スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019のメイン会場は?交通規制と駐車場や混雑状況も!

イベント紹介
スポンサーリンク

八王子いちょう祭りは、国道20号線=甲州街道沿いのいちょう並木を中心に、色づくいちょうの景色を楽しむお祭りです。

しかし、屋台や大道芸人はもちろん、クラシックカーのパレードや甲冑を着用して練り歩く武士、大バザール会場などが乱流する激しめめのイベントとなっており、事前情報なしではメイン会場もよくわからないほど

ここでは、八王子いちょう祭りの会場や交通規制、駐車場事情や混雑状況などを紹介いたします。
会場を徹底解説に飛ぶ

スポンサーリンク

八王子いちょう祭りの開催 日時・場所・アクセス

八王子いちょう祭りの開催概要は次のとおりです。

八王子いちょう祭り2019の日程

2019年11月16日(土)10:30~17:00
2019年11月17日(日)10:30~16:30

八王子いちょう祭り2019の開催会場

追文町交差点〜小仏関跡周辺
陵南公園周辺と関連施設

会場はなんと「A~L+プチ会場」と14か所以上に分かれており、このイベントの全容をつかみにくくしています。

でも、この記事の中でしっかりと、わかりやすく解説してますので見てもらえればと思います。
会場を徹底解説に飛ぶ

また、注目のパレードやステージ、参加型イベントの関所オリエンテーリングなどについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

八王子いちょう祭り2019の注目のパレードやステージ・関所オリエン等を調査!
八王子いちょう祭りが11/16から開催されます。イベントはとても大規模で、会場も多岐に分かれるため、何を見れば良いのかわからないほど。ここでは、必ず見ておきたいイベントを「パレード」「ステージ」・「参加型イベント」とわかりやすく整理し、オススメをピックアップして紹介していきます。

 

八王子いちょう祭り2019の会場へのアクセス

電車でのアクセス

電車でのアクセスは

JR中央線:高尾駅 徒歩15分(1.5km)
京王線:狭間駅 徒歩11分(860m)

となります。

バスでのアクセス

バスをつかう場合には

京王線バス:「ハ04」「八06」「山01」線の御陵前バス停
はちバス : 西南部コース「御陵参道」バス停(その先運休)

が利用しやすく便利です。
状況により京王線バスは増発もでるそうです。


https://twitter.com/hansyaban_/status/1064106840726749184?s=20

※はちバスは、八王子いちょう祭り期間は陵南公園以降は運休となります。
(会場前で折り返しとなります)

 

スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019の会場周辺の交通規制

交通機関を利用して、八王子いちょう祭りに来場される方にはあまり関係ないかもしれませんが、いちょう祭りの期間には、交通規制がなされます。
交通規制はスマイルパレード会場のために実施され、通行止め区間が設けられます。


通行止めは、多摩御陵参道の近藤内科医院さん前から、甲州街道との交差点までの区間です。

この区間は、パレード会場となっており、開催期間の10:00~16:00に通行止めが予定されています。

スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019の会場近隣の駐車場

八王子いちょう祭りに車で行かれる方は、駅周辺の駐車場を利用する事をおすすめします。

いちょう祭りのために駐車場が用意される事ありません。また、会場周辺には収容台数が数台~十数台程度のパーキングしかなく、また、パレードや出店などの関連車両で近隣の交通が非常に混雑するからです。

上で紹介した路線バスも増発するようですから、駅で車を駐車し徒歩またはバスを利用するとスムーズに会場に入れるでしょう。

高尾駅付近の駐車場

高尾駅周辺には「コムパーク」や「三井のリパーク」がありますが、収容台数が少なく目指して行くには心元ありません。

SPT高尾駅南口駐車場

東京都八王子市初沢町1298
収容台数:28台
利用料金:100円/30分 最大:900円(24時間まで)
営業時間:24時間

収容台数が28台と十分とは言えませんが、利用料金が安く最大料金も設定されているため、いちょう祭りをゆっくり観覧するのに助かります。
万葉けやき通りを進めばそのまま会場に入れるのも魅力です。

狭間駅付近の駐車場

狭間駅付近には中型のパーキングが数か所あり利用しやすいです。

会場までのアプローチも良く徒歩でも不便は感じないでしょう。

車で会場近くまで行きたいならおすすめです。

三井のリパーク 八王子東浅川町

東京都八王子市東浅川町534−1
収容台数:40台
利用料金:100円/25分 最大:500円(24時間まで)
営業時間:24時間

収容台数が40台と中型規模で、ほぼ会場内とも言える近隣立地です。
利用料金自体はやや高めですが、最大料金がなんと500円と非常に割安になっています。
第一候補として目指したい駐車場です。

