スポンサーリンク

インターネット税はなぜとられる?4Gでいいのにどうして5G不要な人も払うの?

話題
スポンサーリンク

2020年1月20日に、総務省が第5世代(5G)移動通信システムを維持する負担金制度をつくる事を検討していると報道がありました。

スマホや光回線を使っている人から徴収するという事で、「私は4Gで十分、5Gいらないから徴収しないで」といった声があがっています。

ここでは、なぜインターネット税が、スマホや光回線利用者から徴収されるのかについて調査いたします。

 

スポンサーリンク

インターネット税はなぜとられる?

政府は減税や予算措置で5G基地局の整備を促しているが、交付金で将来にわたり光回線を維持できる仕組みも整える。

つまり、5Gの基地局などの設備をつくり、それを維持するための費用を税金で補おうというのです。

5Gを待ち望んでいる方はともかく、現状の4G環境で十分だと感じているユーザーからは、「5Gいらない」などの声もあがっています。

スポンサーリンク

5Gは誰のため?

問題は、5Gが誰に何の利益を与えるかによります。

ご存じの方も多いかと思いますが、5Gは、スマホやPCネットユーザーの為だけに開発されているものではありませんよね。

総務省が作成した「5Gのサービスイメージ・社会実装 」を見てみましょう。

高精細映像の伝送、多数のセンサーの活用など、様々な分野でのサービス提供が期待
特に、自動車分野は、セルラーV2Xの議論が活発化するなど、5Gの有力な応用分野
農業、観光、建設等の分野への導入を進めることで、地域活性化・地方創生が期待
労働人口の減少(人手不足)、労働生産性の向上への対応が期待
5G独自のサービスだけでなく、4Gで利用可能なサービスを5Gに進化させることも検討すべき

自動車の自動運転や、遠隔医療、農業や工業に関する生産性向上など、およそ、スマホやPCネットユーザーと密接とはいえないものが羅列されています。

 

スポンサーリンク

ネット利用者からとるのはおかしくない?

自動運転や、高度な遠隔ロボット記述、インフラなどのために5Gが活用されるのであれば、それらの利益を享受する人たち全員で負担するべきではないでしょうか?
私も、5Gいらないとは全然思ってませんが、安易に「ネット利用者に課税する」というのは違和感を感じますね。

 

スポンサーリンク

インターネット税の検討に世間の反応は?

急な税金の話題に、批判的な意見が多いものの、5Gのインフラは必要との声も聞かれました。

通信会社は儲かっているのだから負担させたら? くだらないCMに回すお金を減らしてユニバーサルサービスに貢献して欲しい。

あれ?1月14日にNTT東西が申請した光回線接続料の値下げ計画には光回線の原価を大幅に引き下げる案が提示されており、値下げで光回線利用率が向上による利益と接続する携帯電話会社にもコストダウンに利益が発生するならば負担金要らなくね?

5G利用する人のみが負担すべき
そもそも5G要らない4Gのまま、固定回線のひとらまで負担ってのは違う
大儲けしてる携帯会社が負担すればいい
そもそも5Gは日本は特許に絡んでないほぼ外資
そこまで投資する価値はない
利用する人のみでの負担でやるべき

過疎地域にもくまなく敷設するように義務化すればいいのでは?
国や役所は自らお金を集めて使うのではなく、規則や仕組みを作ることに徹した方がいおと思う。