多く、批判的な意見がほとんどのようです。

スポンサーリンク

米子医療生活協同組合が謝罪のまとめ!

米子医療生活協同組合としては、寝耳に水だったのかもしれません。

今回の件は、組合職員のしたこととはいえ、米子医療生活協同組合には、ほとんど関わりの無いプライベートな活動だと思われます。

だいぶ、トイレットペーパー不足も落ち着いてきたと思いますが、事態が収束すると良いですね。