スポンサーリンク

蒲郡市コロナばらまき男の持病は?肝細胞癌でウイルスに長年苦しむ生活だった?

話題
スポンサーリンク

2020年3月18日、コロナをばらまいてやるとフィリピンパブなどに出向き、女性にウイルスを感染させたと非難を受けていた男性が亡くなられた事が報道されました。

飲食店での行動は動画でも公開されており、その時点では大きく体調を崩しているようには、見えませんでしたが、急な容態の悪化なのか、驚くべき結果となってしまいました。

世間から強い非難を受け、飲食店からは損害賠償などの動きがでていた矢先の出来事で、大きな話題となっています。

ここでは、このコロナばらまき男の持病などについて調査いたします。

コロナばらまき男の人物像はこちらの記事で!
愛知県蒲郡市のコロナばらまき男は誰?自宅画像が決め手で前科2犯の伴充雅と判明か?
2020年3月4日、愛知県蒲郡市で新型コロナウイルスに感染した50代男性が、ウィルスばらまいてやるなどと家族に言ったあと、自宅待機要請を無視してフィリピンパブなどに来店した事が報道され非難の声があがっていました。ここでは、愛知県蒲郡市のコロナばらまき男について、ネットで話題となっている情報を紹介いたします。

コロナ陽性50代男性が訪れたフィリピンパブはどこ?愛知県蒲郡市の感染者が訪問!
2020年3月5日、新型コロナウィルスの検査で陽性と診断され、自宅待機を要請されていた男性が「ウィルスをばらまいてやる」などと言いながら、フィリピンパブに訪問していた事が判明したしました。発言からすると確信犯でウィルスをあえて拡散しようとしたのかもしれません。ここでは、この男性が訪問したフィリピンパブについて調査いたします。

ウイルスばらまいてやるは傷害罪適用になる?実際は難しい?コロナ30代女性に感染!
ウイルスばらまいてやると家族に告げ、フィリピンパブで女性に濃厚接触していた非常識な50代男性が話題となっていましたが、2020年3月12日、その30代女性が新型コロナウィルスに感染してしまっている事が判明しました。この男性の罪はどのようなものなのでしょうか?ここでは、このウイルスばらまいてやると飲食店を訪れた男性の罪についてまとめてみます。

スポンサーリンク

蒲郡市コロナばらまき男の持病は肝細胞ガン!

このコロナばらまき男は重い持病を患ており、死因は新型コロナウイルスとその持病だったと報道されております。

そして、共同通信社の報道では、この男性は「肝細胞癌」を患っていたことが明らかとなっています。

新型コロナウイルス感染が判明した後に「ウイルスをまく」と話して外食した愛知県蒲郡市の男性(57)が18日午後1時ごろ、入院先の病院で死亡したことが捜査関係者らへの取材で分かった。休業するなどした飲食店側からの被害届を受けて業務妨害容疑で捜査していた県警は、容疑者死亡のまま書類送検する方針。

県によると、死因は新型コロナウイルス感染による肺炎で、5日に入院して間もなく、発熱や呼吸器の異常といった症状が出た。肝細胞がんの持病もあった

男性は、同居する両親の感染が3日に確認されたことを受け行った遺伝子検査で陽性が判明した。

「ウイルスまく」男性死亡、愛知 コロナ感染の肺炎、持病も | 共同通信
新型コロナウイルス感染が判明した後に「ウイルスをまく」と話して外食した愛知県蒲郡市の男性(57)が1...

 

スポンサーリンク

肝細胞ガンとは?肝炎ウイルスに悩まされていた?

調べてみたところ、肝細胞がんは主に肝炎ウイルスによってもたらされる疾病のようです。

また、アルコールや脂肪肝のような生活習慣から肝機能障害を起こし、肝細胞がんが発生することもあるそうです。

この男性の素行から、アルコールや生活習慣からの疾病とも考えられますが、もし、肝炎ウイルスによって肝細胞ガンになったのだとしたら、長年ウイルスに悩まされてきたという事かもしれません。

肝細胞がんは、肝臓の細胞ががん化して悪性腫瘍になったものです。同じ肝臓にできたがんでも、肝臓の中を通る胆管ががん化したものは「肝内胆管がん(胆管細胞がん)」と呼ばれています。肝細胞がんと肝内胆管がんは、治療法が異なることから区別されています。

ここでは、肝細胞がんについて解説します。なお、一般的には「肝がん」というと「肝細胞がん」のことを指します

肝細胞がんの発生する主な要因は、B型肝炎ウイルスあるいはC型肝炎ウイルスの持続感染(長期間、体内にウイルスが留まる感染)です。肝炎ウイルスが体内に留まることによって、肝細胞の炎症と再生が長期にわたって繰り返され、それに伴い遺伝子の突然変異が積み重なり、がんになると考えられています。

ウイルス感染以外の要因としては、多量飲酒、喫煙、食事性のアフラトキシン(カビから発生する毒素の一種)、肥満、糖尿病、男性であることなどが知られています。最近では、肝炎ウイルス感染を伴わない肝細胞がんが増加してきているという報告もあり、その主な要因として、脂肪肝が注目されています。

出典:国立がん研究センター

肝細胞がんの原因のうち、約80%はB型肝炎やC型肝炎といった肝炎ウイルスです。他には、アルコールや脂肪肝のような生活習慣から肝機能障害を起こし、肝細胞がんが発生することもあります。

出典:国立がん研究センター

スポンサーリンク

コロナばらまき男の最後に世間の反応は?

しっかり償ってほしかったとの声が多いようです。

また、自業自得とするコメントもみられました。

スポンサーリンク

蒲郡市コロナばらまき男の持病のまとめ!

コロナばらまき男の重い持病について追ってみました。

報道のとおり、肝細胞癌のようですが、新型コロナウイルスの影響で複合的に悪化したのでしょうか?

しかし、アルコールや生活習慣が原因の肝細胞がんなら、あまり同情の余地がありませんが、肝細胞ガンがウイルスによるもので、長年ウイルスに悩まされた挙句の末路だとすると、複雑な思いがしますね。