タイムズ 八王子狭間町第2

東京都八王子市狭間町1454−1
収容台数:39台
利用料金:200円/60分 最大:800円(24時間まで)
営業時間:24時間

収容台数が約40台とやや中型のパーキングです。利用料金、最大料金ともに使いやすく、ゆっくり祭りを楽しめます。
会場までの距離は短いのですが、線路を超える必要があるため若干回り道をする形となります。駅を抜けるより狭間公園を通り抜けたほうが近道となります。

八王子駅付近の駐車場

八王子駅からの会場入りは、駅からバスを利用する事が前提となります。

しかし、収容台数が多い大型パーキングがたくさんありますので、車両を利用したいけど混雑は避けたいという方には一番おすすめの選択肢です。

バスは京王線の山01が利用できます。増発も出そうなので安心ですよ。

八王子駅北口地下駐車場

東京都八王子市旭町9−1
収容台数:430台
利用料金:100円/15分
営業時間:24時間

収容台数が430台と大型パーキングです。安心して目指していけるビッグサイズパーキングなのですが、利用料金が高いです。
長時間いちょう祭りを楽しみたい方にはちょっと厳しいかもしれません。

JR貨物八王子駅南口立体駐車場

収容台数:352台
利用料金:420円/60分 以降210円/30分 最大1080円(24時間)
営業時間:24時間

大型の立体駐車場で、利用料金は高めなものの最大料金が設定されているので使いやすいです。長時間いちょう祭りを見たいのであれば、こちらがおすすめです。
ビッグカメラやセレオ八王子を利用する事で割引サービスも受けれますから、何か買い物がある方は是非サービスを受けてください。
スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019の混雑状況

大人気のイベントだけあって、八王子いちょう祭りの混雑は相当のものです。
バザー会場などは特に人だかりが絶えません。

★人によってはフジロック並みと★


★バザール会場は終了間際まで大盛況★


★南浅川の両脇が人の垣根★

スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019の会場のトイレ事情

公園や、会場内施設のトイレが利用可能です。

しかし、いちょう祭りの最中は非常に混雑するようですので、早め早めにトイレはすますようにしてください。

祭りに直接関係の無いコンビニや商業施設のトイレを利用せざるを得ない場合には、多少なりとも買い物をするなど心配りをすると良いかと思います。

★中心となる陵南公園のトイレは激込み★


★ディズニーランドのアトラクション並みのトイレ事情★

スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019の会場のコインロッカー

会場付近には残念ながらコインロッカーはありません。

どうしても手荷物を預けたいなら、高尾駅や狭間駅、西八王子駅のコインロッカーを利用することができます。

イーアス高尾にも、コインロッカーはあるのですが、あくまで買い物客用のサービスなのでこちらは遠慮したほうが無難です。

もちろん、イーアスで買い物をする方であれば気持ちよく利用することができるでしょう。

 

スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019の会場を徹底解説

八王子いちょう祭りは、A~L会場と複数のプチ会場に分かれており、全容を頭に入れるのには大きすぎます。正直私も会場図を見てもなんやらピンと来ない状況でした。

八王子いちょう祭りの会場は、そこで行われるイベントとセットで見てみないと理解できないようです。

ここでは、見どころとなるメインイベントとその会場という形で、できるだけわかりやすく八王子いちょう祭りの全容をまとめていきます。

まずは、必ずおさえておきたい4つの会場を紹介いたします。

それは、A~Cの3つの会場とスマイルパレード会場です。

(B会場)メイン会場

★まず、向かうべき会場

B会場は陵南いちょう会館を中心とするメイン会場です。

福引所や大盛況のふるさとバザールのほか、観光物産展が開催されており、八王子ラーメンも出店

模擬店、露店、イベントグッズ販売と、八王子いちょう祭りを通しで楽しめる中心会場となっています。

パレードのスタート地点にもなっており、まさにいちょう祭りの中心地。

八王子いちょう祭りで、いちょうの景観を一通り見終わったらこちらに赴き、食べ飲み&買い物を楽しみましょう
★B会場では八王子ラーメンが盛況★


★様々な露店・模擬店での買い物を楽しめるB会場★

(A会場)世界の屋台・全国グルメ屋台村・ステージ

★ゆっくりしたいときの飲み食い会場


A会場は旧免許更新所駐車場で酒のせきぐちさん脇です。

A会場はB会場と並んで、八王子いちょう祭りの中心となる会場です。

屋台村での飲み食いはもちろん、いちょう祭り元気ステージでは様々なミュージックイベントが開催されます。

移動に疲れたら、こちらの会場でのんびりと時間を過ごすのが良いでしょう。

★会場内には屋台がびっしり★

(C会場)いちょう祭りステージ会場

★出し物やショーを見たいならココ
C会場は陵南公園の野球場です。

A・B会場が常設の滞留型祭り会場だとすると、C会場は動的なステージ会場です。

C会場は更に「本部ステージ」と「じょいソーラン広場」や大道芸会のエリア、ミニSLに乗れる「みんなの広場」などに分かれますが、重要なのは八王子いちょう祭りの大目玉のひとつ「じょいそーらん」やセレモニーなど、多種多用な余興やアトラクションが展開される「ステージ会場」となっている事です。

C会場では、訪れるタイミングによって開催しているだしものが異なってくるため、イベントスケジュールを確認しながら楽しむ必要があります。

★ステージでじょいそーらんを観覧★

スマイルパレード会場

★パレードを見るため時間を見計らって行く会場


スマイルパレード会場は、多摩御陵参道の近藤内科医院さん前から、甲州街道との交差点までの区間です。

こちらでは、いちょう祭りの大目玉のひとつ「クラシックカーパレード」が開催されます。

また、移動しながらの踊りやじょいそーらんの武者行列などの大行進を観覧できる会場です。

多摩御陵参道に沿って場所をとり、各種のだしものを観覧する事となりますから、お目当てのパレードを見終わったら移動する方が殆どです。

ここも、C会場同様にイベントのスケジュールを確認しながら、お目当てに応じて訪れるような会場となります。

★目玉イベントのクラシックカーパレード★

D以降の会場

さて、ここまでが必ずおさえておきたい八王子いちょう祭りの会場となります。

しかし、八王子いちょう祭りには、まだまだたくさんのイベント会場が残っています。

全部を詳細に紹介してしまうとかえって混乱してしまいますので、ざっくり紹介していきます。

D会場

D会場は自衛隊関連とNoriNoriよさこいが見れる会場です。
★自衛隊関係の展示がずらり★

E・F会場

E・F会場は、南浅川沿いの景観の良い撮影スポットです。学生さんやボランティアさんのブースのほか、ふるさとバザール、クラフト体験など、交流を楽しめるイベント会場となっています。

★河川敷にズラリ★


G会場

G会場は浅川市民センターを会場とする文化交流エリアです。八王子の歴史や伝統にふれたい、学習したいという方は、こちらの会場をのぞいてみてください。

H~L・プチ会場

かなり乱暴な紹介となってしまいますが、これらのイベント会場でも楽しい催しはたくさん開催されています。

特にワークショップやスポーツ体験など小さくとも参加型でじっくりたのしめる企画が満載となっていますので、決して軽視できない八王子いちょう祭りの要素です。

お子様連れの方は、会場入りしてからでも案内所などで、どんな催しをやっていて、どんなワークショップに参加できるのか聞いてみるのも良いでしょう。

スポンサーリンク

八王子いちょう祭り2019のまとめ

八王子いちょう祭りで、いちょう並木の景観を鑑賞するのも楽しみですが、出店や露店などでの飲み食いやバザールでの買い物など、「祭り」を満喫できるイベントです。

その他にも、クラシックカーパレードや、じょいソーランなどのエンターテインメントや、参加型のワークショップなどもあり、それぞれで会場が分かれています。

いちょう祭りを初めて楽しむなら、A・B会場で飲み食い&買い物を楽しみ、C会場とスマイルパレード会場でショーやアトラクションを観覧する。

まずここからスタートしてみてはいかがでしょうか?

注目のパレードやステージ、参加型イベントの関所オリエンテーリングなどについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

八王子いちょう祭り2019の注目のパレードやステージ・関所オリエン等を調査!
八王子いちょう祭りが11/16から開催されます。イベントはとても大規模で、会場も多岐に分かれるため、何を見れば良いのかわからないほど。ここでは、必ず見ておきたいイベントを「パレード」「ステージ」・「参加型イベント」とわかりやすく整理し、オススメをピックアップして紹介していきます。