スポンサーリンク

レース鳩・伝書バトを狩猟提供したお店はどこ?串焼き居酒屋ジビエバンデットとは?

話題
スポンサーリンク

2020年2月12日、レース鳩(伝書バト)を狩猟しジビエ肉として客に提供していたとして、串焼き居酒屋がネットで話題となっています。

その、お店はジビエバンデットという、串焼き居酒屋さんですが、カラスやたぬきなども提供しているようですね。

ここでは、レース鳩(伝書バト)を提供していたとされる、串焼き居酒屋ジビエバンデットについて調査いたします。

【追記】ついに、県が調査に乗り出したようですね!

 

スポンサーリンク

レース鳩(伝書バト)を狩猟・提供していた店はどこ?

レース鳩を狩猟・提供していたと言われているのは、埼玉県坂戸市の「ジビエバンデット(GIBIER BANDIT)」という居酒屋さんです。

坂戸駅北口から徒歩5分のジビエ料理が楽しめる居酒屋さんで、その他にも備長炭で焼き上げた焼き鳥、本場生ハムもおすすめとの事。

ジビエは、鹿・猪・ダチョウなど多彩な肉を用意されているようです。

ジビエバンデッドのお店の紹介では、ハトの料理も明記されていました。

鹿肉や猪肉をはじめ、時期によっては雉やハトを使用した料理も登場!!中でも当店名物の「鹿肉」「羊肉」「ダチョウ肉」の肉刺し3種盛りは大人気♪当店でしか味わうことの出来ない絶品ジビエ料理をぜひ♪

 

 

スポンサーリンク

レース鳩(伝書バト)を狩猟・提供?

インスタグラムにジビエバンデットがあげていた画像の鳩に、レース鳩を示す足環がついていたのが発覚。

気づいた方がコメントを入れたところ、削除してしまい、無かったことにしたのが発端です。

こちらは、日本伝書バト協会のHPで、迷い鳩の保護を訴えているものです。

足環が一致しているように見えますね。

 

 

そして、良識のある方たちが一斉に反応。

レース鳩がいかに貴重なものなのかも話題となり一気に炎上しました。

生き物の命の事ですから、金銭的な話だけではないのですが、安いものといっても10万円以上。

迷い鳩をみつけたら、飼い主に連絡して欲しいとの掲示もありました。

これを、狩猟しお客に提供していたことを、写真で自ら明かしてしまったという事です。

スポンサーリンク

レース鳩(伝書バト)は捕ってはダメなの?

普通に感情的に考えてアウトですが、ジビエバンデッドの今回の件は、実際どうなのでしょうか?

やはり、かなりマズイ事のようですね。

山形県のHPでも次のように記載がありました。

(1)伝書バト(レースバト)
足環に「JPN」の表示がある場合
連絡先:(社)日本鳩レース協会(電話:03-3822-4231)
(迷鳩照会専用フリーダイヤル:0120-810118)
足環に「NIPPON」の表示がある場合
連絡先:(社)日本伝書鳩協会(電話:03-3801-2789)
(2)国等が行う標識調査のためにつけられた野鳥
「KANKYOSHO TOKYO JAPAN」などの表示のある金属製の足輪のほか、首輪やフラッグ(足に付けたプラスティック製の旗)をつけた鳥を保護した場合は、死んでいるときでも最寄りの総合支庁環境課に連絡してください。

スポンサーリンク

ジビエバンデットはカラスやタヌキも食べれる?

こちらは、問題ないのかもしれませんが、ジビエバンデッドのインスタを見ているとギョっとしてしまいました。

カラスや野生のたぬきなども提供しているようですね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

たぬきを頂いたので捌きました!!😱 獣臭くてなかなか食べる機会はないですが トロトロに煮込んでみました😍 若干の癖はあるものの、思ったより臭みは気にならず美味しく頂けます😂👍 数量限定でたぬき汁お出ししてます!! ぜひご来店お待ちしております☺️ #ジビエバンデット#ジビエ料理#ジビエ#居酒屋#生ビール#宴会#埼玉#坂戸#串焼き#焼鳥#坂戸ジビエ#坂戸居酒屋#坂戸串焼き#坂戸焼鳥#坂戸グルメ#坂戸駅#坂戸宴会#instafood#女子会#せんべろ#キャンペーン#たぬき

串焼き居酒屋 ジビエバンデット 坂戸店(@gibier.bandit)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

ジビエバンデットにネットの反応は?

レース鳩だけではなく、色々と疑惑も連想されますし、かなり批判的な意見が多いようです。

生肉の提供も怖いですね。

 

生肉を提供していることや、マガモも間違いなど、ほかにも色々指摘がでてきています。

 

スポンサーリンク

レース鳩(伝書バト)を狩猟・提供のお店のまとめ!

レース鳩(伝書バト)を提供していたとされる、串焼き居酒屋ジビエバンデットについて追ってみました。

レース鳩の狩猟については完全にアウトのようですが、そのほかにも、色々と疑惑を感じる部分があります。

流行りのジビエ料理なのでしょうが、利用する方も色々と注意が必要かもしれませんね。