スポンサーリンク

羽田新ルートの試験飛行の騒音・低空飛行の影響は実際どれくらい?意外に平気?

話題
スポンサーリンク

2020年2月2日、以前から予定されていた、羽田空港の国際線の発着容量増加に向けた新ルートの飛行試験が本格的に始まりました。

約14日間にわたり手順を確認、騒音の影響を測定するそうです。

当初は、騒音や落下物の懸念から批判の声が絶えなかった羽田新ルートですが、実際に試験飛行が始まってみると意外にも受け入れムードであることがわかりました。

ここでは、羽田新ルートの飛行試験について、世間の反応や騒音・低空飛行の影響、懸念されるエリアなどを紹介いたします。

 

スポンサーリンク

羽田新ルートの飛行試験の影響に実際の声は?

騒音や低空飛行、落下物の懸念などから反対の声も多く、上空を通過することになったエリアの時価などについても心配が及びましたが、実際に試験飛行が始まると、意外にも受け入れる声が多数あがっています。

場所や、住宅の構造などで体感に大きな差が出そうですが、思ったよりも受け入れの声があがっています。

スポンサーリンク

羽田新ルートに「楽しみ」の声も!

批判や反対の声とは逆に、楽しみという声もあがっています。

スポンサーリンク

低空飛行の影響は?

一般的に低空飛行の影響は、建造物への接触や振動によるもの、騒音などが懸念されますが、騒音がそれほど問題とならないのであれば、振動なども軽微と考えられます。

それよりも、一番影響するのは「見た目」ではないでしょうか?

Twitter上でも、見て怖いと感じた方がいらっしゃるようです。

確かに近いですね。

巨大な飛行機という人工物が、頭上近くに接近するというだけで「ムリ」と感じる人がいるのもわかります。

感じ方は人それぞれですね。

スポンサーリンク

羽田新ルートの影響を受けるエリア・地域は?

新ルートの影響を受ける地域は、その時の風の向きが「北風」の時か、「南風」の時かによって異なるそうです。

また、新ルートは限られた時間の運行になります。

北風時 (7時~11時半、15時~19時)

北風時の影響を受けるエリアは次のとおりです。

江東区、江戸川区、墨田区、葛飾区、足立区

 

南風時 (15時~19時)

南風時の影響を受けるエリアは下記の地域です。

北風時より多くの場所が航路に入ります。

川崎市、大田区、品川区、目黒区、港区、渋谷区、新宿区、中野区、豊島区、北区、練馬区、板橋区、和光市、戸田市、朝霞市、さいたま市、川口市

スポンサーリンク

羽田新ルートのまとめ

羽田新ルートの飛行試験について、世間の反応や騒音・低空飛行の影響、懸念されるエリアなどを追ってみました。

現在は試験飛行段階なので、実際にはもっと影響がでるかもしれません。

しかし、意外にも受け入れムードの方も多いようですね。

やはり、最新の航空機技術で騒音も小さくなっているようです。