スポンサーリンク

福士加代子の棄権の理由は?東京オリンピックの出場の見込みや引退の可能性を調査!

話題
スポンサーリンク

1月26日、東京五輪代表残り1枠を争う大阪国際女子マラソンで、オリンピック出場を目指していた福士加代子さんが棄権しました。

当初、股関節の怪我かとのウワサがありましたが、名古屋での五輪出場枠を狙っての戦略的棄権をしたとのことです。

この判断についてネット上では、英断と評価する声があがる一方で、大阪で無理なのに名古屋で勝つなんて無理!との厳しい意見も飛び交っています。

ここでは、福祉加代子さんの大阪国際女子マラソンの棄権の理由と東京オリンピックの出場の見込み、引退の可能性などを調査いたします。

スポンサーリンク

福士加代子さんの大阪国際マラソン棄権の理由は?

福士加代子さんは、22キロ過ぎあたりで「ごめん、やめるわ」と叫びながら棄権しました。

当初は、ツイッター上で「股関節の怪我」などとウワサが流れましたが、次の五輪出場のラストチャンスとなる名古屋ウィメンズマラソンを見据えて、棄権したと報道されております。

股関節の怪我の心配をする声があがる

名古屋を見据え前向きな決断?

のちの報道では、怪我はなく、五輪出場を強く意識した戦略的な棄権と報道されております。

ベテランの福士に異変が生じたのが25キロ過ぎだった。「やめる」と叫びつつ、明らかにスローダウン。設定記録を超えることができないと判断したのだろう。選考レースとなる名古屋ウィメンズマラソンをにらみ、勇気ある撤退をしたもようだ。

出典:中日スポーツ

福士は「なんでこんなにスピードが出ないのかと思った」とレースを振り返った。そして、五輪切符のラストチャンスの3月の名古屋ウィメンズマラソンを見据え「次の名古屋に向け今やめないと、と判断した。展開によっては名古屋を走らないといけないかも、と事前に考えていた」と話した

種店:スポニチ

また、この件については、高橋尚子さんが「プロとして前向きな決断」と評価されていますね。

スポンサーリンク

東京オリンピック出場の見込みは?

東京オリンピックのマラソン代表に選ばれるには、ラストチャンスとなる名古屋ウィメンズマラソンで、この大阪国際女子マラソン優勝の松田選手が出した「2時間21分47秒」を破らなければなりません。

今大会で、ついていけずに棄権となった福士加代子選手が、この記録を上回ることは残念ながらかなり難しいと感じます。

しかし、このミラクルを期待するファンの声も大きいようですね!

スポンサーリンク

福士加代子さんの引退の可能性は?

東京五輪への出場を強く願っている福士加代子さんです。

その前の引退の可能性は少ないでしょうが、37歳という年齢を考えても、大きな目標としてきた東京オリンピックが終わるタイミングで引退の二文字が浮かぶ可能性が高そうです。

ツイッター上でも引退を心配する声があがっていました。

スポンサーリンク

福士加代子の棄権に批判の声も!

実際、この阪国際女子マラソンで無理なのに、次の名古屋ウィメンズマラソンなら勝てるというのも違和感を感じる部分ですよね。

オリンピックに出るためにあらゆる可能性に手を尽くすという姿勢は、高く評価されている反面、批判を受ける部分にもなっているようです。

スポンサーリンク

福士加代子 大阪国際女子マラソン棄権のまとめ!

福祉加代子さんの大阪国際女子マラソンの棄権の理由と東京オリンピックの出場の見込み、引退の可能性などを追ってみました。

今回の棄権は、怪我や体調不良ではなく名古屋ウィメンズマラソンでの再起・東京オリンピック枠を狙ってのことだそうですが、シナリオどおり名古屋で勝のはなかなか厳しそうです。

このまま、名古屋で東京オリンピックの枠から漏れた場合には引退の可能性も出てきますね。

また、この「プロとして前向きな決断」が、一部のマラソンファンに反感をかってしまっているようです。

名古屋での走りに注目しましょう。