スポンサーリンク

日本テレビの24時間テレビなぜ必ずやる?寄付金使命で自粛せず実施の理由を調査!!

話題
スポンサーリンク

2020年3月23日、日本テレビの小杉善信社長が、24時間テレビはやる予定ですとコメントしました。

「どういう形になろうが必ずやるというふうに考えております」とも付け加えたそうですが、なぜ、新型コロナウイルスでイベント自粛ムードの中、24時間テレビの実施を強行するのでしょうか?

ここでは、日本テレビの24時間テレビが「なぜ必ずやる」と宣言しているのかを調査します。

スポンサーリンク

24時間テレビは「なぜ必ずやる」の?理由は?

報道では、小杉社長は「やらないといけないという、我々も使命感を持っておりますので」とコメントされたそうです。

しかし、やらないといけない使命感とはいったい何なのでしょうか?

大義名分になるのは「募金」ですが、近年ではこれについても、ギャラや制作費の話題から批判を受ける場面が多いようです。

24時間テレビの使命は出演者にギャランティを払うことだろ。
制作費の方が、募金額よりも多い。こういうのを本末転倒って言うんじゃないのか?

24時間CMだけ流し、そのスポンサーマネーを募金する方向で調節したらいいと思う。

お金かけて出演料を払ってやるんじゃ、意味がない事に気がつかずに続けてて、恥ずかしくないの?
使命感を前面に出すなら、日テレ以下系列が自腹切ってやれば?
ボランティア募る側で、高額報酬を支払ってやってる事に、なにも疑問がないのが不思議?

スポンサーリンク

24時間テレビの寄付金の推移は?

大義名分となる寄付金の推移ですが、確かに増減はあるものの、一貫してそれなりには集まっているようです。

特に、昨年令和元年の寄付金額は大きく、1,550,158,595円となっていますから、この金額を寄付するためというのは、一理あるように感じます

しかし、この金額を集めるために、新型コロナのウイルスを拡散するような事になれば、この金額どころではない衝撃を世間に与える事になるかもしれませんね。

また、ギャラや制作費がこの金額を超えているという批判の声もでています。

[第31回] 2008年(平成20年)
1,083,666,922円
[第32回] 2009年(平成21年)
951,081,316円
[第33回] 2010年(平成22年)
974,028,568円
[第34回] 2011年(平成23年)
1,986,414,252円
[第35回] 2012年(平成24年)
1,168,471,704円
[第36回] 2013年(平成25年)
1,545,226,444円
[第37回] 2014年(平成26年)
936,955,640円
[第38回] 2015年(平成27年)
856,728,209円
[第39回] 2016年(平成28年)
887,482,001円
[第40回] 2017年(平成29年)
699,153,512円
[第41回] 2018年(平成30年)
893,767,362円
[第42回] 2019年(令和元年)
1,550,158,595円
スポンサーリンク

24時間テレビの実施に世間の反応は?

様々なイベントや公演が自粛を余儀なくされている状況で、24時間テレビの実施には非難の声が手中しているようです。

スポンサーリンク

日本テレビの24時間テレビなぜ必ずやる?のまとめ!

日本テレビの24時間テレビが「なぜ必ずやる」と宣言しているのかを追ってみました。

おそらく、寄付金を集める事を使命と考えているといったところではないでしょうか?

しかし、寄付金以上の危険をおかす可能性がある事や、寄付金以上のギャラや制作費なども取り上げられ、自粛ムードに逆らうコメントに非難の声が集まっているようです。