スポンサーリンク

検査診察拒否は誰がなぜ?どこに帰宅した?チャーター帰国者に新型コロナ確認で拡散は?

話題
スポンサーリンク

2020年1月29日、新型肺炎を引き起こす新型コロナウィルスが猛威をふるう中、チャーター機で武漢より206名の邦人が帰国されました。

この206名のうち、199人が速やかに検査を受け7人が入院ましたが、なぜか2名の日本人が検査・診察を拒否したことで、批判の声が集中しています。

ここでは、チャーター機で帰国し検査拒否をした日本人について調査していきます。

 

スポンサーリンク

新型コロナウィルスの検査・診察拒否はなぜ?

この理由について全く公表されておりません。

追記:今朝の報道で検査拒否・診察拒否をした理由が説明されました。

・「自分は症状がないから」
・「日本に帰国したのだから家に帰りたい」
こんな理由が許されるのでしょうか?

また、安部首相がコメントを発表しています。

 

しかし、常識的に考えて、自分の身も危ないのですから検査・診察を拒否する正当な理由が見当たりません。

何か、調べられて困るような裏の理由でもあるのでしょうか?

ほかの方への二次感染を考えると、拒否が可能である事自体も違和感を感じます。

この身勝手な行動に避難の声が集中しています。

スポンサーリンク

検査・診察拒否したのは誰?どこに帰宅?

ここでも、個人の特定につながるような正式な発表はされていません。

当然といえば当然ですが、あまりの行為に個人を特定してほしいとの声がネット上で広まっています。

しかし、あまりに過度な個人の追及は控えたいところですね。

帰宅した地域だけでも発表してほしい・・

 

スポンサーリンク

新型コロナウィルス・新型肺炎の拡散は?

本日、奈良で確認されたバス運転手のほかに、同じバスに同乗していたバスガイドにも感染が確認されました。

同じ空間にいた人への感染が確認されたわけですから、チャーター機という一つの空間に、感染が確認された8名と同乗していた日本人全員に二次感染の可能性があります。

そのうちの二人が検査もせずに自宅に帰ってしまったのです。

そして、どこかの人込みに紛れてしまっているのかもしれないのです。

なんというか、広める条件を逆に整えているじゃないかというような展開です。

新型コロナウィルスの拡散を心配するのは当然ですよね。

スポンサーリンク

検査拒否の日本人のまとめ

チャーター機で帰国し検査拒否をした日本人について追ってみました。

検査を受けないことのデメリットしか感じませんから、検査拒否をした理由は全く想像もつかないですよね。

あまりにも身勝手にうつる行動に個人特定・公表を望む声もあがっています。

せめて、潜伏期間中の行動については十分に配慮してほしいものです。