スポンサーリンク

僕のヒーローアカデミア名前変更はなぜ?ヒロアカキャラ名志賀丸太がアウトな理由!

話題
スポンサーリンク

2020年2月3日、Titterなどで、ヒロアカ(僕のヒーローアカデミア)の登場人物が、その名前が問題と炎上。堀越先生に避難の声があがりました。

週刊少年ジャンプ編集局が、あわてて名前変更を発表するという事態が発生しています。

ここでは、ヒロアカ登場人物志賀丸太が名前変更された理由と、背景などについて紹介いたします。

スポンサーリンク

ヒロアカ登場人物の名前変更はなぜ?

週刊少年ジャンプで連載中の僕のヒーローアカデミアの登場人物「志賀丸太」という、ヴィラン連合のドクターの名前が、ネットなどで炎上し名前変更する事になりました。

これは、第二次世界中に日本による人体実験の被験者を指す「まるた(丸太)」を想起させるという事によるものです。

731部隊という日本の軍隊が、戦時中に人体実験を多数行い、その実験を受ける人を「丸太(まるた)」と呼んでいたというものですね。

また、この731部隊の被験者となったのが、当時のロシア人や韓国人、中国人の方だったという事です。

このことで、韓国をはじめとする諸外国などからも非難や疑問の声が相次いでおり、週刊少年ジャンプ編集局が事態の収束をはかるために名前変更を発表しました。

「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の人気漫画『僕のヒーローアカデミア』に登場するある人物について、コミックス収録時からその名前を変更することを同誌編集部がサイト上で明らかにした。

編集部では、そのような意図はないと否定しているが、「過去の史実を想起させる」との指摘があったためだという。

スポンサーリンク

志賀丸太という名はそんなにダメなの?

週刊少年ジャンプ編集部や、作者の堀越耕平さんには、もちろんそんな意図はなかったようで、偶然ともいえるネーミングです。

しかし、受ける方の印象としては、やはりマイナスに働くのも事実です。

たとえで挙げられていましたが、核兵器で戦うキャラクターが「ヒロシマ」とう名前だったとしたらやはり問題になるという話もでていました。

しかし、これについても、丸太は一般に日常的に使われている名詞と、賛否両論があるようです。

スポンサーリンク

名前変更を認めてしまって今後言葉狩りが加速する?

今回の件は言葉狩りで、正当性のないクレーマーとして、ジャンプ編集部に毅然とした態度で対応して欲しかったという声もあがっています。

これが、前例となって今後業界に影を落とさなければといった内容です。

クレーマーがもちろん一番悪いが
クレーマーに屈した作者や集英社も好きじゃない
こういうのは無視するか、堂々と突っぱねれば良い
弱みを見せればすぐに付け込まれる
逆に、強気でいれば意外と連中はすぐ手を引く

Twitter見てると異常反応してる人は特定の国の人々で、明らかに同じ人が意図的に何回も何回も嫌がらせのように文句言ってる。別に撤回するべきとは思わないし、こうやって表現の自由は搾取されていくんですね。漫画やアニメがつまらなくなるよ。

悪しき慣例つくったな。これから集英社だけでなく日本の出版業界が同じ対応しないと叩かれるぞ。こんなときくらい作者の意図尊重して守ったれや。

完全にイチャモン・言葉狩りの域。韓国で商売するならそのリスクを覚悟しろということだね。ジャンプ編集部には毅然として突っぱねて欲しかったが、重要な市場と判断して折れたのだろうか。実に情けない話ではある。

そんなこじつけで訂正してたらなんでも訂正だらけになる
作者がそういうの気にする思想の持ち主なんでしょうね
やらない方がいいと思いますよこういうのは

スポンサーリンク

ヒロシマと丸太じゃ話が違う?世間の反応は?

広島(ヒロシマ)・長崎(ナガサキ)などを引き合いに出すのは違うという意見もたくさん見かけました。

今回の件では、本当に意見が割れているようです。

スポンサーリンク

 ヒロアカ志賀丸太の名前変更のまとめ

ヒロアカ登場人物志賀丸太が名前変更された理由と、背景などについて追ってみました。

たしかに、偶然かもしれませんが、ネガティブワードに触れてしまったようです。

突っぱねる理由もないので、迅速な名前変更を発表したジャンプ編集部や堀越先生の判断は問題ないと思いますが、逆にクレーマー気質の言いがかり、言葉狩りが横行すると言う意見も出ていますね。