スポンサーリンク

「10万円でできるかな」ヤラセ発覚でどうなる?打ち切り終了の噂や世間の声も調査!

話題
スポンサーリンク

2020年2月12日、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンの人気番組「10万円でできるかな」で、ヤラセがあったことがデイリー新潮で報道されました。

ヤラセが発覚したのは、「宝くじ」を買う人気企画で、10万円でどれだけ当たるかを検証するという趣旨なのに、実際は10万円の数倍の資金でチャレンジしていたようです。

ここでは、このヤラセ報道をうけ、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンの人気番組「10万円でできるかな」が今後どうなってしまうのか?打ち切りの可能性や世間の声を調査いたします。

 

スポンサーリンク

「10万円でできるかな」はヤラセで打ち切り?

過去にヤラセで打ち切り・放送終了などになった番組はそれなりにあります。

最近では、松本人志さんもMC参加していた、クレイジージャーニーが記憶に新しいですね。

そのほか、「ほこ×たて」「消えた天才」なども有名です。

キスマイとサンドイッチマンがレギュラーの豪華人気番組ですが、番組のキーワードとなっている「10万円で」が「10万円ではなかった」という致命的なものですから、今後の対応次第とはいえ、打ち切りになる可能性が高そうです。

スポンサーリンク

TBSは迅速に謝罪対応!打ち切りまぬがれる?

ヤラセの報道から時間をおかず、TBSは自社番組サイトで謝罪文を掲示しました。

この発表内容だと、あくまで私の感じ方ですが、あまり打ち切りの雰囲気はしてきませんね。

実はヤラセが発覚しても継続している番組もあります。

最近では、イッテQのお祭り企画なんかがそうですね。

一部週刊誌において、弊社番組『10万円でできるかな』の放送内容に疑念がある旨の報道があり、社内調査を行いました。その結果をご説明させて頂きます。

「スクラッチ宝くじ」企画については、当たりの傾向や法則を少しでも確認し、スクラッチの開け方をどう見せるかなどを検討するために、事前に10万円分以上の宝くじを購入したことがあったことは事実です。
仮に、当たりの法則を把握しても、削る前に「当たりくじ」を購入することは、スクラッチ宝くじの仕組み上不可能です。
本番では新たにロケ中に購入したスクラッチ宝くじを使用しており、事前に傾向と法則の確認のために削ったスクラッチ宝くじを実際の撮影で使用することはありません。

また、以前深夜帯で企画放送していた「10万円ランド」においては、天候不順で農作物が発育しなかったなどの理由により、通常の収穫期のイメージを放送しようと、他から購入したものを撮影に用いていたことがわかりました。これは不適切な演出であり、視聴者及び関係者の皆様に深くお詫び申し上げます。

スポンサーリンク

ヤラセで打ち切りになった番組・ならなかった番組

参考までに、ヤラセが発覚した番組がどうなったのかをまとめてみました。

TBSだと、のきなみ打ち切りになっているのが気になります。

ヤラセ発覚後打ち切りになった番組

クレイジージャーニー(TBS)
消えた天才(TBS)
対決バラエティ ほこ×たて(フジテレビ)

ヤラセ発覚後も継続した番組

世界の果てまでイッテQ(日本テレビ)
直撃LIVEグッディ!(フジテレビ)

スポンサーリンク

10万円でできるかなのヤラセ報道に世間の反応は?

非難の声があがる一方で、バラエティとしての許容範囲とみて気にしないと言われている方も結構いますね。

スポンサーリンク

「10万円でできるかな」ヤラセ発覚でどうなる?のまとめ!

ここでは、Kis-My-Ft2(キスマイ)とサンドウィッチマンの人気番組「10万円でできるかな」が今後どうなってしまうのか?打ち切りの可能性や世間の声を追ってみました。

状況を考えると、打ち切りの可能性は高そうですが、TBSの発表とファンの声をみる限り、継続する雰囲気に感じますね。

ただ、今後の対応しだいだと思われますので、成り行きを見守りたいと思います。